無料ブログはココログ

青春の歌24(香椎の思い出)

2018年9月24日
青春の歌24(香椎の思い出)
大津留公彦

呼び鈴を我が押す真似に逃げ去りし赤旗配布の朝の二人よ

潮風に夜明けの鳥の声を聞き登り行く君素晴らしと思う

二人して回りし香椎の読者宅香りも高く歴史ある街

香椎浜任務終わりて佇めり朝の潮風忘れえぬ日々

素晴らしき海岸線の松の波記憶の箱にしっかり残る

異常なる値上がり続くデパートに二十三歳の祝い定まらぬまま

唐突に黒き塊り怖くなる 帰りの電車に頭髪満ちる

何故に狭き車両に積めこまるる腕取りしは誰そ足踏みしは誰そ

一首選んで頂けと有り難いです。

続きを読む "青春の歌24(香椎の思い出)" »

青春の歌22(日光6)(足尾銅山見学)

2018年9月22日
青春の歌22(日光6)(足尾銅山見学)
大津留公彦

唐突に緑なき山開けたりこのままでいいと言う人もあり

卑猥なる岩膚見せる銅山の麓に残る旧社宅跡

仕事終えし抗夫の疲れ癒せしや繁栄を説く立て札残れり

閉ざされし鉱山に残りし坑道に涼しき風の吹き抜くるなり

銅鉱の今は出で来ぬ坑口に冬入る風が今出づるなり

採鉱を止めし銅山静かなり映画のロケで騒がしきとか

鉱毒にわが社はかくも気を使う飲料水になるまでも とか

補償金鼻歌交じりで払えると言いし所長は不真面目ならず

裸なる山は火事で焼けしという焼け跡もなき臭き銅山

硫酸の臭い苦しき工場抜け五月の足尾の空澄むを知る

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "青春の歌22(日光6)(足尾銅山見学)" »

青春の歌21(日光5)

2018年9月21日
青春の歌21(日光5)
大津留公彦

労働の実感とは正にこれなるか働かぬとき落ち着かぬなり

騒音が騒音として聞こえぬほど我は工場と近くなりたり

雨の降る工場の天井見上げれば緑十字の旗薄汚れたり

黄ヘルをしっかり被りエプロンを固く結びてさて仕事せん

爽快な和楽踊りの楽しき夜君と過ごさん日光の夏

別れ居る我等が生命の闘いはいつ果てるともなく続くともなく

紫の藤の一房手を遣れば雫に濡るる別れ来し後

藤の花影落つ池に一人居て憩うを覚えし五月の労働

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "青春の歌21(日光5)" »

山頭火行く

2018年9月20日
山頭火行く
大津留公彦

花はその花のようにと利休言い命を生かし徳尊ぶ山頭火

山野ではどしどし歩き人家では飄々と行く禅坊主山頭火

歩くこと兎にも角にも歩くこと山頭火なりの一切の解決

町を出て山路にかかれば句が出来る山中に捨て山頭火行く

山頭火の一代歌集「早木塔」締め括りの献辞母に捧げる

母の位牌抱えて各地を行乞する種田山頭火なる哀しき人生

山頭火考え悩む僧である 五百の句碑に悩みが残る

山頭火病めば梅干のあかさと詠み水と飯の次に来る味と

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "山頭火行く" »

沼隈葡萄

2018年9月19日
沼隈葡萄
大津留公彦

瀬戸内の陽光浴びる葡萄届く台風に耐え動物に耐え

種無しの大粒沼隈葡萄なり今年も届く遠き妹より

瀬戸ジャイアンツ黄緑色の三角葡萄皮ごと食べて妹に感謝

ピオーネの紫黒の艶のある葡萄一房食べて仕舞いぬ

ニューベリーA瀬戸内の陽を溜め込みて黒光りする神々しきまで

シャインマスカット黄緑大粒沼隈葡萄宝石のよう水滴受けて

葡萄一房弁当になり梨となる隣近所にお裾分けして

種無しでこれほど大きな葡萄はない年に一度の我葡萄長者

葡萄作りの苦労思えば頂くも徒や疎かすべきにあらず

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "沼隈葡萄" »

