無料ブログはココログ

最近のトラックバック

新日本歌人2018年6月号10首選

新日本歌人2018年6月号10首選 大津留公彦

 p7 ディスプレイに施設の名前浮かびくる受話器持ち上ぐわが手は震えつ 
京都 芦田幸惠
★ナンバーディスプレイという現代的便利さがこういう歌を生みました。
 p9 まぶしみて空に大きく♪を書くハミングすれば鬱の消えゆく
埼玉 伊藤敬子
★♪という記号を使った歌に初めて出会った。音符と読むのでしょうか。
 p10 昭和恐慌の惨憺に生きし父よ母よ子は永らえて九十となる
千葉 碓田のぼる
★卒寿を迎えられて碓田先生は自分史短歌を作られているか。
 p26 「道しるべ兜太でありぬ山眠る」悼句記して記事をまた読む
愛知 小田明
★存じませんが俳句もやられる方でしょう。悼句を入れ込んだ挽歌ですね。
 p36 オオカミも腹出す子らも山遊ぶ妻待つ秩父へ兜太は還る
特選 埼玉 谷口澄江
★金子兜太さんの周辺に詳しい作者らしい挽歌です。「還る」がいいですね。
p45 廃業の町工場の窓ガラス割れ目に注ぐ春の陽光
神奈川 田之口久司
★上手いなと思いました。主観語が全くなく、春の陽光に喋らせてます。
 p54
雑草を引く
しっかり張った その根
生きているものの
 それぞれの型
京都 井口牧羊
★自由律短歌(行分けという形態の)ではこの客観写生も上手いと思いました。
 p64 千両の赤き実冴ゆる如月はわが九十五歳の誕生の月
三重 長尾蔦江
★私の選歌の記憶の中では最高齢に近い。高齢を嘆かずこういう歌を作りたい。
 p65 何か違うどこかちがうと思いつつ歌誌の歌人のうたを読みたり
大阪 中山惟行
★短歌雑誌の有名歌人の歌の社会性の無さを嘆いているか。
 p71 褪せず剥げず八百余日睨む兜太の「アベ政治を許さない」門に踏ん張り
福岡 松尾千代
★これは闘いの歌であり金子兜太さんへの挽歌でもあるでしょう。 以上です。

続きを読む "新日本歌人2018年6月号10首選" »

東京啄木祭が5月13日に行われます。

東京啄木祭が以下行われます。

日時:2018年5月13日(日)(母の日)13:30~
場所:全労連会館(御茶ノ水)
講演 和合亮一さん(詩人)
演題「啄木からの詩の礫 ~東日本大震災から 感じていること 考えていること」
 創造集団池小 朗読劇 『 再 会 』
参加費:1200円(前売り1000円)

是非ご参加下さい。  
ーー

2018年啄木祭次第 
1:33 主催者挨拶 小石雅夫(新日本歌人協会代表幹事)協賛団体挨拶
1:40 文化行事 創造集団池小 朗読劇 『 再 会 』 作:北村耕太郎 
  朗読台本・演出:渡辺美英子   戦争は二度とあってはならない! 
2:00 啄木コンクール表彰
選考結果発表 清水勝則(新日本歌人協会常任幹事)受賞者挨拶
講評(選を終えて)水野昌雄(選考委員会代表)
3:00 講演 和合亮一さん(詩人)
演題「啄木からの詩の礫 ~東日本大震災から 感じていること 考えていること」
4:30 閉会

