無料ブログはココログ

カテゴリー「テレビ」の記事

2015年3月28日 (土)

大人になろうと思って何も言わなくなったら、自分が変えられたことになってしまう

20150327231724sdofip


3月27日夜22時に放送されたテレビ朝日の報道ステーションで、元官僚の古賀茂明氏が「I am not ABE」というフリップを紹介しました。

古賀氏は今回が報道ステーションに出演する最後の機会になると見られていることから、思い切って言いたいことを言ったようです。
司会の古館さんと人事や放送圧力の問題でちょっとした言い合いみたいになる場面もありましたが、ガンジーの言葉として

『1人騒いでも社会は変わらない。大人になろうと思って何も言わなくなったら、自分が変えられたことになってしまう』。

が最後に紹介されました。

元経済産業省官僚の古賀茂明さんという人は意外とすごい気骨のある人だと思った。

この方の去就とテレビ朝日の去就を注目したい。

この日の動画は朝は見れたのですが夜になって削除されたようです。

この番組終了直後のiwjの岩上さんのインタビューとマスコミ記事を紹介します。


【速報】「報道ステーション」終了直後の古賀茂明氏に岩上安身が緊急直撃インタビュー!降板の内幕を衝撃暴露

★ 4月2日15時からCh1で改めて古賀茂明氏へのロングインタビュー決定!お見逃しなく!
 ➡➡➡ 【Ch1はこちら】

 番組内で「I am not ABE」のプラカードを掲げ、安倍総理を批判した元経産官僚の古賀茂明氏は、3月いっぱいでテレビ朝日「報道ステーション」を降板となった。

 最後の出演となる2015年3月27日、古賀氏は再び番組内で「I am not ABE」のプラカードを取り出し、堂々安倍政権批判を展開。番組に緊張が走った。


 「テレ朝の早川会長や古舘プロダクションの社長の意向で、今日で報道ステーションを降板することになった」「菅官房長官は陰でものを言うのではなく、直接自分に言ってきて欲しい」。

 官邸の圧力によるテレビ朝日、大手メディア内部の自粛と転向を暴露し続ける古賀氏に、番組終了直後、岩上安身が緊急直撃インタビューを行った。

 番組、テレビ局内部に、今何が起きているのか。官邸の圧力はどのようなものなのか。そのリアルな内幕を赤裸々に語った。以下、ぶら下がりインタビューの実況ツイートとともにお伝えしたい。

 なお、古賀氏へは4月2日15時からCh1でロングインタビューを予定しているので、降板劇のより詳細な実情はそちらをご覧いただきたい。今、日本がどのような危機におかれているのか。岩上安身がその深部に迫る予定だ。

明日(3月28日)18時より、2月2日に行った岩上安身による古賀茂明氏インタビュー第一弾の模様を、【会員限定】で緊急再配信します!この機会にぜひ会員となっていただき、IWJのこうした取材活動を直接お支えください。会員ご登録はこちら

※以下、青山斎場前での古賀氏出待ちの様子から、到着した古賀氏へのインタビューまでのノーカット動画です。古賀氏へのインタビューは動画開始50分後からです。(インタビューのテキスト起こしはページ下部にスクロールしてください)


【訂正】動画内で岩上安身が今井一氏の話として「『古賀さんは絶対に岩上さんのところへは行かない』という証言がある」と発言していますが、後に聞き間違いであり、実際は「古賀さんは絶対に岩上さんのところへ行く」という証言でした。こちら、謹んで訂正いたします。

記事目次
■菅官房長官が「放送法違反だ」と裏で圧力をかけている!?
■番組終了後、吊るし上げに反論「日本の報道がどうなっているかの議論のきっかけになれば」
■「皆が転向していっている」今の日本はかつてない危機的状況
■今後の動きは?「簡単には死にません。再生します」
【以下、インタビューの模様の実況ツイートをリライトして掲載します】

