無料ブログはココログ

「教訓1」は歌うたんびに新曲です 追悼加川良

一昨日、加川良さんの訃報が1人息子でミュージシャンの小斎元希さんののフェイスブックで伝えられました。

アルバム「教訓」を聞いています。

高田渡が亡くなり、加川良が亡くなり我らが青春のシンボル的な存在だった人が亡くなって行く。

せいぜいkkboxで曲を聴くことにしよう。

以下息子さんのフェイスブックからです。
.......................................

ものすごく私事ではありますが、
ごく一部、ここでの繋がりしかない方で
心配していただいた方々もおられるのでご報告させてください。
本日、4月5日午前9時39分、都内の病院にて
父 小斎喜弘(加川良)69歳は、家族、親族が見守る中、...
約4ヵ月の闘病生活を終え、静かに息をひきとりました。
個人的には山梨から東京の病院へ移ってからの数ヶ月、
日々、変化の絶えない闘病生活でしたが、
毎日の様に病院で父と過ごせた時間に、心から感謝しています。
おかげで後悔は一つもありません。
なのに、したいこと、やりたいこと、いきたい所ばかり思い付きやがるから参るなぁ。
この4ヶ月間、俺自身が一本もライブをキャンセルすることなく来れたのは、
間違いなく父とメンバーのおかげです。
明日のライブが、父母共に深い付き合いである
金子マリさん、北京一さんと共演である事にも縁を感じずにはいられません。
なにからなにまで感謝してます。
父ちゃん、おつかれ!いつまでも家族。
あんたが一番格好良いぜ!ありがとうね。
各地から届く想い、本当に支えになりました。
父に代わり、家族を代表して感謝します。
本当に本当にありがとうございました!

小斎元希(gnkosai)

「教訓1」についてその現代性をご本人が語っている記事を見つけましたので紹介します。
まさにこの曲は今ぴったりくるんですね。

「教訓1」は歌うたんびに新曲です シンガー 加川 良さん

2014年11月16日(最終更新 2014年11月16日 14時02分)  フォークソング全盛の1970年、〈だから命を捨てないようにね…お国のためなのと言われてもね〉などと、ちょっと冗談めかしたプロテストソング「教訓1」で世に出たシンガー、加川良さん。あれから毎年、全国を1年かけて一巡するライブを重ね、ずっと「教訓1」を歌い続けているそうです。

 ‐今も「教訓1」歌うんですね。

 ★加川 当然、歌ってますよ。新曲ですよ。歌うたんびに新曲だと思えるんです。今は「集団的自衛権」というタイトルで歌ってます(笑)。歌詞は何も変えてません。「福島第1原発」というタイトルでもこのまま(当てはまるわけ)ですし。当時はベトナム戦争があってましたから反戦の歌だと思われがちですけど、ほんとは命の歌。生きているからこそ良き人と出会っていい時間を持てる。生活も大笑いも大泣きも…年取るってそんな悪いもんじゃない。命は一つでも100回生きたという人もいるでしょうし。やっぱ生きてないといかん、という歌ですから。

 ‐集団的自衛権の行使容認をめぐる閣議決定とか、特定秘密保護法の採決強行とか、武器を輸出しやすくしたりとか、よく議論せずに(憲法解釈を見直し)大事なことが決まっていく。危うい感じ。「教訓1」は今、“国のためだ”とか言って一つの方向に同調を求める圧力にいたずらに流されるな、という警鐘にも聞こえますが。

 ★加川 はい、戦争のことでも歌えます。原発事故のことでも歌える。命の歌ですから、歌い始めて四十数年たちますけども(時代に)合わないなと思った時代は一度もないですもん。変わってないんですよ、世の中なんて。

 ‐「血まみれの鳩」「まぼろしのつばさと共に」(五つの赤い風船)とか「もずが枯木で」(岡林信康)とか、70年前後、反戦歌が盛んに歌われた。今はあまり耳にしないし、新しいメッセージソングもあまり聞かない。なぜですかね。

