無料ブログはココログ

新日本歌人2017年9月号 10首選

新日本歌人2017年9月号 10首選

今月も挽歌が多くなりました。他にも取りたかった歌があるのですが、よく見知った人もあり選に入れない訳には行きませんでした。
今までは私のよく知った人は選に入れませんでしたが今後はその制限は無くす事にしました。

p5 眠れずに田賀さんを呼べばあらわれて「また泣いたの」と優しく言われる
東京 滝沢教子
(この作者の滝沢さんも先ごろ亡くなった。投稿と発表のずれが挽歌を絶詠とした)

p9 夫が逝き娘も逝きひとり散歩する川辺に変わらぬ瀬音聴きつつ
長崎 長崎田鶴子

p18 ほんのりと白粉花の立ち匂ういつまた逢える約束もせず
大阪 乃木倫子

p20 舗装にも負けじと咲きしたんぽぽは僅かな土を謳歌しており
東京 兵頭喜美代
(最近入会された方です。)

p20 伝えたき溢るる思いを絆とすニュースの一文字疎かならず
茨城 深谷武久
(組織部員の組織強化へ向けてに思いが溢れてます。)

p24 僅かなる戦争の記憶呼び起こせり安保法制訴訟の陳述書かく
群馬 村岡邦三
(私もこの原告団です。友人が事務局をやっています。)

p31 「降らないねえ」「降りませんねえ」「降らんなあ」道の駅での出荷時の声
滋賀 峯森あや子

p32 機動隊員と真向かいてたじろがぬ若い母へのひそかな拍手
茨城 木下かおる

p33 爆破した
電車に立ったまま死んでいる
ハンドル持った運転手
長崎 岡本博
(この方も最近入会された行わけの方です。)

特選 p77 インクの匂う協会誌持ち柩にと言いくれし人あり涙の顔で
神奈川 小林加津美
(お姉様である河村澄子さんへの挽歌です。先月に続けて小林さんの挽歌を特選とさせて頂きました。)


続きを読む "新日本歌人2017年9月号 10首選" »

河村澄子さんの為に

小林加津美様のご了解を頂いて弊メールを紹介します。

小林加津美様
河村澄子さんの四十九日法要でお配りになった冊子「ふたたび 私の庭に」をお送り頂きまして有難うございました。読ませて頂きました。以下に感想を書かせて頂きました。
最初の頁の「姉・河村澄子へ」の最後の歌
姉の分も生きて詠むようにと碓田のぼる涙ふき出て返事もできずに感動し、
姉からの大き贈り物この短歌生あるかぎり詠み続けたしに心からのエールを送ります。

澄子さんの歌を引きます。
ゆいクンのママが戻るのは夜十時どうやって待っているのだろうか
(啄木コンクールの佳作の「子ども食堂」の中で私が一番好きな一首です。今、教育ボランティアをされているという前川元文科省事務次官の思いと重なるものを感じました。)
知る人は夫と姑のみの大都会葉書に埋めた心細さを
(帯広から横浜に出て来た時の心細さを、九州から東京に来た自分の妻が同様に持っていただろうと思い共有しました。)

澄子さんと私の歌友の歌の一部だけを引きます。
背筋良き息子ふたりを育みてみ棺に靜けく友は逝きにき
佐藤久美子
(この冊子の蓮の花に乗る澄子さんの絵に添えられた歌で、確かな親子関係も感じさせます。)
入院前「ちょっと"別荘"へ行って来る」冗談めかした笑顔残して田之口久司
(確かに、冗談を言う明るい人でした。)
病室の河村さんより励まされ「啄木コンクール」初めて応募す
白井恵子
(河村さんの遺志はここに引き継がれた。)
友であり歌の師である君逝きぬ我らに歌会の後事を託し加藤文裕
(後事を託された文裕さんは河村さんの代わりに新日本歌人の常任幹事になられた)
亡き人に「光陽印刷」への道教わりき「鯛と亀」との看板見よと森田ヤイ子
(河村さんの雑誌の校正場所への道筋の目印が「鯛と亀」だったか。)

