最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「大津留の映画評論」の記事

2015年12月29日 (火)

2015年に観た映画4本

妻が邦画を見ないというので映画館に行くことがめっきり減った。
変わりに自宅でhuluを観る事が多くなった。
ただし妻が観るのはもっぱら洋画や英米のテレビ番組なので邦画を見たい私は一緒に観ないことが多い。
一緒の部屋には居るのだがテレビに背を向けてパソコンに向かっていることが多い。

一緒に居ながら逆方向を向いている夫婦である。

ブログに書いた分のみ簡単な記事の紹介とともにリンク先を紹介します。

「母と暮らせば」を観た(追記あり)
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-e6c1.html
最後に「井上ひさしさんに捧げる」という字幕が出てきた。
井上ひさしが広島が舞台の「父と暮らせば」と対で長崎が舞台の「母と暮らせば」を構想していたのを山田洋次が映画で実現した。

優しくて悲しい母と息子の物語です。

私の妻が長崎五島の出身であり言葉や地名になじみがあった。
そして4日前に母を亡くしたばかりで吉永小百合演ずる母が最後に亡くなってしまうのは辛かった。

台本を撮影中に一度も開かなかったという嵐の二宮和也も「硫黄島からの手紙」に続く好演技です。
黒木華も「小さいおうち」に続いての確かな演技です。

この映画はファンタジーで基本構成は井上ひさしが構想していたが脚本は山田洋次であり、完全に山田洋次の世界になっている。
吉永小百合の紹介で山田洋次が直接頼んだという坂本龍一はこの映画の為に28曲を作っている。
特にエンディングのテーマ曲は原民喜の詩に曲を付けたものでこの映画のテーマにマッチしており印象に残るものだった。
それには700人の長崎市民が合唱に参加したという。
この映画は長崎の生んだ世界に広まるであろう歴史的な映画となった。
戦後70年という年の締めくくりに相応しい映画だった。



映画「バビロンの陽光」を観た
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-c30c.html
イラクの惨状を描いたクルド人の祖母と孫の男の子のイラク北部からバビロンまでのロードムービーです。

イラクのすさまじいい状況がよくわかります。

私はイラクに3年住んでいました。

クルド人地区で最近ISからイラク政府軍が奪還したというキルクックにも住んでいました。

作中に出て来るバビロンの空中庭園等にも行った事があります。

そういう私にはISがバビロンの遺跡を破壊したというニュース等に胸が痛みます。

この映画はバビロンを記録した歴史的映画になるのかも知れません。

湾岸戦争からのイラクでの行方不明者は100万人を超える。


「この国ははどこかで間違えたようです」(映画「風に立つライオン」)
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-446f.html
この映画は長崎の映画であり五島の映画だ。
事実に基づいている。

この映画は音楽から始まった。
さだまさしの同名の曲「風に立つライオン」から始まった。
この曲に惚れ込んだ大沢たかお(主人公役)がさだに小説化を頼みそれを映画化したものだ。
私もこの曲が好きだった。
しかしさだのこの小説の完成度は高い。
それは事実に基づいているからだろう。

この映画は生き方を考えさせる映画だ。
ケニヤという異郷の地で作られた日本映画は今の日本に生きる我々にこれでいいのかと問いかけて来る。
さだの曲にも「この国ははどこかで間違えたようです」という詩がある。
歌の内容と映画の中身が見事にマッチしている。

映画「舟を編む」を観た
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-c120.html
言葉の氾濫する映画の多い中で静かな言葉の少ない映画で好感が持てた。
辞書を作るという地味な映画であるが松田龍平と宮崎あおいのラブロマンスでもあり知的な好奇心を誘う映画でもあった。
こういう映画を作れば日本映画はもっと観られるだろう。

続きを読む "2015年に観た映画4本" »

2013年1月16日 (水)