 ★加川 歌(の主題が)が反戦だけで狭いとこに入ると、ずっと歌っていくのがつらくなるということはあるかもしれない。「教訓1」は今も20、30代の人たちがロックやパンクでガンガン歌ってくれます。原発事故や福島に関することで歌うとか。実は若い人たち、社会に問う、という歌、皆やってるんですよ。昔の大人が岡林信康さんや高田渡さんを知らなかったように、親になった僕らが知らないだけ。彼らなりにインディーズでバンバン動いてる。若い人のネットの世界で1万枚も10万枚も売れてるCDがたくさんあるんですよ。

 ‐「教訓1」は何をモチーフにどう作ったんですか。

 ★加川 大阪・梅田の地下街でガリ版刷りの文集を売る人がいて、100円もしなかったかな。買ったらこういう風な内容のことが書いてあって、これはいいな、(参考にして)歌を作ろうと考えた。当時はまだ(URCレコードの)アート音楽出版の社員で、運転手をしながら高田渡さんや岩井宏さんのツアーについて回ってた。詞や曲はここはこんな感じがええぞ、とかお二人に直してもらったりしたんです。

 ‐「教訓1」は今、時代が呼び戻してるような気もします。

 ★加川 私はあんまりこういうことは言わないようにしてるんですけど、今、ヤバいなと思うのは戦争に行ったことがない、戦争を知らない人たちが政治を動かしている。僕らの小さい頃はまだ戦争を知ってる人がたくさんいた。戦争に行った人は皆、二度と戦争はするな、戦争は絶対やったらいかんと言った。今は戦争を知らない人が戦争やろうと言う、ような。それはお国のためというよりお金のためじゃないですか。でもね、この世界をつくったのは戦後生まれの僕ら。選挙で一人一人がちゃんと人を選ばないかんと思います…。一つ言うとくと、〈逃げなさい 隠れなさい〉と歌ってますが、(今の国際情勢では防衛力は必要で)逃げてばかりは居てられない時代なのは確かですね…。

 ‐今どんな思いで「教訓1」歌ってますか。

 ★加川 ライブでどう聴いてくださるのか(反応を)楽しんでます。「集団的自衛権」を歌いますと言って「教訓1」を歌うと、皆さん、ほくそ笑んでくださいます(笑)。僕は、ただの歌い手、ですから。

 ▼かがわ・りょう 1947年11月21日滋賀県彦根市生まれ。70年、岐阜県であった中津川フォークジャンボリーで「教訓1」を歌い注目される。71年、アルバム「教訓」でレコードデビュー。代表曲に「下宿屋」「コスモス」「女の証し」「流行歌」。11月29日午後8時から福岡県福津市中央のシェパパで、同30日午後5時半から、福岡市早良区高取の紅葉八幡宮社務所でライブ。BEA=092(712)4221。


=2014/11/16付 西日本新聞朝刊=

では教訓Ⅰです。

続きを読む "「教訓1」は歌うたんびに新曲です 追悼加川良" »

「青い目のジュディ」考

最近kkbox
でCSNY:Crosby Stills Nash and Youngの曲を聞いている。

Youngが入っていないCS&N:Crosby Stills &Nash の音楽も多い

私が初めて買ったレコードがグラハム・ナッシュがいたホリーズのBUS STOP。
(或いは間違って「STOP THE MUSIC」を買った。或いは逆だったのか半世紀も前の事なので今ではよく分からない。)

1969年のWoodstockコンサートのときに彼らが演奏した曲が「青い目のジュディ」:Judy blue eys。

この所最後の方のルルルルルルュルルルルというハーモニーが頭にから離れない。kkboxでは歌詞が流れるので英語の詞を聴きながら聴いている。

訳詞はこうです。

続きを読む "「青い目のジュディ」考" »

