無料ブログはココログ

最近のトラックバック

高橋正志さん著「うたごえは生きる力」ーいのち 平和 たたかい うたごえ70年の歩みー を読んで。

高橋正志さん著「うたごえは生きる力」ーいのち 平和 たたかい うたごえ70年の歩みー
を読んで。

うたごえ運動一筋の高橋さんの人生とうたごえ70年の歴史がよく分かった。
この本は日本のうたごえ70年周年記念事業委員会の制作となっているのでうたごえの通史と言えるでしょう。

学生時代も先輩の多くは九州青年合唱団に属していた。その後続いてる人は居ないようだが、一時期音楽センターに勤め今は企業経営をされている先輩や政党の役員になっている人もいる。
最近退職後うたごえ運動を始めた同期の仲間もいる。

私は同じ歌でも短歌の方を四十五年やっているが、こうして読んでみるとうたごえは身近にあったことが分かる。
内灘、三池、ベトナム、横須賀、沖縄、国連、阪神大震災、東日本大震災の全ての現場にうたごえはあった。
その経験は韓国にも伝わっているという。

学生時代は歌う機会が多く、自分で歌うこともあった。私の得意歌は「バイカル湖のほとり」です。
会社員となってからは職場のうたごえサークルが社会人コンクールに入選したりしていた。

高橋さんは現在文団連(文化団体連絡会議)の事務局長を務めておられる。私は新日本歌人選出の幹事であり事務局次長を務めているので毎月の幹事会でお会いする関係にある。
いつも会議のまとめ役を見事にこなしておられる。
現在文団連でも50年史を作っておりこの夏には出版予定だが高橋さんの果たされている役割が大きい。

最後に文団連の機関紙「まい」に掲載される予定の高橋さんの文章を紹介してあまり本の紹介になっていませんが紹介を終わります。
ーー
「私は、学生時代にうたごえ運動と出合いました。〝うたごえ〟で人と人を結び、一人ひとりの生きる可能性を引き出す運動に引かれました。うたごえが果たしてきた音楽的役割と社会的役割をしっかりつなぎながら、運動が発展してきた大きな流れを次世代に伝えたいと思っています。
 今生きる人々の思い・ねがいを歌・音楽に託して、その音楽の魅力で心をつなぎあい、ねがいを実現するためみんなで大きく歩を進め、その魅力と確信をさらに切り拓いていく次世代に手渡していきたい。多くの合唱団体と共同して平和のための音楽祭を開きたい。今の9条改悪を許さない歴史的なたたかいに連帯して、うたごえの力を発揮したいと思います。
池辺晋一郎氏の曲に「私たちが進みつづける理由」がありますが、うたごえ70年、歩いてきた理由、そしてこれから前へ前へと進み続けるために、この拙書が少しでも役立てれば幸いに思います。」
ーー
以上です。

続きを読む "高橋正志さん著「うたごえは生きる力」ーいのち 平和 たたかい うたごえ70年の歩みー を読んで。" »

21世紀のプロレタリア文学ー「争議生活者」を読んだ

21世紀のプロレタリア文学ー「争議生活者」
これは赤旗書評で文芸評論家の小松新さんがこの本を評した言葉です。(関連記事3番目)
8年間に及ぶ同時進行ドキュメント小説というのは過去例がないでしょう。
田島一さんの講演録は別に書きましたのでそちらをご覧下さい。
田島一さんの「「時の航路」完結編を書き終えて」を聞いた
2017/12/17
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/223234/190315/88591231

ここでは私が最も心引かれた部分と関連記事を紹介します。

p122
妻夏美の娘綾香への言葉
「お父さんね、わたしが病気になったときも帰って来たでしょう。おカネなんてあるはずないのに、最初はどうしてかとびっくりしたの。まさかサラ金とは思わなかったけど問い詰めたのよ。そしたらね、『ほんとに困ったときには、助けてくれる、そういう人が俺の周りにはたくさんいるんだよ』って自慢そうに言うじゃない。せちがらい世の中なのに、そんなことしてくれるって信じられる。でもわたしたちは、三度も多くの見舞金で助けられたのよね(中略)わたしね、よく分かったの、だからこの人はやれるんだなって。こういう人たちに囲まれていて、お父さん、幸せだなとつくづく思った。わたしはこれまでにね、そういう人に巡り合ったことはなかったけど、人間っていいものだなんだなと、わたしまで幸せな気分になっちゃった。綾ちゃん、わたしたち一家はね、見知らぬ大勢の人たちに、ほんとうに助けられてきたのよ、忘れないでねー」