和合亮一さんプロフィール
1968年福島生まれ。福島市在住。詩人。高校の国語教師。『AFTER』(思潮社)で中原中也賞受賞。『地球頭脳詩篇』(思潮社)で晩翠賞受賞。2011年3月11日、伊達市にある学校で被災。避難所で数日過ごした後、自宅からツイッターで詩を発信し続け大反響を呼ぶ。近著に、『詩の礫』(徳間書店)、『詩の邂逅』(朝日新聞出版)、『詩ノ黙礼』(新潮社)など。ツイッターは今も続けられている。
第1詩集「AFTER」(1998)で第4回中原中也賞受賞。
第2詩集「RAINBOW」で高見順賞最終候補。
第3詩集「誕生」で現代詩花椿賞と晩翠賞最終候補。
第4詩集「地球頭脳詩篇」で第47回晩翠賞受賞(2006)。
第5詩集「入道雲 入道雲 入道雲」
第6詩集「黄金少年」(2009)。
詩人・谷川俊太郎さんとの共著「にほんごの話」(2010)。
創造集団池小さんプロフィール
2010年に40年間続いた「池袋小劇場」が閉鎖。 
その後2011年3月に旧池袋小劇場の役者を中心に「創造集団池小」を設立。
愛と自由をテーマに、今日性、社会性のある作品を舞台に!良質な舞台創りを!
という池袋小劇場時代からの目標を掲げて緩やかなペースで活動している。
この間、井上ひさし作「少年口伝隊1945」、ブレヒト作「第三帝国の恐怖と悲惨」、
ロシア演劇・老いを問う「ジャンナ」、原子爆弾にまつわる科学者の魂に迫る「コペンハーゲン」等々、今日を問う作品に取り組んでいる。

以上です。
新日本歌人協会 常任幹事 大津留公彦

 
      http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/
twitter https://twitter.com/kimihikoootsuru
facebook https://www.facebook.com/home.php#!/kimihiko.ootsuru

続きを読む "東京啄木祭が5月13日に行われます。" »

新日本歌人2018年5月号10首選

新日本歌人2018年5月号10首選
大津留公彦

p25 真っ白く霜の降りたる菜園にどったらどうと並んだ大根
宮崎 弓削敏
★「どったら」は北海道方言で「どのような」とあった。珍しい言葉で大根の様子が浮かぶ。

p26 戦争の悲惨訴う「短歌」持つ我にうなづき名前を書きぬ
東京 横井妙子
★「短歌プラスター」を掲げての署名には反響がある。大塚駅前でも妙法寺前でも

特選 p32 追悼の鐘は尾を引き消え去りぬわが悲しみも滲み消えゆけ
兵庫 安武ひろ子
★阪神淡路大震災から23年経つが安武さんの中では記憶がどっしりと根を張っている。

p33 本採用決まりて吾子が吐露をせり「父さんのように勤め上げたい」
滋賀 泉勝男
★あるいはこういう会話は日本中でされているのかもしれない。
父親と息子の関係にも一票。

p60 鏡のごと池塘を天に捧げ居し「雪の平」好う若き日を恋う
千葉 碓田のぼる
★碓田さんの信州での若き日が感じられます。

p62 演算を飽かず続くるコンピュータ符号十億愚直に並ぶ
熊本 大畑靖夫
★コンピュータ符号は愚直なんですね。しかも十億も。
大畑さんでないと作れない歌でしょう。

p68 わが妻よこれから先も君を詠む歌詠む道の同伴者たれ
宮崎 黒木直行
★夫婦で歌の同伴者とは何と羨ましい事か。我が家は家族の事は歌うなと言われています。(あ、言ってしまった。)

p 81 ふるさとの土が
土が踏みたい!
裡に
ふるさとよびよせる“妙二”
岐阜 伊東幸惠
★順三・妙二忌を準備する中で、佐々木妙二の歌集を私も沢山読んだのでこの歌に共感しました。

p 84 集会を成し遂げ明けしあかときの嗄れたる声こそわが矜持なり
埼玉 小山尚治
★関東近県集会を準備した小山さん、お疲れ様でした。この矜持が大事ですね。

p 87歌誌作る思いひとつに来しものをー澄子(あなた)も東太郎(あなた)も逝ってしまった
埼玉 城間百合子
★このあなたの使い方は新鮮だった。
河村澄子さんと菊池東太郎さんへの素晴らしい挽歌です。

以上です。

続きを読む "新日本歌人2018年5月号10首選" »

安倍内閣の総辞職を強く要求する!

新日本歌人協会は3月末に開いた全国幹事会で以下決議しました。
短歌団体がここまで言わなければならない日本の現状を憂えます。

ーー
安倍内閣の総辞職を強く要求する!