「自由の代償」と「オハイオ」

契約しているkkboxの音楽を会社の行き帰りによく聞いている。

最近学生時代によく聞いていたクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング の曲を聴いている。

今夜は2曲紹介しよう。

1曲はFind the Cost of Freedom
「自由の鐘」と訳されているが「自由の代償」と訳すべきだろう。
完全な反戦の歌だ。

学生時代にはこんな歌だとは思わずきれいなハーモニーに惹かれて聞いていた。
しかしこれはすごい歌だ。

南スーダンで犠牲者が出たらこの歌が歌われるのだろか。

もう一曲はOhio
ケント州立大学銃撃事件に触発されてニール・ヤングが作った歌だ。
この曲の中でデヴィッド・クロスビーは慟哭している。

2曲とも社会性と詩情のあるいい歌だと思う。

csn&yはやはりいいい。

記事を紹介します。

「オハイオ」(Ohio) は、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング (CSN&Y) が1970年に発表したプロテスト・ソング、カウンターカルチャーのアンセム。

同年5月4日のケント州立大学銃撃事件(英語版)を取り上げ、ニール・ヤングが作詞作曲した。スティーヴン・スティルスの「自由の値 (Find the Cost of Freedom)」をB面に、シングル盤として発売され、Billboard Hot 100 のチャートで14位まで上昇した。

「デヴィッド・クロスビーは、私たちがこのテイクを録り終えたとき、声を上げて泣き出した」と記した。実際、録音の中でもクロスビーが慟哭する様子は「Four, why? Why did they die?」や「How many more?」がフェードアウトしていくところで聞き取れる。
by wiki


Find the Cost of Freedom
のどなたかが訳した訳詞です。

昼の光が また 僕のベットにふりそそぎ 100年前のことを僕は考える 祖先たちがいかに血を流してきたかを

僕の見ているのは谷なのか
青白い骨で覆い尽くされている
すべてのもう歳を取ることのない勇敢な兵士たちが
僕の子孫のことを気遣っている

過去の言葉に耳を傾けろ アルマゲドンの時代からの
誰もが話しかけるが 聴く者は誰もいないなら
どうやって前に進んだらいい

自由ってやつの代価を見つけなよ
大地に埋められたものの代価だよ
母なる大地が優しく包んでくれた
あんたの体の代価だよ

では二つの映像です。

Find The Cost Of Freedom

Neil Young - Find The Cost Of Freedom and Ohio

続きを読む "「自由の代償」と「オハイオ」" »

ナターシャ・グジーさんと井上鑑さんのお話と音楽

今夜は井上鑑さんとナターシャ・グジー さんのお話と音楽を聞きました。

やっぱりナターシャ・グジー さんの歌声は素晴らしく繊細で魅力的だ。
思い起こせば生で聴いたのは幕張メッセであった2011年11月の九条世界会議で初めて聴き
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/cat20276935/index.html
2013年4月の文団連の会で聴き、
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-e606.html
今度が三度目だった。

今回は井上鑑さんと取り組んだスペインとウクライナでの感動的なお話があった。
機会があったら詳しく書きたいと思います。
音も映像も取られてないのが残念です。
今日歌われた鳥の歌と我がキエフの入ったセルツエ(こころ)というCDを買いました。
いろんな人が歌う鳥の歌プロジェクトは「鳥の歌」で検索すると映像があるようです。
youtubeからナターシャさんの鳥の歌を紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=0fBS_HEvJXs&sns=em

以下今夜の会の内容です。
ーー
お話と音楽のつどい


           「鳥の歌」の旅 スペインからウクライナへ 
             日時: 1月30日(月) 開演19:00~
             出演; 井上鑑
                  ナターシャ・グジー
                  *2016年4月の「連歌・鳥の歌欧州ツアー」映像とお話しで、
                                          井上鑑さんとナターシャ・グジーが振り返ります。
                   後半は、井上鑑(Pf)、ナターシャ・グジー(歌・バンドゥーラ)の
                   二人によるコンサートで、「鳥の歌」やツアーにちなんだ曲を
                   中心にお届けします。
     !!!!!!!!!!!!!! 料金: 1000円
                  会場: 労音大久保会館 R'sアートコート
                  *東京都新宿区大久保1-9-10
                  主催: 戦争法案に終止符を!! 音楽人・団体の会
             お問合せ: 事務局 TEL: 03-3200-0106