小生が葬儀に行く時に作った歌です。

大津留公彦
黒背広着て東横線に聞くサン・サーンス温かき日に妙蓮寺まで
ショーソンのバイオリンの曲哀し河村澄子は春召されたり
全幹や啄木祭の準備終えお通夜の席に今向かいおり
昨日は雨今日は満天の蒼空なり故人の道行き安らかなれと
蒼穹にG線上のアリア流れ逝く人送る修辞の如し
大津留公彦

以上

続きを読む "河村澄子さんの為に" »

金丸辰雄さんの歌集「風が少し出た」を読んだ

金丸辰雄さんの歌集「風が少し出た」を読んだ
金丸さんとは1975年位に八丁堀区民会館で開かれていた新日本歌人の東京歌会でご一緒していたがこの本は1974年4月に出されており、お知り合いになる前に出された歌集です。
歌会では福田稔さんとの掛け合いがいつも面白く友人であるが故の辛辣な批評をやり合っていた。
佐々木妙二さんが間に入って纏めるというような感じだった。
その時の歌が残っていればいいのだが残念ながら私の手元にはない。軽妙洒脱な歌や着眼点のユニークな歌があった。
あとがきにはこうある。「歌はごらんのとおり日常生活の感情の起伏を日常用語で伝えようとしただけで、口語を破調の乱用が行われておりますが定見があってのことではありません。事柄に執着して、あるいはそのときの心の状態にできるだけ近くありたいとなりふりかまわず陳述いたしました、とでも申し上げましょうか。定型詩への勉強の不足かも知れません。」
歌を見て詩という理解をされる方もいるかもしれませんが、概ね二行書きで文字数の長い三行書きのものもありますが、現在の「新日本歌人」の行わけ欄の作品と比べれば定型歌の範疇だと思います。
作品を紹介します。

p3 自分で自分を責めさえしなければ、係長であり共済会長でさえある
p11 ほんとうにみんなの為めに働いたか、委員長であることを保身の一つとして
p21 自分の娘が若い男と語り合うのがこんなにも淋しいものか、障子隔てて
p36 先に勤めにゆく妻が先に顔洗う、シャツの背中の骨尖らせて
p41 これなら仕事が出来る数字と、これなら仕事が落ちる数字を並べてはみるが
p57 単純に女を美しいものと思うな、強制収容所を胸張って歩く女看守も女
p58 ヒトラーの隠し女があらわれて顔をしかめるように笑った
p67 ランプの灯に近づけて読んだ故、ぼくの三四郎も門も煤けている
p91 地面にあご押しつけた犬が目を開けて、通りすぎるぼくを見つめている
p109 ぼうと(暴徒)に加わった家と今も呼ぶ親しい語感、桃咲く土蔵の家
p144 自分の文体を持たない奴に自分の思想があってたまるかと、お前は今晩何にたかぶる
更にあとがきはこう書いています。
「それにしても少ない言葉で人生に相わたる発言がゆるされるこの短か歌の様式を手軽な道具として親しんでまいりました。私の興味は所詮「事柄」ということの範囲は出ないでありましょう。この世の中にはまだまだ私にとって未見の事柄がみちていると思い、これからも歌を書き続けてゆきたいと思っております。」
もっと沢山の歌を見せて頂きたかったです。
その時偶々歌会に参加した妻と歌会の帰りに啄木の墓など、浅草を案内して頂いたのが懐かしい貴重な思い出です。

続きを読む "金丸辰雄さんの歌集「風が少し出た」を読んだ" »