感想は短歌にしました。
丁度民主文学から短歌十首の依頼があったのでそちらに投稿します。
掲載された後に紹介します。

関連記事
①小松実のひとりごと「時の行路」「争議生活者」の田島一さんの講演会に参加してきました
2017/09/15 22:21
17.09.15

http://s.webry.info/sp/komatsu3.at.webry.info/201709/article_7.html

②弁護士会の読書
2017年12月 3日
http://www.fben.jp/bookcolumn/2017/12/post_5251.html

③赤旗書評
2017年10月25日
http://workers.jcp-kanagawa.jp/archives/14815

以上です。

続きを読む "21世紀のプロレタリア文学ー「争議生活者」を読んだ" »

田島一さんの「「時の航路」完結編を書き終えて」を聞いた

今夜文団連の加盟団体会議で田島一さんのお話を聞いた。

同時進行小説で本人の顔写真が出るのでTwi cas中継は出来なかったが箇条書きでメモを残します。
ーー
「時の航路」完結編を書き終えて 田島一

・2008年からのいすゞ自動車に非正規雇用の正規化を迫る闘争の同時進行小説
・50-60人の弁護士が付いた。
・闘う労働組合であるJMIUいすゞ自動車支部は非正規の正規化要求を掲げた。
・同時期に全国で70近くの派遣切り撤回裁判
・この10年で非正規雇用は大きく増えた。
・現在正規3300万人対非正規2000万人
・年収200万以下が1400万人
・生涯未婚率 (50歳で未婚の人)男35%女27%
・ごく一部の富裕層に富が集中し社会の分断が深まる「そういう資本主義で良いのかと疑問を持つようになった」(中内功元 ダイエーCEO)
・職場紙(こえちか =小説ではKOEKAKE)から始まった。
・4000人を首切り
・三つの視点(登場人物)
五味洋介 争議生活者
福武昌弘 共産党
山路由香里 派遣切りされた若い女性
(存在しないがモデルいる。偽装派遣の図面書きで日産にいた。)
・五味は首都圏青年ユニオンに加盟し訴えた。
・苦労はあったが同時進行による小説化への挑戦に後悔はない。
・最初は裁判は連戦連勝だった。当時メディアがまともだった。
・続・時の航路を書いていた2010年10月ー2013年に政権の巻き返しがあった。
・同時進行の困難
事実と創造の間のせめぎ合い
・7割は虚構
・裁判は2016年11月和解(1300万の請求あったが最終的には円満な解決となった。)
・「続・時の航路」で終わっても良かったが八年間の個人の生活を描かねばと思い「争議生活者」を書いた。
・「命がけで戦えば誰かが助けてくれてきっと勝つ」(石川武男元JMIU委員長)という言葉が主人公を励ました。
・裁判の経過
2015・8・30
松下PDP最高裁で高裁判決破棄
マツダ山口地裁 勝利
2014・7マツダ広島高裁 和解
2015・3いすゞ敗訴
2015・9
最高裁三行判決
・主人公の五味のモデルの五戸氏は下野市で来春行われる市議選で共産党から空白克服に挑む
・原告12人( 最後までは7人 )小説に登場しなかった人もいる。
・映画の脚本完成し仮題は「ハケン」

少ない人数で聴くには勿体ないような話であった。「争議生活者」を買ったので読んだら感想文を書きます。
映画にも期待しよう。

以上
0c43730a31534a83af98ccf4136243ef


続きを読む "田島一さんの「「時の航路」完結編を書き終えて」を聞いた" »

米倉春奈さんの講演

Securedownload


今夜は文団連の年に二回ある加盟団体会議があった。

講演は28歳の共産党都議団最年少の女性都会議員で文団連のある豊島区選出の米倉春奈さんだった。

自分の娘の世代だが若くて素晴らしい政治家が共産党には居ると実感した講演だった。


スエーデンの国家予算と同じ13兆円の予算を大型公共事業から暮らし優先に切り替えれば素晴らしい地方政治が出来るとも実感した。

小池都政については特定整備路線などには反対し、豊洲見直し等いい公約は実現させるというスタンスで望んでいると言われていた。


豊洲問題については継続的な追求の歴史に触れた。

空洞問題に付いては共産党都議17人のうち16人で調査に押しかけ、2度目の水を採取に行った時には空洞の1番奥まで行くのが自分の担当で途中で迷子になりマスコミにも報道されてと言っていた。