続きを読む "ナターシャ・グジーさんと井上鑑さんのお話と音楽" »

JASRACの依頼により音楽を削除します。(追記あり)

追記

この削除が遅れてしまい2日程ブログが閉鎖になっていました。
読者のみなさん
失礼しました。
ーー

アット・ニフティから今日以下の連絡を受けました。

「このたび、「社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)」より、当該ブログに
掲載されている下記の記事内容が、著作権侵害行為に該当するとの連絡を弊社
宛てにいただきました。

※著作権侵害該当箇所(JASRAC作品コード/被害著作物名/該当記事URL)」

今までこういう連絡を受けた事はないのですがブログの閉鎖をされては困りますので以下の音楽を弊ブログから9月30日までに削除いたしますのでご承知置き下さい。


-------------------------------
0T0-0502-0TEACH YOUR CHILDREN
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/teach_your_chil.html
024-3640-0教訓1
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/1_5065.html
147-4255-1我が窮状
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_2cd4.html
147-7523-9手紙~拝啓十五の君へ~
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-0ccc.html
041-3613-6少年時代
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/life-404-b662.html
075-9355-4目覚まし時計は歌う
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-357d.html
0C0-6610-0THE CRUEL WAR
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-7ed3.html
045-3132-9蕎麦屋
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-07e4.html
141-2744-0守りたいもの
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-82c6.html
091-9711-7矛盾の上に咲く花
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-9aab.html
148-1390-4母賛歌
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-982a.html
143-0049-4アオギリの木の下で…
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-e714.html
178-6853-0ダッ!ダッ!脱・原発の歌
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-166f.html
183-5422-0愛おしき死者たちよ
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-3ba8.html
146-6526-3HOME
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-af65.html

続きを読む "JASRACの依頼により音楽を削除します。(追記あり)" »

懐かしい歌の数々です。

懐かしい歌の数々です。

マイペース 東京

長渕剛がゆるい音楽を嫌う理由!不自由さを解放するのが真の音楽!?

一本道 / 友部正人&遠藤賢司

東京ワッショイー遠藤賢司

カレーライスー遠藤賢司 独特の歌声に独特のギターテクニックあるな

1971年 黒の舟歌 当時のライブ 長谷川きよし

灰色の瞳by長谷川きよし+椎名林檎

続きを読む "懐かしい歌の数々です。" »

あなたは笠木透を知っているか

 笠木 透が逝った。2014年12月22日(月)午前2時10分 77歳 死因 直腸がん

昨日の記事にも書いたが今笠木 透がマイブームとなっている。

2005年に提唱した「憲法フォークジャンボリー」はフォーク界では伝説的な出来事となっているが、マスメディアに載らないで

残された1000曲に及ぶ曲は後世に残したいものだ。

最近まとめられた以下のアルバムを全部聞きたい。

①「みんな生きている海」~日本国憲法104条~
②「ホウセン花」~韓国併合100年~ 
③「ポスター」~大逆事件100年~  
④「非暴力」 ~愛するもののために~
⑤「私の子どもたちへ」~東日本大震災~    
⑥「豊かな青い海」~東日本大震災2~ 
⑦「われここにあり」~田中正造没後100年~ 
⑧「でれすけ原発」~東日本大震災3~                  
⑨「平和の暦」~Peace Almanac Singers~


笠木透の生き方はこうでした。

「歌と生き方に分裂がないことでした。歌は歌、暮らしは暮らしではなく、うたったように生き、生きたことをうたってこられたと思うのです。いつも人びとと、平和と自由を求めて。」

笠木透の「想い」と「生き様」を真っ直ぐに受け止めて行きたいと思う。
そして笠木透の様に「文化で闘う」事を身上としたい。

ツトム尾崎さんのfacebookの投稿をご了解を頂いて紹介し笠木 透さんを偲び、紹介する。

10897058_809051762515730_9023167422
笠木透 同facebookより


続きを読む "あなたは笠木透を知っているか" »