「とんかつ大将」を観た

川島雄三監督の「とんかつ大将」を観た。
なかなか楽しめた。
1952年作というから私が生まれた年に効果された映画だ。
映画黄金時代と言ってもいいのだろう。

長屋の人情と地上げ屋の構図
戦争の悲劇
女の闘い
父と子の物語

いろんな要素があるが当時の景色が見れるのが楽しい。
この時期の映画を観る楽しみはそこが今のどこなのかを探すことだ
この映画は浅草が舞台のようだが詳しい場所まではわからなかった。

私が生まれた年の日本がそこにあった。

以下あらすじです。

続きを読む "「とんかつ大将」を観た" »

2012年9月24日 (月)

映画「狼よ落日を斬れ」を夫婦で観た。


日曜日の昼間のテレビで映画「狼よ落日を斬れ」を夫婦で観た。
出掛ける予定だったが夫婦で興味のある池波正太郎の原作ということで予定を変更して見ることにした。
3本の映画を一本にしているので2時間40分にわたる長編だったが面白かった。
「その男」と「人斬り半次郎」の原作をベースにしている1974年の作品だ。

時は幕末、場所は京都と江戸から東京へと名前を変える東京と薩摩。
主人公は名もない無外流の剣の使い手である杉虎之助を高橋英樹 が演じる、そしてそれに複雑に絡む人斬り半次郎を緒形拳が演じる。
二人が主人公の本を合体した脚本なので主人公が二人いるようなものだ。
その他の歴史的人物は西郷隆盛、近藤勇、土方歳三、沖田総司、、

随所に池波正太郎の人情の世界がある。
池波正太郎をかなり読んでいるかみさんはここは池波正太郎流と何度もコメントしていた。
主人公は生き方的には真っ直ぐの生き方を貫き、曲がった事が嫌いだ。
新撰組を池波正太郎は書かないそうだが、ここでは主人公ではなく脇役として登場する。

続きを読む "映画「狼よ落日を斬れ」を夫婦で観た。" »

映画「天地明察」を観た

映画「天地明察」を観た

安井算哲の作った大和暦は朝廷により採用されて貞享暦となったがこれが日本初の国産暦となるった。

その二世安井算哲の物語であり最近少なくなった本格的な時代劇である。

和算の関孝和の名前は知っていたが安井算哲の名前は知らなかった。
渋川春海という別名の方は知っていた。

関ではなく安井算哲がこの日本初の暦の創設という大事業を成し遂げたのは、父のあとを継いで碁所に勤め,幕府の要人を知っており,また京都の陰陽頭安倍泰福から土御門神道その他の流の神道を学び,朝廷とも近かった,という人間関係をフルに使って,初めて達成された政治的事業と言われる。
中国の暦を採用していたのだからそれを打ち破るのは大変だっただろう。

(アメリカとの同盟が大前提で中立になりアジアの国々と協力する等という事は保守政治家には考えられないのと同じだろう。)

このの映画は人間の行き方というものを考えさせてくれる。
いろんな条件を乗り越えて自分の信念を通すことが人間の崇高な生き方だ。
そんなことを教えてくれているようだ。

お勧めの映画です。

Tenchimeisatsu_tops


続きを読む "映画「天地明察」を観た" »

2012年9月17日 (月)

映画「あなたへ」を観た。

Photo

敬老の日の今日、映画「あなたへ」を妻と観た。

映画館は中年の人が多かった。

映画のテーマは死を越えた夫婦愛

亡くなった妻の遺骨を遺言により富山から長崎平戸の海まで散骨の為にキャンピングカー風に改造した車で
妻とする予定だったキャンピングカーでの旅行に出かける。

主演の高倉健は年齢は感じさせるが(特に手の皺)、81歳には見えない。

散骨のシーンで終わりかと思ったらラストシーンで意外な展開があった。

印象的な挿入歌です

宮沢賢治 星めぐりの歌 (歌)

以下twitterのretweetです。

続きを読む "映画「あなたへ」を観た。" »

2012年9月 2日 (日)

