« 日本の未来はそこにこそある | トップページ | 新しいネットメディアの誕生 »

2020年5月20日 (水)

映画「弁護人」

2020522日(金)

映画「弁護人」

大津留公彦


戦前の特高警察彷彿す「弁護人」の韓国警察


いくら投げても卵で岩は割れないが鳥となって岩を超えて行く


大韓民国憲法一条主権は国民にあり全ての権力は国民に由来す


「真実は天が知り地が知っている」映画「弁護人」の叫びと聞ゆ


延々と出席弁護人の名前読むラストシーンに涙すごとし


釜山弁護士の八割がその弁護人となる訴えられし「弁護人」のため


「プリム事件」ノ・ムヒョン元大統領が弁護人「弁護人」は今に繋がる


「弁護人」韓国で動員1100万人無罪宣告公開後2014年


一首選んで頂けるとありがたいです。

ーー

韓国の廬武鉉弁護士をモデルにした映画「弁護人」526日まで、インターネットで無料上映しています。
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00938/v00807/ 

写真提供元

http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2016/12/f28070403.html

 

Da34b721ed614ff494740c604f32fe43

|

« 日本の未来はそこにこそある | トップページ | 新しいネットメディアの誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の未来はそこにこそある | トップページ | 新しいネットメディアの誕生 »