最近のトラックバック

アクセスカウンター

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 柴又から水元へ1 | トップページ | 今年東京はあるのだろうか  »

2021年1月 1日 (金)

柴又から水元へ2

明けましておめでとうございます。

昨年一年読んで頂いて有難うございました。

今年も宜しくお願いします。

 

大津留公彦

 

202111

柴又から水元へ2

 

鴨の群れ

コサギの群れと混ざれども

水音立てて又分かれ行く

 

雌の木に果実が生ると言う山桃

この寒さにも

生い茂るなり

 

キャッチボール

ポプラ並木に溢れたり

子どもの球のあまりに高く

 

みさと公園

鴨の泳げる先にあり

子どもの多き水元公園

 

鳥の声に

包まれ水元の森を行く

年の瀬迫るある晴れた日に

 

冬眠の

狸の見えるファインダー

覗きてしばしの井戸端会議

 

教えたり四歳の娘にカワウの名

何度言ってもカワウソと言う

 

青鷺は

木の上にあり水元の

広き公園住処とするか

 

水元公園のサギBuono Buono

 

https://chokucchi.exblog.jp/20382277/

« 柴又から水元へ1 | トップページ | 今年東京はあるのだろうか  »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柴又から水元へ1 | トップページ | 今年東京はあるのだろうか  »

無料ブログはココログ

カテゴリー