無料ブログはココログ

カテゴリー「美術」の記事

2016年3月 5日 (土)

カラバッジョの「法悦のマグダラのマリア」を観た

Photo

法悦のマグダラのマリア

カラバッジョは陰影が特徴でその後の画家に影響を与えている画家だ。

この絵は初めてカラバッジョの作品と認められ世界で初めて東京上野の国立西洋美術館で6月まで展示されている。
カラバッジョが最後まで持っていた三枚の絵の一枚だという。

キリストの子どもを身ごもった娼婦でその子孫が隠されたという「ダビンチ・コード」のテーマとなった「マグダラの
マリア」である。

法悦の表情はいかにも意味ありげである。
 
キリスト教の世界を揺るがす可能性のある「法悦」である。

この絵は個人像なので今後はもう多分見ることはできない。

上野公園を歩きながらかみさんと話したのだが東京というのはすごいところだという話になった。

日本に一枚もなく世界中に散らばっているカラバッジョの作品を一堂に集めたのだから。

前に見たボティチェリ展もカラバッジョ展も日伊通商条約150周年という特別な年のおかげでもあるようだ。

上野公園には早咲きの桜がちょっと咲いていた。


Photo_2
カラバッジョ展のポスター


続きを読む "カラバッジョの「法悦のマグダラのマリア」を観た" »

2014年2月19日 (水)

「日本共産党の深層」を読んだ

「日本共産党の深層」(株式会社イーストプレス)(大下英治著)を読んだ。

先週土曜日にたまたま本屋で見かけて購入した。
題から想像するようなよくある共産党を攻撃するために書かれた本ではなく、客観的に現在の日本共産党というものを表現している。
今年の2月15日に発行されたばかりの本であり私は発売日に買ったことになる。

松本善明、市田忠義、穀田恵二、小池晃、畑野君枝、吉良よし子の共産党の現・元議員に取材し、共産党の広報部長の植木俊雄氏や、しんぶん赤旗記者の山本豊彦氏、キラキラ☆サポーターズのささやきタロー氏、山本由里子氏を取材しており、それぞれの歩んで来た道がよくわかる。
党史などの共産党の各文献などをよく読んで書いている。

この本を読むと今の日本の共産党というものがよくわかる。
共産党や社会主義・共産主義に興味のある方には一読をお勧めします。

続きを読む "「日本共産党の深層」を読んだ" »

2012年3月29日 (木)

「カーネーション」と井上成三さんの油絵展

最近facebook中心のネットライフになっている。
ココログの写真のアップ制限もあり最近ブログに書かない記事も多い。

今夜の記事はブログでも紹介しよう。

会社の帰りに八重洲で毎朝カーネーションで馴染みのあるコシノ三姉妹の名前のある花輪の掛かった絵画展を田中八重洲画廊という所でやっていたので立ち寄った。

大阪出身でフランス在住の井上成三さんの油絵展だった。

「虎の門までどう行ったらいいですか?」
と聞かれたので乗換案内で検索し「銀座線で日本橋から7分です」と教えてあげるといろいろ話をしてくれた。


三姉妹のお母さんとはそのお母さんの代からお付き合いがあるそうです。
特にコシノミチコさんとは岸和田時代からの関係だそうです。
他にも宝田明やクリームシチューの上田さんの花がありフランスや日本で付き合いがある由。
絵はやや抽象的な油絵でマチスのような感じでした。
興味のある人はどうぞ来週桜満開予定の日本橋桜通りにあります。

東京八重洲の田中八重洲画廊 東京都中央区八重洲1-5-15 井上成三 個展

井上さんの略歴はこうです。
http://artisjapan.net/default.asp?action=1&num=32491

カーネーションは今日も昨日も鳴かされましたが残念ながら明後日で終わりです。
果たして糸子が亡くなる所まであるでしょうか?

続きを読む "「カーネーション」と井上成三さんの油絵展" »

2008年4月 5日 (土)

なぜ、モナ・リザには眉毛がないのか?