安倍内閣は森友問題で決裁文書の改ざんという公務員としてあるまじき違法行為を行い、国会と国民を一年にわたり騙し続けるという前代未聞の事態を引き起こしました。

安倍晋三政権が国会の求めに応じて提出した「森友」疑惑関係の資料が、14文書約300カ所も削除・改ざんされていたことは、行政府がねつ造した資料で立法府を欺き、三権分立の原則も議会制民主主義も破壊した大問題であり国民を欺くものです。これは内閣総辞職に値するものです。

安倍政権の悪政は数えあげればきりがありません。軍事費の増大による福祉切り下げ、労働法制改悪、朝鮮半島を巡る平和を妨げる問題、沖縄・辺野古の新基地建設強行、核兵器禁止条約に反対、原発ゼロ法案に反対し原発再稼働を目論む、加計疑惑等々です。
重要なのは憲法の問題です。安倍内閣は年内に憲法九条に自衛隊を書き込み、武力不保持の二項を死文化し戦争への道を開く改憲発議に道を開こうとしています。私たちはそれに断固反対します。
私たちは「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の進める三千万署名運動に呼応して全国で署名運動を進めています。全国の会員・購読者に署名用紙を送り、短歌プラスターを掲げての歌人らしい署名行動などが全国で取り組まれています。五月三日の憲法記念日まで全力で三千万署名に取り組み成功させます。
明治の「強権」に立ち向かった石川啄木の生活派短歌の伝統を受け継ぎ、戦争に一貫して反対し戦後の民主主義短歌運動を受け継ぐ私たち新日本歌人協会は、全国で三千万署名を成功させ、悪政の限りを尽くす安倍内閣の総辞職を強く要求するものです

二〇一八年三月二十六日
愛知県蒲郡にて 新日本歌人協会 全国幹事会

http://www.shinnihonkajin.com/infonews/全国幹事会声明/

続きを読む "安倍内閣の総辞職を強く要求する!" »

「新日本歌人」2018年1月号10首選

「新日本歌人」2018年1月号10首選です。
なんと半分が亡くなられた方か亡くなられた方に関する歌です。
今年は毎月10首選をやりたいと思います。

ーー

p14 七十七歳の吾の命ごいもう三年『あさぎ』十号なしとげたしと
★故・田淵茂美さんの絶詠です。支部誌『あさぎ』十号は出るのだろうか?

p31 「上げ潮」の全国発送の手際よさ失語症など忘れるほどに
東京 横井妙子
★故・滝沢教子さんへの晩歌です。滝沢さんは実務能力に長けた方だった。

p36 夫と我息子三人我が家の玄関の今日ハイヒールの赤
滋賀 峯村あや子
★他にも好きな歌があったがこの赤い映像が見える歌を選びました。おめでとうございます。

p41 いずれ土に還るを真昼先立ちて地に滲むごとく我が影は濃し
千葉 碓田のぼる
★真昼の寂寥感と人生の哀歓を見事に感じさせる。脱帽です。

p44 ケアハウス「茜の会」と名付けたり七十路八十路の翁と媼
福岡 加来和江
★施設に入られても歌会を組織する亡き我が同級生の母君に敬意を表します。

p47 多喜二隠れし崖上の離れへみんなして車椅子ごと運び上げし日 七沢温泉
東京 小石雅夫
★故・田淵茂美さんへの挽歌。この多喜二の居た離れは高いところにあり、石山さん達と抱え上げた。

p60 自らの出征を送る万歳に「あと一分」と描き続けしという
長野 久保田武嗣
★無人館の絵のエピソードでしょう。この若者はきっと戻らなかったのでしょう。悲しい。

p62 売り込みのエステシャンの背の壁のクリムトの額わずかに傾ぐ
三枝史生 山口
★歌の技術はこの「わずかに傾ぐ」にある。山口の人達の歌の技術を見習いたい。

p66 協会誌「た行」をまずは開けども先達三人の名はもう在らず(高橋さん・田賀・滝沢さん)
東京 高山永子
★亡くなったこの三人はた行だったというのは高山さん等た行の人しか思いつかない。

p67 素手で生まれて素手にて死に行く人間の一つなる世を思うしきりに
静岡 故・菊池東太郎
★先月16日に亡くなった菊池さんの絶詠です。「兵戈無用」と題された八首の中の一首です。
最後まで社会に発信されてました。合掌!