野分

2018年9月18日
野分
大津留公彦

鳳仙花爆ぜて故郷遠かりし 山もありたり川もありたり

自然薯の土の香りの遥かなり ねばりのありし父の山土産

野分して穂の低くなる稲田なりまだ刈られずに残りたる穂は

野分過ぎ白さを増して木槿盛る我が狭庭なり我が庵なり

ずっとずっと愛しているよ君のこと君はそうではないかも知れぬが

了解ですとボタン一つで答えては続ける言葉を考えている

Instagram放置状態なりたれど写真の置場に使ってみよう

余裕ある思いにあれば鴉の声広がりのある声調であり

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "野分" »

青春の歌20(日光4)

2018年9月17日 
青春の歌20(日光4)
大津留公彦

頭の無き石仏様は不気味なり誰が置けるや目鼻ある石

渡良瀬の水は澄めると言うなれど立ち並ぶ碑に水はなかりき

学卒に重労働はさせまじと仕事させずにおくが寂しき

妻死にて子どもは遠くに立ち去りぬ我より安き給料の人

定年を過ぎて働く訳問えば労働者には老けが来ぬという

老眼の眼鏡光らせ黙々と銅線切る人寂しと言いぬ

雨降らば人の心は和めども明日降り給うな相見る日ならば

働かぬ半日を如何に過ごせという人の動きがやけに気になる

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "青春の歌20(日光4)" »

蟋蟀と竹の春

2018年9月16日
蟋蟀と竹の春
大津留公彦

蟋蟀よ嵐の夜は寝れるか眠れぬ人も多いこの秋

死を思えちちろ虫から言われたり「メメントモリ」と言うているらし

ちちろ鳴く会話の間の効果音欧米人には雑音なるか

蟋蟀のフォービート重なる朝の庭 弄りもせずにただ聴いている

修善寺を漫ろ歩けば竹の春 空を遮りて覆いかぶさる

竹の春急性白血病死せし義母の蘇り来る面差しのあり

鬱蒼たる京都の山の竹の春車でゆっくり眺めつつ行く

嵐山の整然と並ぶ竹の春まっすぐの道上がりて下る

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "蟋蟀と竹の春" »

青春の歌19(日光3)

2018年9月15日
青春の歌19(日光3)
大津留公彦

学者なる友飽きもせず岩を剥ぎ何か見ておりさわやかな日に

裏見なる滝をくぐりておおらかな気持ちになりて鳥と寝転ぶ

金の輪と指の隙間に太陽を盗み見ており裏見の滝奥

腹這いて岩に頬をあてなつかしきその暖かさに目を閉じるなり

岩に這わば時の過ぐるを忘るるなり夏の立つ日のしばしの思いに

石碑より水音聞こゆ大谷川含満ヶ淵の夕べの静けさ

我に似し石仏様の長き顔座禅を組みて河行くを観る

居並べる御仏の顔ことごとく違うを見つけて逃げ帰るなり

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "青春の歌19(日光3)" »

行く夏の記憶

2018年9月14日
行く夏の記憶
大津留公彦

薄紅の乙女の頬の新生姜 妻の料理の定番品なり

ぬか漬けに黴の生えたる日曜日 ひっくり返しをしてみたれども

黴の香を振り払うべく風通す 塵の溜まりし北向き我が部屋

黴ている文通記録二百通 自分からでないと妻言う

一期一会ここに西瓜を食うことも 種田山頭火混じりて食う

「連畳の擬音」を子規は好みしか法師蝉でなくツクヽヽボーシ

子規の如夏菊ひそと愛すなり 虫の木陰に隠れて小さし

蚯蚓鳴くリーガルマインドからはどうか 法律と短詩系文学近いか遠いか

一首選んで頂けると有り難いです。

続きを読む "行く夏の記憶" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 717短歌・俳句勉強会 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | ファスレーン365 | ブログ紹介 | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 希望のまち東京をつくる会 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 日本共産党 | 日本橋 | 映像関係 | 映画 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 種田山頭火 | 立ち枯れ日本 | 立憲民主党 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芝居 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽

カテゴリー