既に豊洲には6100億円も使われている由。

これは健康保険料と介護保険料の減免の43年分に当たるという。

豊洲は東京ガスの跡地だが都市ガスは製造時にはヒ素などの猛毒を使いそれが地下に染み込んでいる為市場用地にはもっとも不似合いで東ガス自身がそう言っていた由。

土壌汚染の調査も対策も一部だけで100mx100mに1箇所しか調査しておらず対策はそこで異常値が出た所だけというのだからいい加減もいい所だ。

敷地全面に盛り土したというのは嘘だったし地下水のコントロールも出来ていない。

建設工事の談合情報が入札の1ヶ月前に寄せられているのにちゃんと調査せず、情報通りに落札され落差率99.9%でも調査しないという。

(経験から言って落札率9割以上は談合と見て間違いないと思う。)

(豊洲の移転は中止して現地再整備するしかないと思う。)

その他東京五輪や防災対策や政治とカネの問題が話されました。


小池百合子都知事を応援する会派の区議5人が自民党を除名になり自民党は9人になった由。

来年の都議選は豊島区ではその小池百合子グループから出馬するので厳しい闘いになるが是非春奈さんに議席を維持頂き更に活躍して貰いたいと思った。


米倉春奈さんは9月に民青同盟委員長の小山農さんと結婚祝う会をされました。
おめでとうございます。
更なる活躍を期待します。

続きを読む "米倉春奈さんの講演" »

文団連の「生きるちからと文化のつどい第三弾」成功!


私が幹事を務める文団連の「生きるちからと文化のつどい第三弾」は200人を越える人の参加で大成功でした。

特に96歳の金子兜太さんの気迫のこもった講演は皆さんに強い印象を皆さんに残したと思います。

花見に行かないでこちらに来て儲かったという感想がありました。


その前の大塚駅スタンディングも50人の参加で大成功 !

署名も50筆以上集まりました。

アベ政治は許さない!

「ootsukastanding.jpg」をダウンロード
(山口あずささん撮影)


赤旗の一面にも写真が出ました。

全国版だったようで九州からも見たよというメールが来ました。


昨日の文団連の集会の映像です。https://www.youtube.com/watch?v=uyiS3bDYW0c
最後のうたごえの部分が割愛されています。

以下その経緯を説明した撮影頂いたuplan代表三輪さんからの連絡です。

「映像配信しました。なお、おことわりですが、音楽・コーラス関係も素晴らしい映像がとれたのですが、一度掲載したところYOUTUBE側から著作権法の二次使用にかんして禁止という指摘があり、配信されませんでした。その結果残念ですが音楽関係は削除したものを配信しています。」

出演者の了解は得ていたはずなので残念です。


以下山形暁子さんのFACEBOOK記事からです。
(写真も山形さん撮影のものです)

ーーー

「【生きる力と文化のつどい~アベ政治を許さない~】


 3日、文化団体連絡会議(文団連)主催の「生きる力と文化のつどい」シリーズ第3弾に参加。

 午後1時よりJR大塚駅南口でスタンディングがおこなわれたが、間に合わず、後悔しきり!

 つどいのプログラム、第1部は96歳の俳人金子兜太さんのおはなし~25歳のとき、海軍士官として赴いたトラック島での壮絶きわまる戦争体験。今をもって俳句を続けている原点だと語られ、非常に感銘を受けた。


 第2部は、新日本歌人協会より、「日本憲法の原点を歌人はどうとらえたかー『平和百人一首』にみる」、新俳句人連盟より、俳句の朗読、創造集団池小(安保体制打破新劇人会議)より、かたり「さがしています」、東京のうたごえ合唱団より、「HEIWAの鐘」「ノーパサラン『奴らを通すな』」「沖縄 今こそ立ち上がろう」の3曲など、多彩な文化企画が披露された。

 いずれも力のこもった企画で素晴らしかったが、もっとも感動的で涙が滲んできたのは、初めて聞いた「ノーパサラン」という歌だ。CDがあったら、絶対に買って覚えたい。」

ーーー
写真です。

Photo
金子兜太さん

Photo
望月たけしさん(新俳句人連盟副会長)

Photo_2
奈良達雄さん(元日本歌人協会代表)

Photo_3
田中千恵子(「俳句人」編集長)

Photo_4
創造集団池小

Photo_5
うたごえ

この「ノーパサラン」が入っていないのが残念です。

スタンディングの前は小雨が降り初めていましたがスタンディングが始まる前に止みました。

私は歌人ですが金子兜太さんに敬意を表してこういう俳句で締めとします。


   春の雨振り止め給い駅に立つ 公彦

次の行事はこれです。
2016啄木祭
5月15日(日)エデュカス東京 13時30分開演

今夜は以上です。


続きを読む "文団連の「生きるちからと文化のつどい第三弾」成功!" »

