無料ブログはココログ

カテゴリー「安倍晋三」の記事

2014年7月20日 (日)

#ABEND 安倍政権を打倒する575&57577募集

#ABEND
安倍政権を打倒する575&57577募集
以下の募集を致します。
奮ってご参加下さい。

1、募集内容:安倍政権を打倒する575/57577で短歌、俳句、川柳、狂歌の別を問わない。
2、募集要項
・Twitter及びFacebookハッシュタグ#ABENDで呟かれたもの
・本記事にコメントで寄せられたもの
・その他文学団体等で集められたものでご連絡頂いたもの
3、募集期間
安倍政権を打倒する迄
4、投稿名で電子出版を致しますのでご承知下さい。ペンネームでも結構ですので必ず名前を付けて下さい。
(因みにABENDとは第一次安倍内閣を打倒する為にネット上で行われたキャンペーンの名前です。)

ではあなたも#ABENDをひとつどうぞ!

続きを読む "#ABEND 安倍政権を打倒する575&57577募集" »

2014年2月 6日 (木)

籾井勝人会長が辞任するまでNHK視聴料は払いません!

NHK籾井勝人会長の1月25日の就任記者会見での発言は報道の独立と自由、報道の役割を放棄したものです。
すぐに辞任すべきです

その内容は
1 政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない、
2 「靖国参拝」総理が信念で行かれたということでいいじゃないか。
3 「特定秘密保護法」通っちゃったんで、言ってもしょうがないのではと思う。
4 「慰安婦問題」「ドイツ・フランスなど何処でもあった。戦争ではつきものだ、韓国が日本だけが強制連行したみたいなことをいうからややこしい」

放送法4条公平性に抵触するばかりか、憲法の精神にも反して居ます。


籾井勝人会長が辞任するまでNHK視聴料は払いません!


私は既にNHK受信料支払い拒否運動をやっています。

下にあるサイトから引用の形で私の経験から書きます。
ーー

・NHKの集金人は、支払いの意思がないとわかると、

「放送法いう法律で決まっていて、テレビがあれば受信料をいただくことになってるんですよ。」と言ってきますが放送契約を結ぶかどうかは任意です


NHKの言う法的根拠とは、この放送法32条1項の『協会の放送を受信することのできる受信設備を設置したものは、境界とその放送の受信についての契約をしなければならない』という部分ですが、この条文から集金人の「法律で決まっていて、テレビがあれば受信料をいただくことになっている」という言い分は、

正確には「受信機(テレビ)を設置していれば、協会(NHK)と受信契約を結んでいただくことになっている」となるはずです。

ここで重要なのは、義務付けられているのは「契約を結ぶ」ことであり、「受信料を支払う」ことではありません。集金人は当たり前のことであるかのように受信料を請求してきますが、契約がまだ締結されていない以上、この時点では受信料を払う法的義務などないのです。

また、「テレビがあれば」といいますが、32条但し書きによると、『放送の受信を目的としない受信設備はこの限りではない』とあります。ここでいう「放送」とは、放送法が制定された、1950年当時、放送局はNHK一局しかなかったことから考えても、協会、つまりNHKの放送をさすと考えるのが自然ではないでしょうか。つまり、NHKの放送の受信を目的とした受信機(テレビ)でなければ、契約を結ぶ義務はないと考えます。

ちなみに集金人が配布しているパンフレットにはこの但し書きの部分が省略されています。NHKにとって不利だからでしょうか?

「受信機を設置すれば協会と受信契約をしなければならない」とは書かれていますが、実はこの放送法、罰則がありません。
つまり強制力がないのです。罰則のない規定は、一般に努力目標といわれるもので、実質契約を結ぶかどうかは「任意」であるといえます。また契約である以上、結ばなければ受信料を支払う義務が生じません。つまり本来NHKの集金人にできるのは(未契約者に対しては)受信料の支払請求ではなく、受信契約の「お願い」なのです。ということで、もし集金人から「法律で定められているので受信料を払ってください(契約してください)」といわれても何も恐れることはありません。

「契約しません」とはっきり言ってやりましょう。

テレビがないとかNHKは見てないからなんていう必要はないのです。

ところで、32条2項には放送法55条により、第2項に違反した場合はNHKの「役員を100万円以下の罰金に処する」との罰則があるにもかかわらず、なぜ放送法32条1項には罰則がないのでしょうか?