「新日本歌人」誌2017年4月号の10首選

久しぶりの「新日本歌人」10首選です。

p2 息子が来て妻と話している間私はゆっくりお風呂に入る 東京 石山隆

妻からかたときも目を離せない状況が伝わります。頑張って下さい。

p10 ひと口の白湯がおいしく飲めた朝啄木コンクールの構想を練る 神奈川 故 河村澄子

啄木コンクールの佳作になりました。天国で喜んでいるでしょう。まだ天国までたどり着いていないかもしれないが。

p38 病みて見る荷物の数々色褪せぬ使うからこそ意味ある物等 大阪 下林敦子

物が病を語っています。

p46 天ざるとB定食を注文し分けつつ食べる二人の流儀 茨城 深谷武久

今や毎朝の話題の奥茨木の定食屋でしょうか。ほのぼのします。

p50 twentyをツゥウェニーと言いて音くづし歩き方まで変わりゆくきみ 福岡 田村柚

若い感性ですね。なるほどと納得しました。

p50 鬱の字の一画のよう初春のバーゲンセールのエレベーターの中 大阪 辻井康祐

独特の把握ですね。類歌があるかも知れないが独自の視点だと思います。

p52 汚染されし田畑を占めて泡立ち草貴の群落のほしいままなる 福島 永井幸雄

東日本大震災から6年が経ち自主避難者の東京の住居が4月から無くなりホームレスになるしかない事態が起こっている。私たちこそが歌い続けなければならない。

p60 歴史とは螺旋のようだ。
自由律、行分け短歌に
 受難ふたたびー
    青森 木村美映

「旅の目的は、とある口語自由律結社の歌会であった。」と頭書があった。自由律が盛り返す事はあるのだろうか?

p70 わが夫は逝くを受容し門をいで付き行くわれは鍵をかけにき 奈良 宮森よしこ

悲しい光景です。静かな中に鍵をかける音が聞こえるようです。

p70 ああでもなし、こうでもなしと「専門家」(コメンテーター)の痒き所に届かぬ孫の手 大阪 向山潔

欲求不満が「孫の手」につながるのが面白いですね。

以上

これからもなるべく毎月10首選をやりたいと思います。
ーー
明日10時から三郷啄木祭です。

新日本歌人協会小石雅夫代表幹事が参加し挨拶する事になりました。
参加出来なくて視聴が出来る方はこちらでお聞きください。
*twicas生中継 http://twitcasting.tv/kimihikoootsuru

続きを読む "「新日本歌人」誌2017年4月号の10首選" »

追悼 檜葉奈穂さん

3月4日新日本歌人の選者で私と同じ短歌同人「炎」同人であり入院中であった北海道の檜葉奈穂さんが亡くなりました。

謹んで哀悼の意を表します。

平和万葉集巻四には檜葉奈穂さんはこういう歌を寄せている。

 

サイパンの玉砕の報なまぐさき八歳の日の風を忘れず

 

碑面に新しき名は刻まれて原爆投下とこしえの罪

炎というのは7人の小さな同人誌であるが、そこに檜葉さんは女流歌人の評論を寄せられていた。

それが以下の本となって出版されている。

現在は宮前初子論を連載中だったが未完に終わった。残念ながらもう出版される事はないだろう。


「新日本歌人」2015年5月号6月号10首選では私はこう書いている。

 小さきものなべて愛し抱かるる児を見るたびにとろけそうで 
P67 檜葉奈穂 北海道
→ 何のてらいもきらいもないちいさきものへの無条件の賛歌である。檜葉さんは小さきものを見るのが楽しみだが、私は檜葉さんの歌を読むのが楽しみである。


3月5日の通夜への弔電に添えて以下の歌をお送りしました。

 

闘いに生きしあなたの歌に哭ニットの帽子の尼様の歌

この歌は新日本歌人3月号の月集に掲載されたこの二首の歌への返歌です。

 

日々かぶるにっとの帽子生えそろうまでは尼様も悪くはないか

 

朝々を礼する鏡にあらわれてでデジャ・ビュのような尼様がいる

4月号にも歌が投稿されており、作家活動と評論活動への復帰意欲が満々であったのに突然の訃報が大変残念であった。

最近の歌に病気にめげるような歌は全くなく、むしろ病気を笑い飛ばすような明るく楽しい歌ばかりである。

檜葉さんを失ったことは残念で仕方がない。

私は北海道に出張したときに炎の代表の山本司さんが北海道の炎の同人を集めてくれ、他の短歌結社の代表をしていた檜葉さんと初めて会った。
食事をしながら新日本歌人の購読者になって貰うことになったが別れ際にやはり会員になって貰わないと歌がだせないので是非会員になってくれと粘り結局会員になって貰った。
もし会員になって貰わなければその後の新日本歌人での活躍はなかっただろう。

その後の彼女の新日本歌人での活躍の様子を見るたびに私は密かに自分に自分を自慢していた。

「檜葉奈穂を新日本歌人に入れたのは俺だ」と、、

檜葉奈穂さんに関して以下書いています。

檜葉奈穂著「歌人探究 成田れん子論」を読みました

現代短歌研究会のご案内(ミューズへの挑発)への辰巳泰子さんのメッセージ

檜葉奈穂さんの本

檜葉奈穂

檜葉奈穂さんの冥福をお祈りして合掌!