ムッシュ・ラザール「この映画を1番勧めたいのは橋下(徹)さんよ!」

昨日は先に記事を書いた八丁堀の短歌の講演会があったあと銀座ブラしました。
たまたま時間がぴったりだったので銀座4丁目のシネスイッチ銀座で「僕たちのムッシュ・ラザール」というカナダの映画を見ました。
移民と教育を語るいい映画でした。
いろんな人種の生徒を見てあらためて日本人の国際性の不足を感じました。

Photo

アルジェリア移民のラザール先生の移民の理由ははっきりとは語られない。
冒頭のシーンで前任の先生の自殺のシーンがあるがその理由も語られない。
最後のシーンの前で解雇されたラザール先生が生徒にどう語るのかを楽しみにしていたがそれも無く最後のシーンは主人公の女生徒アリスとの学校で禁じられているハグシーンだった。
(このアリスは小さな恋のメロディーのメロディーに似ていると思った)

移民、自殺に付いての理解は観客に任されている。
この映画は教育をテーマとする大人の為の映画だ。
子や教え子を持つ全ての親に見てもらいたい。

特に尾木ママも言っているように橋下徹氏に見てもらいたい。
先生の口元をチェックするより映画の中の台詞でもあるが子どもの心に寄り添う事が如何に大事かを。。


カナダ・モントリオールの小学校を舞台に、担任教師の突然の死に動揺する生徒たちと、そこへやってきた代用教員との交流を描く人間ドラマ。学校で自殺した女教師の代理として雇われたアルジェリア系移民のバシールは、野暮ったくも真摯(し)な姿勢で生徒たちの心を開いていくが、彼自身も悲しい過去と秘密を背負っていた。

“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏はこの映画をこう絶賛している。

続きを読む "ムッシュ・ラザール「この映画を1番勧めたいのは橋下(徹)さんよ!」" »

2012年8月16日 (木)

私は貝になりたい

「私は貝になりたい」を観た。
フランキー堺のものは観た事があったが中居君のものは初めて観た。

良質の反戦映画だと思う。

二等兵で死刑になった者はいないという見解がある。

是川銀蔵という人は終戦時朝鮮半島にいてやはりBC級戦犯容疑で逮捕されましたが,朝鮮の人々と日本人を平等に扱っていたということで朝鮮の人々の間で減刑嘆願運動が起こって釈放されたそうです。

史実でないとしても戦争ではあり得る話であり、物語としての普遍性を持っている。

Twitterでの受け止め方は積極的な物が多く、戦争反対を今後に語り継ぐというl書き込みが多かった。
8.15の思いとしてだけでなく反戦の思いをいつも持ちたい。

未だに政府は日本の政府が起こした戦争の責任を反省していないが、、、


3つのコメントです。

RT @ku65diceke: 夜勤中のぼくの携帯がなった。「私は貝になりたい」を観た4歳の息子が涙声で「パパ早く帰ってきて。パパとギューッして寝たイト(・_・、)」って電話だった。嬉しかったが、主人公と主人公のご家族を思うと悲しい気持ちになった。いろいろある時だけど、すべての人のご冥福と世界平和を願いたい。
posted at 00:39:24


RT @DogAndCat7700: 「私は貝になりたい」を見た後にこの記事を読むと複雑な心境になる。とにかく戦争は良くない。自虐とか関係ない。特に若いネトウヨ!妄想じゃなく真実を直視しろ!<九大生体解剖事件>「戦争は人を狂わす」最後の目撃者語る(毎日新聞) - Y!ニュース http://t.co/I7IUTzmT


posted at 00:30:45


RT @SeiichiroDrums: 初めて『私は貝になりたい』を観ました。 胸が苦しくなった。 息をするのも辛い位苦しくなった。 日々平々凡々と生きてる自分が心底恥ずかしくなった。 戦争を知らない僕ですが、唯一出来る事は、今のこの気持ちを忘れずこれからの世代に語り継いでいく事だけ。

以下全てのretweetです。

続きを読む "私は貝になりたい" »

2012年8月 8日 (水)