亡くなった故・菊池東太郎さんは1月号の選もされている。
「その選のあとに」の文章の一部を紹介します。
私たちへの遺書のようなものとして心に刻むべきだと思います。

「8月号「セミナーへの提言で文学的作品化課題の中で「協会」の作品が成功してないのは、「まず、発想自体の欠陥(中略)私たちが一定の社会認識を有するという自惚れをもっているためでしょう」と指摘しました。(中略)
短歌というものは謙虚なものであると私は思う。表現・言葉の高い文学化を勝ち取る苦労をして初めて可能なものだと思う。」

同じ号で選をされた中山惟行さんの「その選のあとに」に引用された菊池さんの文章の一部を紹介します。

「類型的作品は何故生み出されるのでしょうか。その根底に、発想の類型化があります」「協会の構成員の意識の共通性、生活、活動パターンが共通の発想を生み出しているともいえます」

続きを読む "「新日本歌人」2018年1月号10首選" »

新日本歌人2017年12月号 10首選

新日本歌人2017年12月号 10首選

1、p5 文芸も平和も引き継ぐいい女を妻にしたでしょ遺影と語る
児玉惠智子 鹿児島
★故人もきっとそう思っているでしょう。

2、p7 公園も駅もベンチは一人ずつ区切られている横になるなと
佐藤よし 東京
★個人主義の世の中の反映でしょうか。

3、p18 思いっきり出したいアインシュタインのように、お茶目に、あなたに、舌
田村柚 福岡
★この方の表現の意外性には舌を巻く。

4、p46 余命はと問えば六ヶ月ですね 若き女医さん簡潔に言う
大山志津子 福岡
★歌集「白萩坂」を頂き感想文を送りました。ご返信をある人経由頂きました。頑張って生きて貰いたいと思います。本号に大杉香代子さんの書評があります。

5、p47
”原爆を許すまじ“歌って
棺を送る
静かに強く
谷口さんが話すように
岡本博 長崎
★谷口稜曄(すみてる)さんの葬儀に参加されたんですね。核兵器禁止条約と引き換えのような人生でした。

6、p48 お気に入りの茶店にアベのポスターの貼られてよりは行くことも無し
堀正子 大阪
★こういう事も個人で出来る意思表示ですね。

7、p50 これからの老いは「ピンピンキラリ」だと言う人ありて思わず拍手
水永玲子 宮崎
★使用語彙が一つ増えました。

8、P66
詩歌定型に囚われた人々に
訊いてみたい
本当に自由に
書いているか と
高原伸夫 福岡
★今月号最大の問題提起句 今月号の高原さんの作品評での奈良達雄さんの評への反論も含めて議論しましょう。
高原さんの五行歌は段々と定型に近づいているように私には思えるのだが。

特選 9、p71 弟の荼毘待つ少年不動なり 驚異の直立とオダネルは記す
乾千枝子 埼玉
★「驚異の直立」という言葉は記憶しよう。

10、p73 秋深く一人の部屋に住み慣れて啄木論書く遺稿もごとく
碓田のぼるさん 千葉
★12月4日に卒寿のお祝いのある碓田のぼるさんのご健康を祈ります。遺稿はまだまだ早いです。
以上

続きを読む "新日本歌人2017年12月号 10首選" »

「新日本歌人」2017年6月号10首選

「新日本歌人」2017年6月号10首選

久し振りに一冊全部読んだので10首選をやります。
まず本号には私の書いた文章が3つあります。
全国幹事会の報告の後半部分と読者歌壇の選・評と支部のいぶきです。
再度読みましたが4月ごろ忙しかったはずだと改めて思いました。

