最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 「都政史上最高の候補者」 | トップページ | I AM WITH 宇都宮けんじx8 »

2020年6月30日 (火)

  おは!twitter俳句(さくらんぼ)と東京都知事選挙

東京知事選挙が行われている。
現職が有利だという。
しかし政策の話になると支持が壊れる票だ。
私の職場での会話
ーー
Q都民?
Aそう
Q都知事選はだれに入れる?
A小池さんかな?
Qでもあの人カイロ大出てないのに嘘ついてるよ!
Aそうなの?いまいち信用できない感じだね。宇都宮さんは信頼できる感じだね。山本さんは言葉だけという感じだしね。
Q宇都宮さんが一番いいんじゃない? 
Aそうねやっぱり宇都宮さんだね。
Q是非宇都宮けんじをよろしく! 
ーー
この一週間の短歌と俳句です。

2020年06月29日(月)source


@ootsuru

ootsuru@ootsuru

さくらんぼ透き通るような知性かな 公彦

2012年06月29日(金)さくらんぼ今夜は雨を降らせるな 公彦

画像は「ぐるたび」サイトより

   


【今日の季語3836<914】さくらんぼ:仲夏の植物季語「桜桃の実」の傍題。「桜ん坊」から転じた擬人名愛称で、近世には別題にあたる和種の「桜の実」を指したのが、後に食用として輸入された西洋種の呼び名に。◆さくらんぼ舌に置くとき風まろし(畑 耕一) 

【今日の季語3836:別記】サクランボと同じくボウ(坊)から転じたボを添えた擬人名季語には「あめんぼ(水馬)」「つくしんぼ(土筆)」などもある。前者のアメは《飴》の意で、体から焦げた飴のような匂いを発するところからとされる。

@ootsuru

西芳寺塗りつぶすように苔茂る 公彦
2012年06月28日(木)
苔茂る庭の湿りにおだませり 公彦

画像はブログ「京都で定年後生活」所載「祇王寺の青苔」より 

 

【今日の季語3835<913】苔茂(こけしげ)る:草木一般に用いる三夏の「茂る」を苔に特化させた仲夏の植物季語。梅雨の恵みを受けてこの時季に苔が青々と繁茂する。傍題に「青苔」「苔青し」もあるが、他季の別題に併せた例句が多い。◆苔茂るオランダ塀の上の瀬戸(石原八束) 

@ootsuru

昼顔や彩なりカトリーヌ・ドヌーブなり 公彦
2012年06月27日(水)昼顔や新しき夢見つけたり

※画像は「dmenu ニュース」サイトより

 

【今日の季語3834<912】昼顔(ひるがお):仲夏の植物季語。ヒルガオ科の多年草で山野に自生するが、都会の空き地などに姿を見せることもある。蔓を伸ばして拡がり、この時季に淡い紅色の可憐な花を付ける。◆昼顔や流浪はわれにゆるされず(鈴木真砂女) 

 

 

【今日の季語3834:別記】開花する時分名を「顔」に冠する名を持つ植物のうち、アサガオ・ヒルガオ・ヨルガオは同類のヒルガオ科に属するが、ユウガオのみは別類でウリ科の植物にあたる。 

梅雨寒やzoom会議の続く日々
2012年06月26日(火)梅雨寒や長袖シャツを買わせけり 公彦

【今日の季語3833<911】梅雨寒(つゆざむ):仲夏の時候季語で「梅雨冷(つゆびえ)」とも。梅雨前線の停滞によって曇りや雨の日が続くこの時季は、夏とはいえ肌寒さを覚えて体調を崩しやすい。◆梅雨寒の傘ふるふると畳みけり(高澤良一) 

梅雨寒やzoom会議の続く日々
2012年06月26日(火)梅雨寒や長袖シャツを買わせけり 公彦 

【今日の季語3832<910】螢(ほたる):仲夏の生類季語で「初螢」「夕蛍」「源氏螢」などの傍題も。歌文の世界では古くからこれに人情を托して、恋の思いを詠んだり身を離れる魂に見立てたりする対象として好まれてきた。◆ゆるやかに着てひとと逢ふ螢の夜(桂 信子) 

父の忌を過ぎて蛍や高応寺 公彦
2012年06月25日(月)
美しき飯館村の蛍かな 公彦

※画像は「ケペル先生のブログ」より

 

   父の忌を過ぎて蛍や高応寺 公彦
2012年06月25日(月)
美しき飯館村の蛍かな 公彦

※画像は「ケペル先生のブログ」より 

池の上モリアオガエルの大卵塊 公彦
2012年06月25日(月)高槻の森青蛙息災や 公彦

【今日の季語3831<909】青蛙(あおがえる):三夏の生類季語。同季別題「雨蛙」よりもやや大きく水辺に棲息する。山地に棲む「森青蛙」も傍題に。単に「蛙(かえる・かわず)」といえば三春の季語。◆青蛙おのれもペンキ塗りたてか(芥川龍之介) 

雨降りの日比谷の池の花藻かな 公彦
2012年06月23日(土)
藻の花や目立たぬことの潔さ 公彦

【今日の季語3830<908】藻の花(ものはな):仲夏の植物季語で「花藻」とも。金魚藻・梅花藻など淡水に生える藻の付ける花の総称。小さくて地味な色のために目立たないが、そこにほのかな俳味が感じられる。◆渡りかけて藻の花のぞく流れかな(凡兆) 

2020年06月27日(土)source

 

2020年06月26日(金)source


2020年06月25日(木) source

2020年06月24日(水)source


2020年06月23日(火)source


 

 

 

 

« 「都政史上最高の候補者」 | トップページ | I AM WITH 宇都宮けんじx8 »

メルマガ「おは!twitter俳句」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「都政史上最高の候補者」 | トップページ | I AM WITH 宇都宮けんじx8 »

無料ブログはココログ

twitter

  • kimihikoootsuru
  • 短歌と俳句に関するつぶやき
    TwitterPowered by SEO対策119
  • ">twitter
  • twitter trackbackpeople
  • twitter(@kimihikoootsuru)(評論)
  • twitter(@ootsuru)(文学)

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

よくおじゃまするサイト