■菅官房長官が「放送法違反だ」と裏で圧力をかけている!?
岩上安身「報道ステーション、最初にアドリブで降板に至った経緯を話したところで止められましたね」

古賀茂明氏「官邸に抗議することが今回の目的でした。古舘さんは私に『何もできずすみません』と言っていたのであれくらいいいかと思いましたが、古舘さんには立場がある。

 古舘さんとはとても仲良くしていただいていたので、止められて、非常に驚きました。だから『言っていることと違うじゃないか』と言わせていただいた。『I AM NOT ABE』のプラカードを出し、『なぜあそこまでするか』と思う人も多かったでしょう。

 何もなくプラカードを出せばただの馬鹿ですが、官邸が個人攻撃をしてきているんです。菅官房長官が、名前を出さず、私を批判してきています。『とんでもない放送法違反だ』と裏で言っていると聞いています。それは大変なこと。免許取消もあるという脅しですから。

 脅されて、常に不安を持ちながらも『黙ってはいけない』ということで、無理矢理、自分を追い詰めていました。ガンジーが言っていたように『1人騒いでも社会は変わらない。大人になろうと思って何も言わなくなったら、自分が変えられたことになってしまう』。

 僕はいつもそう強く思っているので、攻撃されて黙るのではなく、言われたら言いたいことをどんどん言うつもりでやっています。テレ朝には申し訳なかったですが、私がいきなり言ったので、誰の責任にもなりません」

■番組終了後、吊るし上げに反論「日本の報道がどうなっているかの議論のきっかけになれば」
古賀氏「最初『I AM NOT ABE』のときは事前にやるとスタッフに言っちゃったんです。あとで(上から)言われてしまったようなので、今回は内緒でいきました。僕としては最大限気を使ったつもりですが、突然ですから裏切りだと思う人もいると思います。

 今日は番組後に、報道局長をはじめガンガンガンガン言われました。あんなニュースと関係ないこと言うのはおかしい、事前に言ってくれないのもおかしい、と。でも僕は、話す内容を打ち合わせること自体が変だと思っています。

 彼らは『そんなこと突然言われても世の中の人は何もわからない』といいます。わからなくてもいい。日本の報道がどうなっているかの議論のきっかけになればいいし、『番組を私物化している』などとも言われましたが、僕は自分の利益でやっているわけではないんです。利益を考えたらこんなことはやりませんよ。

■「皆が転向していっている」今の日本はかつてない危機的状況
古賀氏「官邸や政府はマスコミをどう押さえるかに力を入れています。僕達数少ない人間が戦う場を与えられれば活用します。しなければ、日本がとんでもないことになる。『変な人だ』という人もいると思う。でも、普通の人はまだ危機的状況がわかっていないと思う。

 政権が圧力かけるのは日常茶飯事です。私ももともと経産官僚なので。今行われているのは、『計画的にどう報道を抑えていくか』ということです。みんながどんどん転向していっている。官邸の偉い人とご飯を食べて、審議会にどうこう言われれば、みんな(報道姿勢が)変わるそうです。自民党の偉い人は、『民主党のブレーンも俺たちの味方だからね』と言っていました。

 ただ、たった一人だけ転向しなかった方がいるそうです」

■今後の動きは?「簡単には死にません。再生します」
岩上「今後、古賀さんはどうしていくのでしょう」

古賀「これで東京でのキー局出演は当分ありえません。でも、これで自由にもなったので、いろいろやっていきたい。今後は『フォーラム4』をやっていきたいと思います。サイトがあるので検索してください。

 最近、テレビを降ろされた人が沢山います。死屍累々と。でも落胆はしていません。みんな元気です。そう簡単には死にません。再生します」

岩上「今日はわざわざ青山墓地前からお送りしました(笑)」(了)

続きを読む "大人になろうと思って何も言わなくなったら、自分が変えられたことになってしまう" »

2015年1月17日 (土)

阪神・淡路大震災から20年(過去記事と関連番組紹介)

 今日1月17日は阪神・淡路大震災から20年となる。

借り上げ住宅制度ができたのは1996年、阪神・淡路大震災の被災者が入居したのが最初で、20年の「借り上げ期間」が来るそうです。
返済困難な人は免除すべきです。
政治の果たすべき役割はここにあると思います。