では10首選です。

p2、「縦軸の差別ですよ、フェミニストさん」吾子をイクメンと呼べば諭され
田村柚 福岡
(この人の歌にはいつも惹かれる。「縦軸の差別」という言葉を知りました。)
p5、童話ならぬ教育勅語を園児らに詰め込む思想もて映やす首相
仲松庸全 沖縄
(沖縄の方はアベ政治の被害を直接受けている。最も戦争の被害を受けた沖縄の人は教育勅語にも敏感でしょう。)
p7、唯一人我の短歌を読み解きくれし常幹の勧めに一部増やしぬ
花野二美 徳島
(新日本歌人の会員・読者が一人増える事は、きっとその分、日本の未来は明るくなると信じるのは単純だろうか。)
p8、リハビリに甥より届きしアイパッド新しき世界に挑む喜び
東京 兵頭喜美代
(初登場の方です。家の外に出られなくてもネットは全世界と繋がれる時代です。)
p32、副作用を耐えしもついに還らざり北の歌人の歌をかみしむ
栁澤順子 埼玉
(北の歌人の檜葉奈穂さんは今年の冬急に亡くなられた。約十数年前、私が北海道出張の時にお会いし会員になって頂き、その後は目を見張るような活躍でした。結局二度目のお会いは出来ず、一期一会となってしまいました。合掌!)
p35、友を見舞い人ごとならで胸に迫る生老病死の後の三文字
秋沼蕉子 大阪
(「生老病死の後の三文字」というのは秋沼さんの技術ですね。)
p42、呆然と息子の機影見送って突っ立てる父の紐なき羽織ははためく 安武ひろ子
(他の歌からこの紐は息子に渡したと分かります。きっと安武さんの活動の原点はここにあるのでしょう。)
p44、昇りくる朝日おろがみ問うている退院きっとできるよね母さん
故・河村澄子 神奈川
(河村さんも亡くなった。現役の常任幹事で同僚だった。啄木コンクール応募運動に取り組み、自らが佳作となった。ご本人は受賞をご存じないが。合掌!)
p45、いたわりあい
ときには揉めて五十年、
妻の横顔 静かに見つめる。
清水鉄次郎 神奈川
(少なくなった行わけ作者の代表です。妻への優しさが溢れています。)
p66、そらさずに相手の話をじっと聞く妻のいつものまなざしやさし 河野行博 東京
(夫婦で短歌を詠まれるのは夫婦の理想形ですね。この歌も妻への愛情が溢れています。妻は江戸川区で都議選を闘っておられる河野ゆり江さんです。)

啄木コンクールの佳作のお三人から一首づつ掲げます。
ゆいクンのママが戻るのは夜十時どうやって待っているのだろうか
(子ども食堂 故・河村澄子より)
しんがりは車イスにてつづく列師走の町を声張りて行く
(新しき時代へ 高橋光弘より)
妻ワイヤー吾はフライス母ドリル町工場とう生業に生く
(あぶら虫の歌 松浦直巳より)

なお作品評で笹ノ内克己さんが木村美映さんのこの歌について安倍政治の事としてコメントされている。

歴史とは螺旋のようだ
自由律、行わけ短歌に
受難ふたたびー

しかしこの歌は政治の事ではなく自由律の低調を嘆いているのだと思います。自由律が又新日本歌人のメインストリームとなる時代が来るのであろうか?
以上です。

続きを読む "「新日本歌人」2017年6月号10首選" »