それは、この放送法32条1項が憲法19条(思想及び良心の自由)および憲法29条(財産権)に対して違憲の疑いがあり、それが憲法論議に発展することを恐れたからだといわれています。

憲法第19条(思想及び良心の自由)

思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

憲法第29条(財産権)

①財産権はこれを侵してはならない。

②財産権の内容は、公共の福祉に適合するように、法律でこれを定める。

③私有財産は正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる。

憲法第98条

この憲法は、国の最高法規であって、その上記に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部または一部は、その効力を有しない。

続きを読む "籾井勝人会長が辞任するまでNHK視聴料は払いません!" »

2013年10月 9日 (水)

安倍政権専用辞書

安倍首相は独自の言葉使いをしている。

その言葉の秘密を本日の東京新聞「本音のコラム」で斎藤美奈子さんが「辞書が必要」というタイトルで教えてくれた。

この辞書があると安部首相の言葉が正確に理解できます。

東京新聞読者以外にも特別にお教えしましょう。

続きを読む "安倍政権専用辞書" »

2007年9月16日 (日)

私はこれで総理を辞めました(安倍氏の3億円脱税疑惑)

138915

15日に発売された週刊現代9月29日号のP26~30に
(1)本誌が追い詰めた安倍晋三首相「相続税3億円脱税」疑惑
亡き父・晋太郎の「遺産」6億円と“出資者不明”の巨額献金
ジャーナリスト 高瀬真実と本誌取材班

という記事が出ている。

このブログの以前の記事AbEndついになる!で予告していたものだが予想通りの内容だった。

全部を打ち込みで紹介する覚悟だったが既に安禅不必須山水さんが紹介していたのでそれをコピペさせていただくことにする。
ここの全文があるので週刊誌を買う必要はありません。


これはガセネタなどでは決してありません。
1年間に及ぶ取材を踏まえて収支報告者や国税庁の脱税に当たるとのコメントまで取っています。
本人確認をしようとこの15日発売に合わせて詳細な資料を付けて12日14時という期限を付けて回答を求めていたところ同じ時間に記者会見して安倍氏は辞任を発表した。
偶然というにはあまりにタイミングが合い過ぎている。
施政方針演説の2日後に辞任というにはそうとうの理由がなければならない。
これが理由でなくて何が理由だろうか?


記事を要約すると
安倍晋太郎氏の財産の内6億円が山王グランド事務所と清和会事務所と地元事務所と消えた寄付金とあわせて約6億円が納税しておらず当時の5割の税率をかけると3億円脱税しているというもの。

総理のままこの記事を受ければ現職総理の大脱税疑惑ということで国会は空転して総理は辞任に追い込まれたことでしょう。
ならばぞのまえに辞任してしましまった方が問題のなり方が少ないと考えても不思議ではない。

マスコミの力を思い知らせた事件となった。
目的を達したAbEnd!キャンペーンは今度は自ENDキャンペーンとして自民党の政権そのものを倒すキャンペーに発展して継続することになった。
自民党のTBP(トラック・バック・ピープル)のURLは http://member.blogpeople.net/tback/09077
使い方は雑談日記


ミニコミではあるが集まればマスコミ並みの力を持つのブロガーの力に期待したい。

以下全文です。

続きを読む "私はこれで総理を辞めました(安倍氏の3億円脱税疑惑)" »

2007年9月12日 (水)

AbEndついになる!

20070912_382942


きまぐれな日々がメインフレームの異常停止という言葉abnormal endを使ってAbEndという言葉をつかったのを

カナダde日本語が取り上げ安倍晋三トラックバックピープルという形で発展し安倍晋三が辞任するまでやるとしてこの1年盛り上がってきた。

yahooで「AbEnd 安倍晋三」で検索すると210,000件の記事があった。
現在までで16645の記事が書かれている。

このブログも安倍内閣の発足と同時にスタートしそれを批判する記事を書き続けほぼ1年になろうとしている。

政治関係の記事は「安倍晋三トラックバックピープル」にトラックバックを送ってきた。

AbEnd運動は今日その目的を達成した。

安倍晋三氏が政権を投げ出したからだ。

所信表明演説を行ったばかりで辞任というのはあまりに不自然。

いろんなことが考えられる。

1・小沢一郎氏からあなたが辞めなければ党首討論にもテロ特措法の延長にも応じないといわれた。
2・麻生氏か誰かに辞任を入れ知恵されていた。
3・子どもっぽくキレた。
4・アメリカに辞めさせられた。
5・健康状態が原因。
6.以上の要素が重なり合っている。