平和万葉集巻四刊行記念のつどい

日曜日の集会の報告です。100人の参加でした。
以下メモです。
平和万葉集巻四刊行記念のつどい(日時2016.11.27 場所 日本教育会館)

刊行委員会報告 小石雅夫

巻1は1986年 巻3は2000年(周辺事態法、盗聴法、のあった年)加藤克己、近藤芳美、中野菊夫、武川忠一、碓田のぼるが刊行発起人)
今回は81人の刊行賛同者(ジェームス三木、湯川れいこ、中西進さんを含む)があった。
募集途中で戦争法を巡る攻防があった。
9月19日の平和万葉集巻四募集講演会はそれが強行採決された日で国会に行く人が多くて50人弱だった。
鳩山由紀夫元総理から応募があった。
鳩山さんからは一首だけだったので1232人の応募で2463首となった。
鳩山さんの歌を紹介します。
梅匂い 島を愛でつつ桜花舞う 幻の夜か ファシズムの音 鳩山由紀夫

発起人挨拶 水野昌雄

万葉集という名のついたものは多いが1200人応募した平和万葉集は特別の意味がある。
今朝の朝日新聞に万葉集の歌が紹介されている。後の人が見たら当時の事がよく分かるだろう。第五章の生活に根差した歌が独特。生活を基にして社会を歌うタイプと行動を通して社会を直接歌うタイプがある。
南スーダンに出兵したばかりなので万葉集の防人の歌を思う。
第五巻をすぐ出したい位の情勢だと思う。

トーク

芸術と自由 梓志乃
この地球に戦の絶えることなくて 宇高く訴える平和憲法
凛々と冬の海辺に声を響かせる子らの未来に闇よ訪れるなゆめ
丹青 遠役らく子
ふるさとの祝島なる原発の中止を願ふ美しき海を
メレヨンの慰霊名簿を清めむと兄の名の上幾度も濡らす
短歌人 蒔田さくら子
この歌集に出した歌は88歳の老人の遺言です。
こういう会をまだ持てることを大事にしたい。 
まひる野 横山三樹
92歳で創刊同人の唯一の生き残りです。
昭和19年に入学、昭和20年に入隊 兵隊で千葉の海岸に穴掘っただけ。
新宿の駅で玉音放送聞いたが決戦か否か分からなかった。
憲兵の腕章を巻いて街をぶらぶらした。
1、 任地は問わない2、家族と別れられる 3、上官に逆らわない。に全て✖と答えたらひどい目にあった。
新墾 橋本左門
皇后が憲法の常道を語りたまふ 宰相の妄動常軌を逸すれば
ぬばたまの闇に溶け堕つ核の澱へ行方も知らぬ滝桜舞う
福岡の九電前のテントの青柳さんから歌を毎日送れと言われ今日で連続1583首目となる。

会場から

坂口大五郎
軍服の祖父に聞きたい あなたにはインドネシアはどうでしたか、と
その頃に生まれていれば迷わずに僕も突撃したのだろうか
林美恵子
80代、90代の人の話を聴いて生きる勇気をもらった

短歌ピースリーディング(略)

続きを読む "平和万葉集巻四刊行記念のつどい" »

TPP特別委員会の強行採決に満身の怒りを込めて抗議する!

別の4つの記事のようにTPP24のギモンのそれぞれに短歌を付けました。

衆議院TVでTPP特別委員会の模様を見ながら書いたが、国会というものの虚しさを感じる半日だった。

TPP特別委員会の強行採決はされたが、月曜はおそらく野党は山本農水大臣(と特別委員会委員長)の不信任案を出すので国会はどうなるか分からない。

来週からは参議院の審議も始まる。

8日には大統領選挙がある。どちらが勝ってもTPPについてのアメリカの否定的な発言が出る。

12月15日にはロシアのプーチンが来るので大幅の会期延長は出来ない。

TPPを流動化させるチャンスは十分にある。

みんな 頑張って行こう!!