被災者の厳しい現実に国連は2002年に被災高齢者のケアや住宅ローンの返済の援助などを日本政府に勧告しています。

「住専」処理には税金を投入しながら個人補償を「資本主義国だから」と自社さ政権が拒否したことが問題の原因です。
それでも小田実や共産党の奮闘で「被災者再建支援法」が出来、住宅再建に最高300万円が支給されるようにはなっています。
また復興公営住宅の戸数増や家賃低減などの多くの要求も国民の運動で実現して来ました。
支援法の更なる拡大や借り上げ住宅や災害援護資金問題が求められています。


阪神・淡路大震災については今までも多くの記事を書いてきた。
さわりだけ紹介しあmす。

2009年1月17日 (土)
震災が終わるわけない

今の「派遣切り」をはじめとした「労働災害」は派遣法改悪により起きた政治災害だが、阪神淡路大震災の被災者の被害者への直接救済がない事は故小田実が言っていたように人災です。
今の若者の中には日本がアメリカと戦争をしたことを知らない人がいるそうですからいずれ阪神淡路大震災の事を知らない人も出て来るのかも知れない。
しかし過去を正確に記憶し記録しないと未来に対して盲目となる。

未来の為に戦争と同じく震災も正確に記憶したい。

2010年1月18日 (月)
大震災15周年特集ドラマ「その街のこども」を観た

不思議なドラマだった。
どこまでが震災当時10歳で地震を経験した森山未來と13歳だった佐藤江梨子の実話かわからない。
会話などはおそらく事実なのだとおもった。
それくらいリアリティがあった。

震災の経験者である二人にしかできないドラマだったのだろう。

佐藤江梨子は最近、ナチス強制収容所での体験を綴った「夜と霧」を読みなし、「いい人が先に死んでしまった」という言葉にいろいろ思い出したという。

震災で亡くなった友達の「ぼろぼろになったおっちゃん」と合いベランダのおっちゃんと手を降り合うシーンでは涙が出た。

15年前我が家は大阪で地震を経験した。
3人の死者が身の回りに出た。
阪神/淡路大地震全体では6434人の死者が出た。

ハイチの地震では死者が20万人を越えるかもしれないという。

戦争のためではなく地震のために人間は備えなければならない。


2011年1月17日 (月)
一人で黙祷した

今朝起きて@twryossyさんの季語を見て今日は17回目の震災記念日だとわかる。
5時半に起きてテレビを付けパジャマのままテレビに向って5時46分に一人で黙祷した。
妻や娘は忙しく身繕いをしていた。
黙祷の後テレビは神戸の「ふるさと」の合唱の模様を映していた。

思い起こせば家族4人高槻で地震に遭った。
幸い私たちは大きな被害に遭わなかったが、私の回りで震災被害者の数に入らない間接被害者3人が亡くなった。
万感の思いのある今日01月17日である。


2008年1月17日 (木)
黙祷を捧げました

当時私たち家族は大阪・高槻市に住んでいました。
朝突然の揺れに目覚め、ガスの元栓を閉め一箇所の布団の中に居ました。
その後ジェットコースターのように上下左右に揺られました。
それだけで気分が悪くなる位の揺れでした。

続きを読む "阪神・淡路大震災から20年(過去記事と関連番組紹介)" »

2013年10月 3日 (木)

みのもんたの息子の犯罪容疑でテレビは持ちきりだが

みのもんたの息子の犯罪容疑でテレビは持ちきりだ。
フジテレビの今朝の番組ではそればかりやっていた。

他に大事な事が山ひどあるのにと言いながら会社の皆と見ていた。
どうも裏があるような気がすると言いながら見ていた。

どうもやはり裏があるようだ。
最近みのもんたの番組は見ないがなかなか原発汚染水関連で踏み込んだ発言をしていたようだ。
特に
(「東京と福島は250キロ離れているから安全です」あの一言はひっかかったね)
東京電力の処理に470億出すがオリンピックには6000億出すというのはおかしい
という発言は原発推進派の逆鱗に触れる発言かも知れない。

真偽のほどは分からない。
しかしこういう情報があるというのも知っていて損はないだろう。
 
以下記事紹介

続きを読む "みのもんたの息子の犯罪容疑でテレビは持ちきりだが" »

2013年6月 6日 (木)

