無料ブログはココログ

カテゴリー「広島.長崎」の記事

2014年8月 9日 (土)

69年前長崎で被爆した義母のこと

Image
義母の入歯入れ

私のかみさんの母親は長崎の被爆者だ。69年前の今日、勤労動員された軍需工場への通勤時に被爆し寮に電車で帰ろうとするがなかなか乗れずあの時ほど力の強い者が勝つと思った事はないと言っていた。

私が原爆の話を聞いたのはその時位で基本的には原爆の話をしない人だったが近年は学校の先生に誘われ戦争の語り部として語っていたようだ。

続きを読む "69年前長崎で被爆した義母のこと" »

2014年8月 8日 (金)

どうせコピペするなら明日の長崎ではこの部分もコピペして欲しい

安倍首相が6日に広島市の平和記念式典で読み上げたスピーチがネット上で「昨年の使い回し」「コピペだ」と批判を集めている。

ネット上で話題となり、世田谷区議会の上川あや議員がツイートしたところ、3000を超えるリツイートを記録している。

最近は便利なiT技術がありコピペはすぐバレる。

続きを読む "どうせコピペするなら明日の長崎ではこの部分もコピペして欲しい" »

2014年8月 7日 (木)

広島・長崎の原爆の日に寄せての4つの映像です。

広島・長崎の原爆の日に寄せての4つの映像です。
なかなか個性的な並びでしょう。

1.小室等と六文銭 - ゲンシバクダンの歌
2.折り鶴 Grue en papier. 【Vocaloid 3】; 初音ミク
3.君の道を 【vocaloid 2】
4.吉永小百合さん原爆詩朗読 ピアノ坂本龍一さん

続きを読む "広島・長崎の原爆の日に寄せての4つの映像です。" »

2013年8月13日 (火)

広島・長崎の残留放射能の存在をアメリカは認めよ!

広島・長崎の残留放射能の存在をアメリカは未だに認めておらず日本政府もそのアメリカの立場を認めているという。
では私の義母のように原爆手帳を持って医療費助成を受けてきた人間はどういう理由付けで助成されて来たのか?
政府に責任があるからではないのか!
そのアメリカの態度が脱原発宣言を国がすることを阻止したとするならこのアメリカの態度は変えさせねばならない。
以下テレビ朝日の44分の映像です。

続きを読む "広島・長崎の残留放射能の存在をアメリカは認めよ!" »

2013年8月 9日 (金)

この下で私の義母は被曝しました。

Image

今日は長崎への原爆投下の日

投下の瞬間を市内から捉えた珍しい写真をfaebookから紹介します。

この下で私の義母は被曝しました。

被曝のあと電車で寄宿舎まで帰ったそうですがなかなか電車に乗れずあの時ほど力の強い者が勝つと思った事はないと言ってました。

一昨年義母は急性白血病で亡くなりました。
3・11のあと関東から避難してきた私の娘と孫の世話をしながら私は被曝しても60年以上生きていると言ってましたが発病後あっという間に死んでしまいました。

原爆は無くします。

被爆者が死んでも
被曝二世が死んでも
被曝の事実は子孫に生き続けるのですから、、、

長崎の原爆記念日にコールする国会前の熱き我々 公彦


2013年8月 8日 (木)

まっちゃんの怒り

ダウンタウンの松本人志の10年前のラジオ番組の記録です。

私はダウンタウンは好きではない。
しかしまっちゃんのこの発言は評価する。
アメリカ国民の5割が「原爆投下は間違いでなかった」という事に涙を流して怒っている。
まっちゃんは真っ当な歴史理解ときっとナイーブな神経の持ち主なのだろう。

少なくとも安倍総理や麻生副総理よりもまともだろう。

まっちゃんがキレて号泣 アメリカ国民5割「原爆投下間違

続きを読む "まっちゃんの怒り" »

2013年8月 6日 (火)

2013年広島・長崎火のつどい

今夜台東区民会館で行われた「2013年広島・長崎火のつどい」に参加しました。
新日本歌人の仲間が行う短歌群読が目的でしたがそれ以外にも沢山いいお話が聞けいい広島の日となりました。

以下詳細です。

続きを読む "2013年広島・長崎火のつどい" »

2012年6月 6日 (水)

福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者無視され、死蔵された「原子力防災」の知見

「広島に原爆が落とされたとき、日本政府は空襲警報を出さなかった。『一矢報いてから』と講和の条件ばかり考えていたからです。長崎の2発目は避けることができたはずなのに、しなかった。国民が犠牲にされたんです」

福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者無視され、死蔵された「原子力防災」の知見
2012.05.31(木)

というJBプレスの記事を読んだ。

『原子力防災─原子力リスクすべてと正しく向き合うために』という本
の著者のインタビュー記事だ。

なかなか驚くようなことばかりだ。
福島の事故はやるべき事をやらなかった結果の人災だと思う。
少なくともこの人のいうように避難さえやっていれば無用な被曝は避けれただろう。

国会議員で津波対策の不備を訴えていた人もいる。
それらの意見を取り入れなかった政治の責任が大きいと思う。

「なぜ、何万人もの住民が被曝するような深刻な事態になってしまったのか」
「どうして彼らを避難させることができなかったのか」
「どんな避難計画があったのか」
「どんな訓練をしてきたのか」