「新日本歌人」2017年7月号10首選

「新日本歌人」2017年7月号10首選 大津留公彦

p18、多喜二をば伊勢崎署より取りもどし父ら生きたり明日は多喜二忌
東京 小野かほる
(特選)p20、年下で先に逝くとは許せない後事託すは早すぎるぞ 友
神奈川 加藤文裕
p20、前日まで会話も交わせし鮮明な意識を持ちつ貴女は逝きぬ
東京 嘉部明子
p39、木蓮の花ひらく音聴きながら死者はやがて幻となる
神奈川 佐藤久美子
p60、きをゆるすと
すぐウイルスにまける
かぜ、のどのいたみだ
なにくそ
広島 階見善吉
p70、被曝国こそ核廃絶をー空席に涙こらえる白き折り鶴
茨城 奈良達雄
p71、歌友と短歌との馴れ初め語り合い歌人協会の絆なお深まりぬ
高知 西森政夫
p72、やわらかな二月の日脚差しこみて君の写真を日当たりにおく
北海道 早川典宏
p73、「結い」という素晴らしき言葉教えられ 人の絆の尊さを知る
東京 兵頭喜佐代
p77、椎葉中の父の教え子父となる その子を吾が教える奇跡
宮崎 水永玲子

以上

続きを読む "「新日本歌人」2017年7月号10首選" »

新日本歌人2017年9月号 10首選です

新日本歌人2017年9月号 10首選です。(ちょっと古いですが)

今月も挽歌が多くなりました。他にも取りたかった歌があるのですが、よく見知った人もあり選に入れない訳には行きませんでした。
今までは私のよく知った人は選に入れませんでしたが今後はその制限は無くす事にしました。

p5 眠れずに田賀さんを呼べばあらわれて「また泣いたの」と優しく言われる
東京 滝沢教子
(この作者の滝沢さんも先ごろ亡くなった。投稿と発表のずれが挽歌を絶詠とした)

p9 夫が逝き娘も逝きひとり散歩する川辺に変わらぬ瀬音聴きつつ
長崎 長崎田鶴子

p18 ほんのりと白粉花の立ち匂ういつまた逢える約束もせず
大阪 乃木倫子

p20 舗装にも負けじと咲きしたんぽぽは僅かな土を謳歌しており
東京 兵頭喜美代
(最近入会された方です。)

p20 伝えたき溢るる思いを絆とすニュースの一文字疎かならず
茨城 深谷武久
(組織部員の組織強化へ向けてに思いが溢れてます。)

p24 僅かなる戦争の記憶呼び起こせり安保法制訴訟の陳述書かく
群馬 村岡邦三
(私もこの原告団です。友人が事務局をやっています。)

p31 「降らないねえ」「降りませんねえ」「降らんなあ」道の駅での出荷時の声
滋賀 峯森あや子

p32 機動隊員と真向かいてたじろがぬ若い母へのひそかな拍手
茨城 木下かおる

p33 爆破した
電車に立ったまま死んでいる
ハンドル持った運転手
長崎 岡本博
(この方も最近入会された行わけの方です。)

特選 p77 インクの匂う協会誌持ち柩にと言いくれし人あり涙の顔で
神奈川 小林加津美
(お姉様である河村澄子さんへの挽歌です。先月に続けて小林さんの挽歌を特選とさせて頂きました。)

続きを読む "新日本歌人2017年9月号 10首選です" »

追悼!菊池東太郎2

2017年12月27日
追悼!菊池東太郎2
大津留公彦

行分けの花火の歌を褒められし少し寂しき歌でありしが

講演の映像はいつまで残るかと尋かれたたり未来永劫残ると言いしが

戦前のプロレタリア短歌の歴史語る三六二人が出詠せしなど

『「一握の砂」の半分は直喩なり」』順三には少なし東太郎語りし

「順三には戦争賛歌の歌はない」東太郎は全て調べて物言いし

「順三は願望で感情歪めない」労働と貧困の中で得し真実と

自らの「主観を単純化する事で歌は磨かれる」東太郎残す

順三の「原寸合わせ式思考法」自分も同じと東太郎言いし

千名の新日本歌人を復活する菊池東太郎の供養のために

この年は悲しき事の多くあり師走十六日に菊池東太郎逝く


取れる歌を一首、取れない歌を一首選んで貰えるとありがたいです。

続きを読む "追悼!菊池東太郎2" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 717短歌・俳句勉強会 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | ファスレーン365 | ブログ紹介 | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 希望のまち東京をつくる会 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 日本共産党 | 日本橋 | 映像関係 | 映画 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 立ち枯れ日本 | 立憲民主党 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芝居 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽

カテゴリー