「なぜ眉毛がないの?」(子供たち)

「私が生きていたルネッサンス時代には、額が広いのが美しいとされていたので、女性たちは眉毛を剃って、額を広く見せていたのよ」(モナリザ)

こんな風に絵が喋ってくれれば美術館も子ども達にとってかたぐるしいものではなく楽しいものになるだろう。
韓国はいいアイデアを出す。

仕事柄興味を持ったので紹介します。


TBSニュース

ソウル、「動く名画」の美術館オープン
動画を他のプレイヤーで見るWMP高 WMP低 Real高 Real高  なぜ、モナ・リザには眉毛がないのか?その理由を、モナ・リザ自身が絵の中から説明してくれるという、ユニークな美術館が韓国にオープンしました。

 「なぜ眉毛がないの?」(子供たち)
 「私が生きていたルネッサンス時代には、額が広いのが美しいとされていたので、女性たちは眉毛を剃って、額を広く見せていたのよ」(モナリザ)

 韓国のソウルに先月オープンしたこの「動く美術館」は、最新のIT技術を使い、名画が動いたり、描かれた人物たちとコミュニケーションできたりする世界で初めてのギャラリーです。

 「モナ・リザ」のほか、「最後の晩餐」など62の「動く名画」が展示されていて、訪れた子供たちも楽しみながら名画に親しんでいました。美術館の関係者は、この「動く美術館」を「世界にも広めたい」と話しています。(03日13:53)

参考になりましたら
人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング






Google















2007年11月17日 (土)

マイセン展


always3丁目の夕陽展を見ようと行ったらた来週だということでまだやっておらず日本橋三越のマイセン展を見ました。実にキレイです。

マイセン展

マイセン展

マイセン展

マイセン展

マイセン展

激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

2007年6月20日 (水)

かささぎ

私の安倍首相とコムスンの折口会長の関係という記事を引用頂きコメントし合っていた、『toxandoria の日記、アートと社会』の2007-05-20 レオナルド・ダ・ヴィンチ、モネ、ドレスデンの光という記事をトラックバック頂いた。

この記事には参った。かささぎというモネの絵の評価だ。


「苛烈化し、中間層が没落しつつある現代のグローバル市場原理主義社会が見捨ててきた何かがある」という指摘には度肝を抜かれた。

こういう絵の見方もあるのかと思った。

真っ白な雪景色の中の門にただ黒いカササギがぽつんといる絵なのだが空や雪の白もいろんな色が表現されており光と影が鮮明で光の方向がわかる。


「かささぎは絵画のマニフェスト」とモネ回顧展で買ったカタログに描いていた。

今日も前クリック作戦で・・
クリックをよろしくお願い致します
人気ブログランキングへ
こっちもクリックをよろしくお願い致します
FC2ブログランキング

以下引用です。


『モネ展/印象派から現代へ』(国立新美術館)、公式HP → http://www.nact.jp/


モネ『かささぎ』 Claudo Monet(1840-1926) 「The Magpiec」 1868-1869  Oil on canvas 89x130cm  Musee d'Orsay 、 Paris

Photo_77


今回の展示は、フランスのオルセー美術館、アメリカのボストン美術館、メトロポリタン美術館ほか国内外の主要なコレクションから集められた約100点のモネの名作、およびモネの遺産である「モネの光」の影響を受けた作家たちの作品を集めたものです。コレクションを持たない国立新美術館は、国内最大級の展示スペース(14,000m2)を生かした多彩な展覧会の開催を目指すと謳っていますが、その割には展示スペースの狭さが少々気になりました。いささか商業ベースへ傾きすぎているように感じられました。

それはともかくとして、ここでもパリ・オルセー美術館いらいのモネとの再会(約5年ぶり)です。周知のとおりモネは印象派を代表する巨匠であり、彼の作品『印象・日の出』が印象派(印象主義)という言葉のもとになっています。自然界の凡ゆるモノに反映する一瞬の光をとらえようとした印象派の絵画の特徴を一口に言うならば、それは近・現代の産業化社会における、ある程度まで資産を持つようになった中産市民階層の人々へもっとも良くアピールする美的感性ということです。

『パラソルの婦人』、『ルーアン大聖堂』、『睡蓮』などの連作シリーズは見るごとに新鮮な印象を与えられ、モネの才能に改めて驚きますが、なぜか今回はこの『かささぎ』に目が止まりました。寒々とした冬の光景にもかかわらず、この静寂と懐かしいようで幸せな光は一体どこから来るのでしょうか? この温もりがあるモネの光は何なのでしょうか? この絵のテーマとされる“かささぎ”の向こうに広がる冬の遠景には、なぜか平穏な安堵感のようなものが広がっています。そこには、苛烈化し、中間層が没落しつつある現代のグローバル市場原理主義社会が見捨ててきた何かがあるように思われます。