押尾コータローにはまっている。

宮本岳志氏のfacenookで「見上げてご覧夜の星を」のギターのインスツルメンタルを聞いて以来押尾コータローにはまっている。

以下今日聞いた曲です。
オリジナルな超絶技法もあるが全ての曲に心がこもっている。

時間のある時に聞いて見て下さい。

続きを読む "押尾コータローにはまっている。" »

NO NUKES 2012とYMO

NO NUKES 2012ustreamで半日見ました。


グリーンエネルギー買い取ってのフェスの運営やネット配信の仕組み作りや識者の映像での参加やコンサート自体の映像処理の見事さや司会二人のほんわかトークなどいい事が沢山ありました。

ustreamの映像の上にあった1000万署名はこの放映中に1万人が署名して現在800万に近づいています。

私には何といっても最後のYMOのコンサートが圧巻でした。

radio activityから始まった全ての曲にある種の感動を覚えました。
1980年代が蘇った感じです。
坂本も細野もnonukesの旗を振っていました。
イギリスとの橋渡しをやった高橋の英語の歌はさすがという感じでした。

多分二日だけのYMO再結成だと思いますが何度もこういう事をやって欲しいと思います。

このプロジェクトは坂本プロジェクト。
英国を中心に世界中からアクセスがあったそうです。
こんなことが出来る坂本龍一という人間を私は尊敬する。

明日は福島県広野町にいってきます。


つぶやきとリツイートではこんなのがありました。

NO NUKES 2012アーティストはノーギャラで出演中!みんなに考えるきっかけを作ってほしいから、だそうです

【鹿児島県知事選挙】しつこいけど書くね。選挙運動もあと4時間を残すだけ。今回の争点は川内原発だからね。新人候補がこの川内原発廃炉を目指している。鹿児島から日本の未来のあり方を変えられる。鹿児島の有権者の方はよく考えてくださいね。これは大きなチャンスなんです。


今回のフェスについて。平野さん「みんな自分達にできる最大限のことをやっている」 小出裕章さんも、原発事故を経て、同じようなことをおっしゃっていましたね。各自ができるベストを尽くしていくしかない

今日のライブは原発に頼っていない電気で行われています!

ピースマークは、核軍縮キャンペーンのシンボル。だからピース = 反核 なんだよ! ハイスタ難波くん !!!

お父さん なんで あのとき変えてくれなかったの?って子供に言われたくない by 難波章浩

こんなことが出来る坂本龍一という人間を私は尊敬する。この番組も素晴らしい。どんどん映像流してください!

以下全てのつぶやきです。

続きを読む "NO NUKES 2012とYMO" »

一人欠けたタイガースのライブを見ました。

NHKBSプレミアムで一人欠けたタイガースのライブを見ました。
還暦を過ぎたメンバーの若々しさを見ました。
往年より腹も顔も膨らんでは居ますが。。

しかしジュリーも言っているがこれはタイガースではない。
是非今度は加橋かつみの入ったオリジナルタイガースを見てみたい。

太ってないし40年振りに学校の先生から戻って来たピーが一番若い感じ。
ジュリーの歌唱力は相変わらず健在だった。
病気を押して歌ったシローの「若葉の頃」は感動的だった。

最後はラブ.ラブ.ラブとsatisfactionだった。

皆さん 元気で活躍して欲しい

今日は当然聞けなかった加橋かつみボーカルの「花の首飾り」

子どもの世代の書き込みの多いtwitterつぶやきです。

続きを読む "一人欠けたタイガースのライブを見ました。" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 717短歌・俳句勉強会 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | ファスレーン365 | ブログ紹介 | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 希望のまち東京をつくる会 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 日本共産党 | 日本橋 | 映像関係 | 映画 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 立ち枯れ日本 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芝居 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽

カテゴリー