強行採決時の短歌です。


国会外の抗議の声が聞こえ来る TPP委員会沈黙の中

「山本やめろ!」のシュプレヒコールが聞こえ来る 委員会室安倍足組み替える

「これより日本共産党の質疑時間に入ります」無人の野党席無人のままに

委員長の指名ない中自民委員賛成討論勝手に始める

自公維の賛成討論・採決も怒号の中で何も聞こえず

続きを読む "TPP特別委員会の強行採決に満身の怒りを込めて抗議する!" »

市田志ん句歌集「幾山河」を読んだ

市田志ん句歌集「幾山河」を読んだ。

日本共産党の副委員長市田忠義さんのお母さんの句歌集とエッセイである。

市田忠義さんのお母さんから受けた影響をすごく感じた。

この本は26年前の自費出版の新装版だがお母さんの思いには普遍性があり新刊本のようだ。

「自分の人生で一番辛く悲しかったのは、自分のお腹を痛めた子を四人も戦争とかかわって亡くしたこと」というお
母さんのことを市田さんはよく演説会でされるという。

そしてこの句を紹介するという

  飢えに泣き弾丸(たま)におびえて娘(こ)は逝きぬ 志ん


共産党の文化面をリードする市田忠義さんの句歌集もいずれぜひ読ませて頂きたいものだと思います。


俳句も短歌もやるものとしては両方の作品に興味があった。

いくつかの俳句と短歌を★コメントをつけて紹介します。 

続きを読む "市田志ん句歌集「幾山河」を読んだ" »

本田幸世さんの歌集「地の星」を読んだ

我が新日本歌人我孫子支部・湖畔短歌会の歌友である本田幸世さんの第一歌集「地の星」を読んだ。

福島の放射線事故による被害によるごみ焼却場からの焼却灰の一時保管場所を我孫子市と印西市の境界線上にまたがる地域を保管場所とすることへの反対運動を行い持ち帰らせた運動を担った本田さんの、そのことを読んだ短歌から始まり放射線廃棄物処分場反対運動、菜園作り、家族のこと、旅行詠、その他を詠まれている。

あとがきで書かれているように母と祖母の影響で文学少女育ち、その後も読書を続けその豊富な語彙でいい歌をたくさん作られている。
その中から315首を選び逆編年体でこの歌集を編まれました。

以下項目別に歌を簡単な説明★を付けて紹介します。

ーーー

放射線廃棄物処分場反対運動

フクシマの女はかなし みずからを「鬼なるぞ」とて面着けて行く
★「鬼なるぞ」がつらい

突然の搬入あれば声挙げて炎暑の真昼を一歩も退かず
★逞しい非暴力の実力行動である。

ヒルガオも赤詰草も咲き見張りいる目にも沁み来る羞しきくれない
★処分場反対運動の見張り時にも本田さんの目は鋭い感性で自然に注がれている。
社会詠であり且つ自然詠であり、いい歌だと思います。

菜園作り

退職金で墓を買うという夫を説き九十坪の菜園あがなう
★こうして菜園作りが始まったということを知った。

植え付けし馬鈴薯の芽は伸びいるか土のささめき足裏に聞く
★「土のささめき足裏に聞く」のは農民の心だろう。


青びかる地の星となり畑隅にまろかに眠る早春の蜥蜴よ
★歌集の題となった歌である。

家族のこと

枕くことの無くなりてより目醒めたる君への想いに手のひら重ね
★夫君は幸せである。

貧窮の人らの味方になると子は溜めきし思いを迸らせる
★本田さんは素晴らしいお子さんを育てた。社会派弁護士がこの後の時代をリードしていくことだろう。

旅行詠


飾り瓦の江戸店風の呉服屋に白足袋あがなう子の婚のため
★我孫子支部で流山の吟行会に行った時の歌である。新川屋という呉服屋で買われたのを見ていた。

館跡に見はるかしつつ故郷を語る歌友の声昂ぶりゆけり
★ふるさと巡りで栗駒山に行ったときの歌である。この歌友とはしばらくお会いしていない。

その他の歌

心ならず退会せしがふたたびを心踊りて歌会にいる
★本田さんは一度歌会を離れてまた戻って来られた。
その時にまた本田さんのいい歌を味わう事が出来てよかったと思った。

