« #検察庁法改正案を廃案に | トップページ | 映画「弁護人」 »

2020年5月20日 (水)

日本の未来はそこにこそある

2020521日(木)

日本の未来はそこにこそある

大津留公彦


検査すれば医療崩壊など言いたい放題

コロナの科学ができていない


靴裏とトイレの対策必要か舐める切手は廃止すべきか


感染者を発見して治療すべきなり非感染者制限がstay at home


治療法が考えられるようになった今重症者対策とりわけ大事 


新しい考え方は抗体検査・PCR・治療・GPSトレーシング


検査足りず緩和基準は意味がない科学と言えない「検査」の不思議


大学と若者よ立て動くべし日本の未来はそこにこそある


多くの日本人に免疫があるのが理由なのか無策の中でも死者は少ない 


一首選んで頂けると嬉しいです。

参考

コロナと闘う戦略図児玉龍彦

http://youtu.be/8crwEQN_DbA



2d34d687f781424d99154b103dd8d6f0ヌラシノキ

|

« #検察庁法改正案を廃案に | トップページ | 映画「弁護人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #検察庁法改正案を廃案に | トップページ | 映画「弁護人」 »