最近のトラックバック

アクセスカウンター

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 「第ニ波」に備えた検査を医療を教育を | トップページ | #うつけんは地味カッコいい »

2020年6月18日 (木)

小池百合子は当選しても失職する―「女帝・小池百合子」を読んだー

小池百合子は当選しても失職するーこれがこの本を読んでの感想です。

選管への立候補の届出に「カイロ大学卒業」と書いているなら公選法違反で訴えられたら負けるだろう。

驚くような数々の「嘘」のオンパレードに胸糞悪くなった。

最初で最大で小池の出発点になった嘘は「カイロ大学首席卒業」。

小池が一度も本に書いたことのないカイロで二年も一緒に住んでいた人の人生の終わり近くでの告発に嘘はない。

小池が試験に落ちて日本に一時帰国した時に持って帰った新聞に「カイロ大学首席卒業」と書いていたのに驚いて「そういうことにしちゃったの?」と聞くと小池は「うん」と言った。

これを事実でないと覆すにはこの同居人を小池が訴えるしかないがそういう動きはない。

ヒトラーは嘘も何度も言えば本当になると言ったというが、小池はまさにこのヒトラーの言の忠実な実行者だったようだ。

しかも嘘は大きい方がいいと思うのか「卒業」に「首席」という言葉を付けている。

しかし同居人によると小池のアラビア語は「this is a pen」のレベルだという。

成績表も上級レベルではない。

コネクションか捏造で卒業証書を手に入れたとしても「首席」というのは余計だろう。

「カイロ大学卒業」と言ってしまったのでついでについ付けてしまったのだろうか?

「虚言癖」の人というのが居るようだが平気で嘘が吐ける小池はまさに「虚言癖」だろう。

 

嘘を書いていると切りがないので以下本の中の小池の人となりを表す言葉を紹介します。

 

「私、日本に帰ったら本を書くつもり。でもそこに早川さん(仮名)のことは書かない。ごめんね。だってバレちゃうからね」(小池)

「彼女は男社会と対峙するのではなく寄り添い、男社会の中で「名誉男性」として扱われれることを好んでいたのだ。だからこそ、彼女は次々と大物たちに目をかけられ、引き上げられていったのだろう。」(著者)

「政権運営の相談に小池が与ることは相変わらずなかった。彼女はあくまでも彼女自身が口にしていたように「チアリーダー」でありグラウンドで試合を戦っていたのは男たちだったからだ。」(細川政権で総務政務次官時に 著者)

「小池さんには別に政治家として、やりたいことはなくて、ただ政治家がやりたいのだと思う。」(池坊保子)

「地元で問題が起こった時、超党派で話あおうとしても、彼女はほとんで参加しなかった。地元に仕返しするために、国会議員になったんか、と思うことさえあった。」(兵庫県の元国会議員)

 

「(水俣病の)最高裁判決が出た夜の記者会見場に私もいましたが、小池さんにはまったく『心』が感じられなかった。(中略)この人には病の苦しみや他者が抱える苦悩は、理解できないのではないか。とても冷たい人なのではないかと感じました。まったく何も学んでいないように見えた」(水俣問題を患者側から支援している女性ジャーナリスト)

「テロ特措法の改正が迫っていることもあり、官僚はレクチャーしようとするが本人が嫌がる「学ぶ」ことはせず、「見せる」ことにしか興味がないのだ。レクチャーを断わり、テレビや雑誌のグラビア撮影を優先する。中越沖地震の視察に赴いても、テレビカメラに映る位置ばかりを気にしている。パフォーマンスに走り、実務は疎かになる。」(著者)

 

公約とした七つのゼロの中で、唯一、彼女が達成したゼロは「ペット殺処分ゼロ」だけである。百五十匹近い犬猫を殺処分した上での「ゼロ」なのだ。老齢、病気持ち、障害のある犬猫は殺処分しても、殺処分とは見なさない、と環境省が方針を変更したからだ。だが、それは伏せて、彼女は「ゼロ」を主張したのだ。

 

最後に「カイロ大学首席卒業」の卒業証書だ。

以下著者の説明です。

彼女は「卒業証書」を極めて不完全な形で三回公表している。

一回目は1982年に出版した自著「振袖、ピラミッドを登る」の扉で使用した。しかしながら、中東の民族衣装に身を包んだ小池の全身写真とコラージュされており、教授たちのサインのある下部が読み取れず、これでは「公表」とはいえないだろう。

二回目は週刊ポスト199349日号で紹介したが名刺の半分にも満たない大きさで、何が書かれているのか一切、読み取ることはできない。

三回目は2016630日フジテレビの「とくダネ!」に「卒業証書」と「卒業証明書」を貸し出して公表し、学歴詐称の噂を否定したのだ、だがこの時も画面に映っていたのは、ごく短い時間であった。

 

どうも四回目の「卒業証書」をこの都知事選で出したらしい一回目と二回目はカイロ大学のロゴマークなどが違うが果たしてどれを出したのだろう。

 

もう一度言おう!小池百合子は当選しても失職する

ならば当選させない方がいい。

今度こそ宇都宮けんじさんを当選させよう!

 

2020/06/18 大津留公彦

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=kimihikoootsu-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B0873YLSWN&linkId=97321933b04a987a428afc12e4ccb00a&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">

    </iframe>




5f171a5760b1431b99da84aae986eb23

« 「第ニ波」に備えた検査を医療を教育を | トップページ | #うつけんは地味カッコいい »

読書感想文」カテゴリの記事

2020都知事選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「第ニ波」に備えた検査を医療を教育を | トップページ | #うつけんは地味カッコいい »

無料ブログはココログ

カテゴリー