最近のトラックバック

アクセスカウンター

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 草萌えの頃 | トップページ | おは!Twitter俳句(ミモザ) »

2021年2月28日 (日)

この十年間変わらずにいたのに

202131()

この十年間変わらずにいたのに

大津留公彦

 

(昨日の映像)草萌の頃

 

https://www.facebook.com/kimihiko.ootsuru/videos/4042718182445555/?d=n

 

震度6

30cm水位が下がっている

この十年間変わらずにいたのに

 

九日間

格納容器の水位と圧力下がり続ける

10年前の傷拡大か

 

1時間3トンの注水を更に増やすのか

核燃料デブリという

熱きものの為

 

ブレーキをかけても

四十年かかるという

原発という共存不可の者

 

放射性金属疲労に四十年間

晒されている

人知れぬ闇

 

この十年で

一番の恐怖と烏賀陽さん

この十年間福島取材して来て

 

再避難と再除染の恐れあり

大熊町に戻るは

%

 

原子炉のどこから漏れているか

分からない

近づくことすら出来ない世界

 

参考)一月万冊

福島原発水位が下がった

 

https://youtu.be/L7B4iBy6Q9I

« 草萌えの頃 | トップページ | おは!Twitter俳句(ミモザ) »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 草萌えの頃 | トップページ | おは!Twitter俳句(ミモザ) »

無料ブログはココログ

カテゴリー