『旅のチカラ』でサヘル・ローズさんを観た。

昨日のNHK BSプレミア 夜の9時から『旅のチカラ』でサヘル・ローズさんを観た。

イラン・イラク戦争の空爆で家族を失ったサヘルはがれきの下から救い出してくれた女性を養母として7歳で日本にやってきた。

その苦労された人生は有名だが自分の原点を確かめるため故郷イランへの旅のチカラを探す。

サヘルの放送があると私のこの記事が検索されるようでアクセスが増える。
どこかで放送があったなとわかる位です。
それはこれです。
「サヘルとフローラ~イラン人親子の東京物語~」を見た。(「風に舞いあがるビニールシート」)

以下最近のサヘルのつぶやきです。
サヘル@21Sahel

続きを読む "『旅のチカラ』でサヘル・ローズさんを観た。 " »

2013年3月30日 (土)

「純と愛」が終わった。(愛する人を亡くした人のためのドラマ)

朝の連続ドラマ「純と愛」が終わった。

毎朝8時から会社の仲間と見ていた。
少し漫画的な要素もありましたが楽しく朝の時間を過ごすことができました。
最終回の純の宮古島の海をバックにした言葉が良かった。
二度見て正確ではありませんがその言葉を書き写しました。
なかなかすばらしい言葉だと思います。

続きを読む "「純と愛」が終わった。(愛する人を亡くした人のためのドラマ)" »

2012年9月23日 (日)

長崎大学よりチェリノブイリに習おう

NHKETV特集「チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告第2回」
ETV『チェルノブイリ事故・ウクライナは訴える』を観た。

ウクライナ政府報告書にショックを受けた。

政府は年間20mSvまでokと線量被曝ワーキンググループで決めたが、木村真三さんがウクライナの現状を報告「現実を見る。癌以外の病気が増加」賭したのに長崎大学の長瀧が「科学的に認められたのは小児甲状腺癌のみ」としてWGは20mSvはリスクを回避できると結論付けたのには体が震える程頭に来た。

内部被曝の記事とも響き合うものがありました。

広島・長崎と福島を結ぶものは「内部被曝」です。

放射線問題に興味のある人で観なかった人は是非再放送を御覧下さい。

2012年9月30日(日) 午前0時50分 再放送

10個にショックと新たな知見をまとめます。

1。ウクライナは年間5mSv以上は強制移住地域、1~5mSvは移住勧告地域、0.5~1mSvは放射線管理地域 (日本は20mSv以下は無管理)

2。IAEAは、科学的に影響を認めない。国連科学委員会とウクライナ政府報告書は対立する。白血病、急性死、小児甲状腺がんしか国連は認めない。

3。ウクライナでは大人の甲状腺癌の発症が増加している。放射線ヨウ素を浴びてない新生児に発症がないことかから甲状腺癌が放射線の影響だと証明された

4。医師「チェルノ事故後、心疾患が増えているのは、食物による内部被曝が原因と考えている」 「セシウムは、あらゆる器官に蓄積します」 市場では、きのこやベリーなどの食品は、今でもほとんど売られていない。

5。除染作業をするにあたって、ウクライナでは1軒あたり10箇所の線量を調査した
(日本より緻密)

6。木村氏「現地で見る限りですが、明らかに病気、ガン以外の病気が増加傾向にある」しかし多くの委員(特に長崎大学 長瀧さん)は、因果関係は科学的に認められないとする。12月結論提出。「現場の観察がある」としつつも、「科学的に確認されていない」と結論。20mSvはリスク回避できると評価。
(長崎大学が諸悪の根元!)

7。医師「500mSv以上が危険としか教わらなかった。当時の10μSv/hに注意しなかった。注意しすぎるという事はない」

8。ベラルーシのチェルノブイリ法:年間5mSv超えは住居、仕事を用意、移住。年1~5mSvも住居と仕事を用意したうえで移住の権利。移住にかかる費用は全て国、税金の減免、医療費の無料など。年間1mSv以下でも一定の土壌汚染があれば医療費の補助。

9。子ども達の慢性疾患の激増。コロステンの学校、全校生徒485人のうち、正規の体育授業を受けられるのは14人

10。ウクライナが、放射線による病気について本格的に調べ始めたのは、ソビエトから独立した後。
(日本もほんとうの「独立国」にならない限り、東電原発事故の被害実態はきちんと調べられないかもしれない)