振り向けばわが裡の野に少女居て駆けてくるなり頬赤くして
★こういう思いは自分にもあった。表現が見事である。

われ亡きのち黄灯るらん棘ばかり荒々太る柚子の大馬鹿
★不思議な歌である。
はっきり言ってこの歌を作られた思いはよく分からないだ非常にインパクトのある歌だと思った。

以上です。
一読をお勧めします。(申し込みは著者または本ブログのメール送信で)

ご参考

朝日新聞 2016年5月19日
千葉)放射能汚染問題を直視 我孫子の本田さんが歌集

いりの舎
「新日本歌人」「合歓」に所属し、自然を愛する著者の315首を収めた第一歌集。


続きを読む "本田幸世さんの歌集「地の星」を読んだ" »

歌よみはもの言うなかれひたぶるに一首にいのちかけて死ぬべし

今日は九条歌人の会の短歌サロンで日野きくさんの森川平八についての話を聞いた。

森川平八とはこういう人である。

生年大正4(1915)年11月8日

没年昭和63(1988)年2月28日

出生地東京

学歴〔年〕早稲田大学国文科〔昭和17年〕卒

経歴窪田空穂に師事し、「槻の木」入会。「まひる野」を経て、新日本歌人協会に参加、渡辺順三に師事する。「短詩形文学」同人。歌集「北に祈る」「地に描く」のほか、「短歌文法入門」などがある。


コトバンクより引用


日野さんの講演の後の感想で皆さんが挙げた歌を紹介しよう。


印象的だったのは歌集「北に祈る」のに収録されたシベリアの抑留体験の歌で、この歌などは極め付けのさむざむしい歌である。


その君が死んだら貰ってゆくと真剣に言う毛布なき友は

比較的晩年のこういう歌群れがある。


しり込みする己れむちうち壇に立つ軍拡阻止は裡ばる命ぞ


★今読まれるべき歌だろう。


わが脚で歩むほかなき残生と思えば親し舞う春の雪

★わが脚以外に歩むものはない。


ウイーンフィルの弦の合奏澄みわたりモツアルト響る何の涙ぞ


★これはモーツアルトの四十番ト短調だという


一番感銘を受けたのはこの歌です。


歌よみはもの言うなかれひたぶるに一首にいのちかけて死ぬべし

★歌人に理屈も大言壮語も要らない。

歌人は一首にいのちをかけるべしという事だろう。

窪田空穂の歌集「北に祈る」の序文の一部を歌人に紹介して終わります。

技巧に走る又は目新しさのみを追う歌人を思い起こしながら

「正直で、勤勉で、一本気で割り切らずにはいられず、したがって怒り易く喜び易い人である。そうした森川君が弱者といううち、珠に貧者対して深い同感を持ちひ、その延長として強者即ち富者に対して反感を持っているのは当然の成り行きである。」

「短歌芸術の根本的要諦はその人その時に身についている気分を純一無雑の態度で表現するところにある。これは動かし難いものである。もし新しい思念を加えようと思うならば、その思念の熟して自分の気分に化する日を待たねばならない。その関係は新しい命が母の胎内で丁度な発育をまたなければならないのと酷似する。それを待つことを怠ると、勢い技巧にすがることとなり、情熱の少ないものとなってゆく。抒情詩の読者に訴えるものは情熱で、情熱は魅力の別名である。私は森川君の帰還後の歌を読み、この点についての一考をもとめずにはいられない感を起こした」

ーーーー
九条歌人の会の短歌サロンは奇数月の第三土曜日に行われております。
場所は喫茶店パンドラです。
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-8-1
TEL:03-3553-7487

次回は3月19日(土)14時中西洋子さんによる柳原白蓮についてのお話があります。
5月21日は片山洋子さんについての話があります。

続きを読む "歌よみはもの言うなかれひたぶるに一首にいのちかけて死ぬべし" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 717短歌・俳句勉強会 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | ファスレーン365 | ブログ紹介 | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 希望のまち東京をつくる会 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 日本共産党 | 日本橋 | 映像関係 | 映画 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 立ち枯れ日本 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芝居 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽

カテゴリー