この方はやはり人間的に問題があったと私は思っている。
苦労をしない育ち方をすると人の痛みは感じられない。
自民党の多くは二世三世議員だがこの方ほど苦労をしないで育ってきた人は珍しい。

靖国派の総理はもうやめてほしい。

AbEnd運動は日本のネットムーブメントに歴史的足跡を残した。
にの運動に参加された皆様ご苦労様でした。
JIMMIN End(JIMIEND)に向かって突き進んで行きたい。

さらにこんな情報もあります。

 それは安倍家の脱税疑惑!  (→毎日新聞2007年9月12日15時00分配信「安倍首相辞意『週刊現代』が『脱税疑惑』追及で取材 突然辞意を表明した安倍首相については、「週刊現代」が首相自身の政治団体を利用した「脱税疑惑」を追及する取材を進めていた。同編集部によると、安倍首相は父晋太郎氏の死亡に伴い、相続した財産を政治団体に寄付。相続税を免れた疑いがあるという。晋太郎氏は91年5月に死亡し、遺産総額は25億円に上るとされていた。編集部は安倍首相サイドに質問状を送付し、12日午後2時が回答期限としており、15日発売号で掲載する予定だったという。)

12日午後2時!といえば辞任の記者会見の始まった時間
本当の原因はこれではないかと思う。
その証拠に毎日のこの記事はすぐに削除されている。
ここに原文が残っています→http://asyura2.com/07/senkyo41/msg/973.html


首相を退陣させた?『週刊現代』はどうする?

がんばれ『週刊現代』!

ここに関連記事があります。
→http://b.hatena.ne.jp/entrymobile/5858349


今日はこんなところです。
どうぞ激励クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!


2006年9月30日 (土)

安倍一族の先祖は渤海から?

Photo

10月6日付け週刊朝日を引用した韓国中央」日報の記事を紹介します。
安倍晋三氏の父親の晋太郎は「私は朝鮮人だ」だと言っていたそうです。 安倍一族の先祖は渤海の出身だそうです。

最も10世紀も前の話ですが・・

安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」  

「私は朝鮮(人)だ」--。
日本の安倍晋三新首相の父親、安倍晋太郎(1991年死亡)元外相が普段からこのように言ったと、世界(セゲ)日報が日本の「週刊朝日」を引用して報道した。  
この週刊誌は10月6日付カバーストーリーで「安倍晋三研究-家政婦が見た安倍、岸3代」という見出しで安倍首相家門の内側を特集報道した。

岸と安倍の家門で家政婦として40年を過ごした久保ウメさん(80)は、週間朝日とのインタビューで安倍首相の父親、安倍元外相が告白した家庭の内部を比較的詳しく伝えた。   久保さんは「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」とし「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」と説明した。
それとともに「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。

(安倍元外相)自らも『私は朝鮮(人)だ。朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」と回顧した。また「(政治家として周辺に)人気が高く、よってもう少し元気に活動する時間があれば、北朝鮮問題も解決したと思う。安倍元外相の死は国の損害だった」と惜しんだ。  

この雑誌は安倍元外相は生前に安倍家の起源は10世紀くらいまで韓半島北で中国大陸にかけて存在した渤海(パルヘ)国に始まったという考えを持っていたが、日本での安倍家の起源は明らかではないと報道した。安倍家の起源について久保さんは「安倍家の本流は青森県だ。 安倍元外相が朝鮮だと言ったが、これは今の北朝鮮ではなく、その北と吉林省の下側にあった渤海」と「11世紀平安時代の武将だった安倍が今の安倍家の祖先と一致する」と説明した。

  安倍晋三首相の母方の父である岸信介元首相も安倍首相を非常に惜しんだと付け加えた。  
久保さんは安倍首相が生まれる前から東京の岸元首相の自宅で家政婦として過ごし、今はそこを出て東京に住んでいる。   1924年生まれの安倍元外相は毎日新聞記者時代の1956年当時、外相だった岸元首相の個人秘書となり、その娘の洋子さんと結婚、1991年5月、首相(自民党総裁)を目前にして病気で死去している。

私は5年位前に義父母・義兄弟達と平泉をたずねたことがあります。
そのときにサンホテル衣川というホテルに泊まりましたがそこに併設している歴史ふれあい館を見学しましたが説明員の人に安倍晋太郎の祖先として詳しく説明していただきました。
はるか遠い長州までよく行ったものだと思った思い出があります。