以上引用終わり

セザンヌの名声セリフも残っている。

以下別引用

になっていることだろう。」

 セザンヌは別のときに「モネには腕力がある」とも言っている。変化する自然の一瞬を、キャンバスにとらえる力が、モネは断然強いということだ。セザンヌは田舎に引きこもり、ひたすら自己の芸術を高めただけで、それが素晴らしい作品につながり、結果的に大勢の追従者が生まれることにもなった。モネは、自分こそが最先端を行っていることを意識して制作活動をしていた。

 「見たままを描いただけ」とはどういうことか。実は「見たまま」を描いた画家など、存在しない。よく考えれば当たり前のことだ。たとえば建築とか音楽とか、その時代の様式というものがある。ある時代の形式とか習慣・常識と言い換えてもいい。キリンそっくりの教会を建てましたとか、滝の音そのままの音楽ですとか、そんなものないでしょう。写真には写真の、映画には映画の、油絵には油絵の様式というものがあるのです。どうして絵だけ、「本物そっくり!」「写真みたい!」なんて事を言われなくてはいけないのでしょうか。

 写真には機械としての技術的制約もあり、写っているのは現実ではありません。正確に言うと、現実のある一部分がとらえられているだけです。もちろん日曜画家の作品などには、写真を映しただけのような絵があることは事実ですが、ふつう、一見写真のように見える絵でも、写真とは全く違います。「写真みたい!」ということを気にしている人は、恐らく、絵のことも写真のこともわかっていないのでしょう。

 アート サモトラケのニケ より

引用終わり

その他のカテゴリー

1万歩日記 | 2014都知事選 | 2016都知事選 | 3.11 | 9.11 | abend | CO2削減 | facebook | google | iphone | iphone apri | IT | mac | M男の映画評論 | NHK | sst不当解雇 | TPP | twitter | ustream | youtube | おいしい店紹介 | お食事処 | ことわざ | たっちゃん | どきどきブログ句会 | まんがで読破 | みんなの党 | わらび座 | アジア | アベロ | イベント紹介 | イラク | インターネット新聞『JanJan』 | エコ | オバマ | オーマイニュース | キャンプ | サッカー | スポーツ | タビサ | チベット | テレビ | テロ特措法 | ニュース | ネズミ講 | バラとガーデニングショー | パソコン・インターネット | ファスレーン365 | ブログ紹介 | ペット | メルマガ「おは!twitter俳句」 | メーリングリスト | ラジオ | ワーキングプア | 三郷 | 中国 | 中国残留孤児 | 九州大学 | 九条世界会議 | 五島 | 井上ひさし | 今日の日経から | 今日は何の日 | 介護保険 | 企業経営論 | 会の案内 | 俳句 | 俳論 | 健康 | 共謀法 | 内野事件 | 創価学会 | 労働問題 | 北朝鮮 | 医療 | 原子力発電 | 句会 | 周辺の花・景色 | 啄木 | 回文 | 国民投票法案 | 地方自治 | 地震 | 埼玉 | 大分 | 大津留の映画評論 | 大津留公彦 | 大津留選俳句 | 太陽光発電 | 子宮頸がんワクチン | 安倍晋三 | 小林多喜二 | 小田実 | 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり | 川柳 | 平和への結集 | 年金 | 広島.長崎 | 庄内 | 従軍慰安婦問題 | 憲法九条 | 我が家の庭 | 戦争と平和 | 教育 | 教育基本法 | 文化・芸術 | 文団連 | 新宿 | 新宿の昼飯処 | 新日本歌人 | 新聞 | 旅行・地域 | 日本共産党 | 日本橋 | 日記・コラム・つぶやき | 映像関係 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東京 | 東京電力 | 東日本大地震 | 歌論 | 正岡子規 | 民主党 | 沖縄 | 沢田研二 | 活動家一丁あがり | 消費税 | 温泉 | 湯布院 | 湯平 | 現代短歌研究会 | 環境問題 | 田中宇の国際ニュース | 短歌 | 石川啄木 | 社会 | 社民党 | 福岡 | 福田康夫 | 秋田 | 立ち枯れ日本 | 米軍保護法案 | 経済・政治・国際 | 署名 | 美術 | 美術展 | 自民党 | 芸能・アイドル | 菅直人 | 藤原紀香 | 行事案内 | | 詩論 | 貧困 | 資格 | 趣味 | 農業 | 連歌 | 選挙 | | 陸前高田 | 電子出版 | 電気代一時不払いプロジェクト | 青年 | 非正規雇用 | 音楽 | 麻生太郎

カテゴリー