という疑問にこの本は応えているという。

松野さんは全国の原発事故の対策システムを設計する責任者だった。

以下松野さんの言葉での紹介です。

続きを読む "福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者無視され、死蔵された「原子力防災」の知見" »

2011年9月27日 (火)

藪中氏の見解を是非承りたい。

このニュースはとんでもないニュースだ。

しかしやっぱりという気もする。

我は2年前オバマ大統領のヒロシマナガ・サキ訪問を求めて電子署名を集め、アメリカ大使館に提出した。
ルース大使に面会も求めて来た。

このニュースは被爆体験を共有する日本人として全く恥ずかしい
藪中氏の見解を是非承りたい。

二週間前白血病で亡くなった義母の為に
__


バマ氏の広島訪問「時期尚早」=藪中前次官が米側に伝達-公電
 2009年11月のオバマ米大統領の初来日に先立ち、当時の藪中三十二外務事務次官がルース駐日米大使に対して、オバマ氏の被爆地・広島の訪問は「時期尚早」と伝えていたことが26日、分かった。内部告発サイト「ウィキリークス」が公表した米外交公電で明らかになった。
 クリントン国務長官宛ての同年9月3日付公電によると、藪中氏は8月28日のルース大使との会談で、日本でオバマ氏の広島訪問に期待が高まっていると指摘。その上で「オバマ大統領が原爆投下の謝罪で広島を訪問するという考えが現実的でない以上、日米両政府は世論の期待を抑えなければならない」と伝えた。
 その上で、オバマ氏が簡素な訪問をすれば、米政府の正しいメッセージを伝える効果的なシンボルになるとの見解を示しながらも、11月の来日日程に広島訪問を入れるのは時期尚早だと述べた。
オバマ氏が同年4月のプラハ演説で「核なき世界」の実現を訴えて以降、日本では米大統領による初めての被爆地訪問に期待が高まっていた。(2011/09/27-00:47)
時事通信

続きを読む "藪中氏の見解を是非承りたい。" »

2011年8月 6日 (土)

「核」は原発も原爆も一緒だ。(黙祷の鐘の余韻や原爆忌)

Photo_5
写真:核についてはっきりした論説の中國新聞より

今日は広島原爆忌
66回目の原爆の日だった。

朝8時15分にはテレビに向かって一人黙祷した。

   黙祷の鐘の余韻や原爆忌 

人類は「核」とは共存できない。

「核」は原発も原爆も一緒だ。
全ての核を即時廃棄すべきだと私は思う。
しかしこの夏は首相も広島市長も長崎市長もそこまで踏みきれなかったようだ。


菅直人首相は「放射能を出す危険性ということでは共通の部分がある」と述べたという。
「共通の部分がある」でなく、「共通である」だろう。

ーー

松井一実・広島市長は平和宣言で、国民の原発不信を指摘し、エネルギー政策転換を政府に要求したが、脱原発については「主張する人々がいる」と述べるにとどめた。

菅直人首相は平和記念式典のあいさつで「原発に依存しない社会を目指す」と改めて「脱原発」に言及したが、目新しい表現は「(原発の)安全神話を深く反省する」という程度だった。

首相は式典後、昨年のあいさつで創設を表明した「非核特使」の被爆者8人と懇談した。「兵器としての原爆と、発電としての原発は異質なものだが、放射能を出す危険性ということでは共通の部分がある」と指摘。

9日に原爆の日を迎える長崎市でも、福島原発事故を受け、平和宣言で原発にどう言及するか、田上富久市長を委員長とする起草委員会(18人)で激しい議論があった。

( 長崎では)被爆者ら多くの委員は「脱原発」を盛り込むよう主張したが、市長は慎重姿勢を示し、最終的に「脱原発」には触れずに「原子力に代わる再生可能なエネルギー開発の必要性」を訴える内容に落ち着いた。

毎日.JPより

こういうニュースもあった。

被爆ピアノ、鎮魂の調べ…53年ぶりのプロ野球で萩原さん演奏


「活かされなかった諜報記録~原爆投下の真実」(NHK総合=6日後9・00)を途中から見た。

 日本海軍諜報部隊が原爆投下を察知していた事実が明らかになった。
軍は、不審なコールサインで交信するテニアン島の米軍B29部隊を確認し、8月6日朝にも同じコールサインを傍受し、部隊が広島に迫っていることに気づいていた。

長崎でも5時間前にそれを傍受し、傍受した担当は本部に伝えていたが軍の上層部は自らの戦争責任追求を恐れそれを無視した。

5時間あればスクランブル出動で追い返すことも出来たかも知れない。

歴史は決して必然ではなくこういう人間の営為の積み重ねだ。


驚く話だった。

この後0時から「ヒバクシャからの手紙」が二時間あります。


このあとの番組を読売新聞から紹介します。

続きを読む "「核」は原発も原爆も一緒だ。(黙祷の鐘の余韻や原爆忌)" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | スポーツ | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ニュース | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | パソコン・インターネット | ファスレーン365 | ブログ紹介 | ペット | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文化・芸術 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本共産党 | 日本橋 | 日記・コラム・つぶやき | 映像関係 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 立ち枯れ日本 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽 | 麻生太郎

カテゴリー