続きを読む "長崎大学よりチェリノブイリに習おう" »

2012年8月19日 (日)

明日は自由主義者が一人この世から去っていきます。


短歌の友人に誘われて昨日新松戸九条の会 DVD上映会に参加した。

特攻に散ったある学徒兵 上原良司の物語だ。
彼が出撃の前の日に書いた「所感」いう文章は戦没学徒の遺稿集「聞けわだつみの声」の冒頭に掲載されている。

私も読んだのはかなり昔ですが「明日は自由主義者が一人この世から去っていきます。」という印象深いフレーズは記憶しています。

DVDの上映の後に松戸在住の妹さんの上原トシエさんのこんな挨拶がありました。

女学校3年の時に兄は亡くなったし兄たちは大学へ行っていたのでよく覚えてない。

8月15日の敗戦の日のひまわりと青空をよく覚えている。

「ああ祖国よ恋人よ」という本を良司の後輩の中島さんという人出したがその本を読んだ長野放送の慶応の後輩の人がこのDVDを作った。

良司は大正11年生まれ。(我が父より一年年上)

12年前に作られたビデオだが語ってくれた人は皆亡くなった。
「靖国神社に行かないからね」と冗談めいて私にだけ言った。
多分何も分からない妹だったからだろう。
「所感」は軍隊の報道の係の高木トシロウさんというひとが他の人が酒を飲んでいるのに一人で過ごしているいる良司に書かせたものを持ち帰ってくれたもの。
途中でインクがなくなって鉛筆で書いている。
誤字もなくよくこれだけのものを書いたと思う。

兄三人が戦死したので来てくれる人がいたので上原性を継いだ。

靖国神社で頭を下げた事はない。
そこに入れると死んで行った人の事を思うとそれはできない。
私は靖国神社は要りません。

兄は軍隊に入ってからの経験で考え方が変わっていっていると思う。
下の兄は潜水艦の軍医でただ一度の出撃で18年に死んだ。
良司は20年の5月に亡くなった。
(兄弟のいなくなったものは特攻免除になったが当時上の兄はまだ生きていた。)
終戦の年に上の兄が亡くなった。

良司辞世の句

春雨や
思ひすてたる
身もぬるる

五十八振武隊 上原少尉

以下が「所感」の全文です。

続きを読む "明日は自由主義者が一人この世から去っていきます。" »

2012年7月 2日 (月)

日本人は何を考えてきたのか 第5回「東と西をつなぐ~内村鑑三と新渡戸稲造~」

日本人は何を考えてきたのか 第5回「東と西をつなぐ~内村鑑三と新渡戸稲造~」 を見た。

札幌農学校で学び、キリスト教に入信した内村鑑三と新渡戸稲造。2人は日本文化を広く西洋に紹介、平和を模索していく。アメリカ人研究者がその軌跡を欧米や韓国に訪ねる。

新渡戸の『武士道』、内村の『代表的日本人』が著された背景をキリスト教世界に飛び込んだパイオニアだからこそ客観的に日本を見ることができたという視点から描いた。


内村鑑三は予算の7-8割を投じた日露戦争に反対した。

内村鑑三 非戦論 「麦のかわりに硝煙を食い、稲のかわりにサーベルを獲(か)るであろう」

「余は日露戦争の反対者だけでなく、よは戦争の絶対的反対論者である。戦争は人を殺すことである。人を殺すことは大罪悪である。大罪悪をおかし国家や個人がよくなるはずがない。」

新渡戸稲造は国際連盟事務次長として活躍し平和への貢献をアインシュタインやキューリー夫人にも声をかけ賛同してもらった。

一番びっくりしたのは最後のこの話

内村鑑三は「デンマルク国の話」でエネルギーは太陽の光線にも、海の波濤にも、吹く風にもあるので、これを利用することで小さなデンマークでも十分に国としてやっていけると説いたことであった。

新渡戸稲造やや内村鑑三の読みたいです。

以下つぶやきです。

続きを読む "日本人は何を考えてきたのか 第5回「東と西をつなぐ~内村鑑三と新渡戸稲造~」 " »