又、コーヒーの香る朝の安倍晋三氏のルーツによると源頼義と戦い(前九年の役)で破れ滅んだ安倍頼良の子孫であるという。
確かそんな説明だったような気がする。

安倍晋三氏のルーツは、時を遡る事900年(遡り過ぎだと思うが・・・)平安時代にこの地を治めた俘囚の長とされる豪族安倍一族の末裔だそうである。 奥州奥六郡(岩手県内陸部)を基盤とし父頼時兄貞任と共に源頼義と戦い(前九年の役)破れ滅んだ安倍一族の末裔であるらしい。 地元では中央に対する反感からいまだに安倍貞任を英雄視する人も多いが安倍一族は当時朝敵として源氏に滅ぼされその子孫の松浦氏は平家につき奥州藤原氏の庇護を受けた源義経に壇ノ浦に破れ山口に流され今に至るという。

大津留も別府ー京都ー東北と先祖が遡れるので安倍一族とは親戚かもしれない。
或いは激しい一戦を交えた仲かもしれない。

・・・今はおだやかに言論戦をしている。

大津留と安倍の関係に興味を持ったら→人気ブログランキングへ(現在46位です)

2006年9月25日 (月)

アカンボーで陰気な本気の右翼

きっこのブログの9・22の記事が話題になっている。 以下引用します。

06.09.22 安倍晋三が改憲を急ぐワケフリーライターの西山澄夫さんが発行しているML、「週刊オルタ」の内容として下記が紹介されている。

2005年10月25日、26日、ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まるワシントンの政策研究所、AEI・アメリカン・エンタープライズ・インスティテュートが主催して、日本の国会議事堂裏のホテル、キャピトル東急で、「政策研究集会」が開かれた。テーマは、「日本と中国を、どのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」である参加者はAEI所長クリストファー・デムス、次期総理・安倍晋三、鶴岡公ニ(外務省、総合外交政策局審議官)、山口昇(防衛庁、防衛研究所副所長、陸将補)、民主党・前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。テーマは「有事、戦争に、どう対処するか」では無く、「中国と日本を、どのようにして戦争に持って行くか」である。以上は裏付けが取れた正確な情報である。

以下確認が取れていない情報が延々と続くがそれは本文を見てください。

そもそも安倍晋三は一番影響を受けたという巣鴨プリズンで3年を過ごしたA級戦犯である祖父岸信介他第二次大戦を起こした責任者を守りぬくのが使命なのでしょう。

(私は中学1年の時にみんなで社会の教材を作るというので「聞けわだつみの声」のテープへの吹き込みに先生の家にひと夏通った事がある。戦前の内閣の写真を見せられこれが誰だか分かるかと言われ、私は自信満々「佐藤栄作」と答えた。今から思えば先生は戦犯が総理になったということを言いたかったのかも知れない。ちなみにその時の戦没学徒の長江の詩は今も覚えている。)

そして彼は「国が危機に瀕したときに命を捧げるという人がいなければ、この国は成り立っていかない」という「教育勅語の現代語訳」を掲げて憲法9条をなくし戦争する国を作って行こうとしている以上、上のような話は何等驚くに値しない。

そして彼はマスコミを使って言論弾圧を行う。そもそも安倍が今までやってきたことは言論弾圧の歴史。

・ 「従軍慰安婦」を扱ったNHKへの介入。

・ 朝日新聞社内の資料で追求されての「資料流出」で問題にした。

・ 早稲田で「核兵器も大陸間弾道弾を持てると、岸首相が答弁している」と講演したのに週刊誌が報道すると「盗聴した」と国会で答弁全くヒトラー張りの言論弾圧だ。

そしてそれに一役買っているのが衆院選のマスコミ作戦をやったNTTの元広報マン世耕(世耕は今度も珍重されるだろう)早く辞めてもらおう。

(あれまだ総理になってないのか!)

前の人はしっちゃかめっちゃかなやんちゃないい加減な右翼だったけえど、今度の人はアカンボーで陰気な本気の右翼どっちも国民の暮らしには無関心で日本の未来には有害です。

早くやめて・・

あれ又なんだか過激になっている。

ブログも新しくなったし上品で行こうとおもっているのだけれど・・

このひとたちは私を下品にする。

こんどは本当に削除されたりして・・・

削除されない方がいい人はクリックを!

人気blogランキングへ

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | スポーツ | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ニュース | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | パソコン・インターネット | ファスレーン365 | ブログ紹介 | ペット | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文化・芸術 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本共産党 | 日本橋 | 日記・コラム・つぶやき | 映像関係 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 立ち枯れ日本 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽 | 麻生太郎

カテゴリー