戦争法案に反対する短詩形文学募集

文団連の発表の転載です。
「私が東京を変える」の募集と同時進行になりますがどちらかにご投稿下さい。
ーーーー
戦争法案に反対する短詩形文学募集

文化団体連絡会議(文団連)では、安倍政権の進める戦争法案に反対する短詩形文学(俳句や短歌や詩等)を下記により募集します。
ぜひ奮ってご応募ください。
          記
1。募集期間
 7月25日〜8月24日までの1ヶ月間
2。投稿方法
 メール送信
   bunndannrenn-p@yahoo.co.jp
 コメント投稿
  文団連ホームページ
  「戦争法案に反対する短詩形文学」へのコメント
 手紙又は俳句
  郵送先 
  〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-18-3平田ハイム202号室詩人会議気付 文化団体連絡会議
3。その他
 電子出版などを行う場合に掲載させて頂くことがありますのでご承知下さい。
 以上
2015年7月24日
文化団体連絡会議 幹事会

続きを読む "戦争法案に反対する短詩形文学募集" »

故土井大助さんの「東大ポポロ事件と秘密保護法」映像

故土井大助さんの「東大ポポロ事件と秘密保護法」という講演の映像です。
2014・4・5 に民主文学の事務所で行われた文団連の加盟団体会議での最後の講演です。
桜が窓の外に綺麗に咲き誇る夜の事でした。

2014年11月24日(月振替休日)13時から日本教育会館9階喜山会館で偲ぶ会が行われます。(事前申し込み要)

この日の動画と文団連の機関紙「まい」に掲載された明石さんの追悼文をアップします。

続きを読む "故土井大助さんの「東大ポポロ事件と秘密保護法」映像" »

沖縄県知事選にあたっての文団連のアピール

私は文化団体連絡会議(文団連)の幹事を勤めている。
新日本歌人協会の代表として参加している。
文団連は芸術団体の集合体で、幹事団体 は以下の11団体です。

安保体制打破新劇人会議 音楽文化集団ともしび 詩人会議 新日本歌人協会 新俳句人連盟 全国労音 日本のうたごえ全国協議会 日本民主主義文学会 日本映画復興会議 日本美術会 美術家平和会議
東京労演が最近まで加わっていたが解散したので現在は11の幹事団体となっている。
芸術団体の集まりなので当然個性が強く一枚岩という訳には行かない。

沖縄県知事選挙についても情勢が流動的だったこともあり、一か月の議論を経て「オール沖縄」のオナガ雄志候補を応援することを決めました。
文団連は地域ごとにあり我々は全国を代表する立場ではありませんが沖縄の問題は全国的な問題であるという認識で行動を起こすことにしました。
11月4日には<a href="http://ptix.co/1CIAsd6">映画「ひまわり~沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎) -  を行います。

沖縄に心を寄せましょう!
以下仲間とマスコミに送った文団連の沖縄県知事選にあたってのアピールです。

続きを読む "沖縄県知事選にあたっての文団連のアピール" »

文団連の共産党都議会との打ち合わせ会に参加した。

10.9に文団連の共産党都議会との打ち合わせ会に文団連幹事として参加した。

参加は共産党都議団は曽根はじめ副団長(北区)と里吉ゆみ都議(世田谷区 文教委員)だった。

文団連は事務局長他幹事です。

この10年来要求してきたことが続々と実現しているという。

舛添都政が評価できるというよりは石原都政が今に庶民の為の都政でなかったかということだろう。

メモの一部ををアップします。

続きを読む "文団連の共産党都議会との打ち合わせ会に参加した。" »

映画「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎)

文団連にて映画「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎)を企画しました。
是非ご覧下さい。

じぇじぇじぇの主人公だった能年玲奈 さんはこの映画を撮っている時にNHKから声が掛ったそうです。
その辺の裏話も聞けます。

Coverviadwdcuauonsieokwyknvsu3yqsf2

http://ptix.co/1CIAsd6映画「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎)
詳細
被曝・戦後 70年に向け「生きる力と文化のつどい」シリーズ第1弾辺野古の新基地建設反対、沖縄県知事選に連帯!!沖縄の心を「ひまわり」で繋ごう!映画「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎) 日時:11月4日(火)18時45分開会会場:新宿 大久保地域センター会場整理券:1000円電子整理券(peatex):700円後援:市民グループ「私が東京を変える」

続きを読む "映画「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を」の上映とお話(「ひまわり」製作者 桂壮三郎)" »

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 717短歌・俳句勉強会 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | ファスレーン365 | ブログ紹介 | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 希望のまち東京をつくる会 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 日本共産党 | 日本橋 | 映像関係 | 映画 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 立ち枯れ日本 | 立憲民主党 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芝居 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽

カテゴリー