2012年7月 1日 (日)

NHKアーカイブス「NHK特集 原子炉解体(1998)」を見た

NHKアーカイブス「シリーズ環境(3)放射性廃棄物と向き合う」を見た。
24年前に作られた番組だがこれから始まる原子炉解体という事態の難しさの予告番組のようでした。
深刻な環境汚染を引き起こす放射性廃棄物。日本初の原子炉解体を記録したNHK特集などを視聴し考える 好番組だった。

今は亡き、高木仁三郎氏も若き姿で登場した。

発電とは要は運動エネルギーを電気エネルギーに変えればいいのだからボイラーでタービンを動かすだけのこと。
その熱源に10万年も保管の必要のあり廃棄物の処理方法も決まってない核エネルギーを使うのは無謀。
21世紀の短い時期にこんな物を残した世代を10万年後の子孫はどう思うだろうか?
同時代人として恥かしきものである。

20万人に抗議されても原発再稼働をした為政者は10万年後の子孫の名において倒す!

以下つぶやきです。

続きを読む " NHKアーカイブス「NHK特集 原子炉解体(1998)」を見た" »

「非戦と平等を求めて~幸徳秋水と堺利彦~」を見ました

[NHK教育]日本人は何を考えてきたのか 第4回「非戦と平等を求めて~幸徳秋水と堺利彦~」]
という番組を見た。

内容は下のつぶやきを見て下さい。

番組では詳しく紹介されませんでしたが永井荷風が大逆事件から影響を受けています。

ダルマ舎平山昇という同年代のブログの
2006年7月13日 (木)
永井荷風と幸徳秋水

という記事にこういう荷風の文章の紹介がありました。


 「午飯の箸を取ろうとした時ボンとどこかで花火の音がした。梅雨もようやく明けぢかい曇った日である。涼しい風が絶えず窓の簾を動かしている。・・・」という、ちょうど今頃の季節の景を描いた美しい文章で始まる、永井荷風の『花火』という短編がある。

 そして、その半ばあたりに下記の文章がある。

 「明治四十四年慶応義塾に通勤する頃、わたしはその道すがら折々市ケ谷の通で囚人馬車が五六台も引続いて日比谷の裁判所の方へ走って行くのを見た。わたしはこれまで見聞した世上の事件の中で、この折ほど云うに云われない厭な心持のした事はなかった。わたしは文学者たる以上この思想問題について黙していてはならない。小説家ゾラはドレフュー事件について正義を叫んだため国外に亡命したではないか。しかしわたしは世の文学者と共に何も言わなかった。私は何となく良心の苦痛に堪えられぬような気がした。わたしは自ら文学者たる事について甚しき羞恥を感じた。以来わたしは自分の芸術の品位を江戸戯作者のなした程度まで引下げるに如くはないと思案した。その頃からわたしは煙草入をさげ浮世絵を集め三味線をひきはじめた,わたしは江戸末代の戯作者や浮世絵師が浦賀へ黒船が来ようが桜田御門で大老が暗殺されようがそんな事は下民の与り知った事ではない━否とやかく申すのはかえって畏多い事だと、すまして春本や春画をかいていたその瞬間の胸中をば呆れるよりはむしろ尊敬しようと思立ったのである」。

中に
「大逆事件とそれ以降の冬の時代に、大逆事件について書き物をした名のある文学者は、ほぼ永井荷風ひとりであった。」
と書いていましたが石川啄木がそれによって大きな影響を受け思想性を変えて行ったことは有名です。
弊ブログにも以下の記事があります。
2011年5月15日 (日)
「啄木から受け継ぐもの」(2011啄木祭碓田のぼる講演録)

今年は大逆事件も啄木も100周年行事のある年です。
歴史をしっかりと学んで行きたいです。

以下関連つぶやきです。

続きを読む "「非戦と平等を求めて~幸徳秋水と堺利彦~」を見ました" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | スポーツ | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ニュース | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | パソコン・インターネット | ファスレーン365 | ブログ紹介 | ペット | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文化・芸術 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本共産党 | 日本橋 | 日記・コラム・つぶやき | 映像関係 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 立ち枯れ日本 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽 | 麻生太郎

カテゴリー