フツーの仕事がしたい

映画フツーの仕事がしたい

土屋トカチ

自己紹介

本名まさのりという名前が嫌いで大学の音楽サークルの先輩にトカチェフと言われ大学時代それで慣れたので略してトカチとした。
アイヌ語で「母なる大地」という意味らしいので性とも合っている。

映画の紹介

住友大阪セメントの孫請けの会社のセメント運搬の運転手だった主人公の皆倉さんは月552時間の労働時間で風呂にも入れず、このままでは死んでしまうと思い半年前にたまたま貰った組合(連帯ユニオン)に相談し会社と交渉し会社は廃業となり新会社に正社員として雇われ今も働いている。

この映画のスタートは組合に頼まれた証拠映像を撮るためだった。
初めて会った皆倉さんは凄く老けて見えた。
頼りなげだった彼はお母さんが亡くなって逞しく変わった。
5千人位の産業なので彼は職場を変えた人間として今や有名で他の会社にも組合が出来た所がある。
彼が今も元気で頑張っているのがこの映画が見られている理由だと思う。

2008年に出来た映画だが日本ではあまり評価されなかった。
連合の人からは特定の組合の宣伝映画だと言われた。
しかし世界13ヶ国で上映され国際映画賞ではレインダンス映画祭(英国)ドバイ国際映画祭で受賞した。
ドイツでは主人公は全く同情されなかった。
アメリカでは最後のテロップの「東都運輸廃業」で盛り上がった。
(勧善懲悪の国柄か)

映画を見た看護婦さんによると彼に歯がないのは長時間労働のせいでそれはクローン病の原因でもあると思うと言う。
お母さんは脅迫電話を受けている時に具合が悪くなり亡くなったので彼女は会社に殺されたと思っている。
法学部を出たのに二人居れば組合が作れるという日本の労働法制を知らなかった。
今の子は争いごとはいけないと思っているが労働組合を作って闘うのがフツーとなって欲しい。

続きを読む "フツーの仕事がしたい" »

2012年7月25日 (水)

今夜は山本薩夫監督の「台風騒動記」だった。

火曜日21時は妻とNHKBSプレミアムで山田洋次監督が選んだ日本の名作100本(喜劇編)を見ている。

今夜は山本薩夫監督の「台風騒動記」だった。
台風のあとの不正補助金申請を巡る田舎町の物語だ。
実話ルポである杉浦明平の“台風十三号始末記"をベースにしたもののようだ。
物語はカリカチュアリズしているがありそうな話だ。
喜劇であるが立派な社会派ドラマでもある。
舞台となったこの町の映画館では利権屋の登場人物のモデルとなった人たちも来てみんなにやんやと言われながら町中の人と見たそうだ。

これを見ながらつい東日本大震災の事を思った。
この映画のような古典的利権構造は今は少ないと思うし立派な人も知っているが隠蔽された形で今もあると思う。
むしろ国の単位でこのような事が行われてないかと疑う、
いみじくも映画の最後に「天災の後に人災がやってくる」と字幕が出た。

地震と津波という天災に続く今回の福島原発事故はやるべきだと言われていたことをやらなかったという意味では人災だ。

今ゼネコンの利権となっている「除染」工事はこの映画のコンクリ学校建設とだぶる。
意味のない金を無駄に使っているような気がして仕方がない。
映画ではコンクリ校舎より夜露のしのげる場所が欲しいと住民は言っていた。

今「移染」よりも住める場所、生活できる資金、移住できる条件の保証が大事なのではないだろうか?
先日福島の広野町に行って聞いた町議さんの話がすごく頭に残っている。
「除染」が終わっても原発が怖くてみな家へ帰らないという。

今の「除染」は正しいのか?

大事な事は何なのか、勇気とは何なのかを60年近く前のこの映画は教えてくれる。

以下Goo映画より

続きを読む "今夜は山本薩夫監督の「台風騒動記」だった。" »

2012年6月10日 (日)

映画「我が母の記」を見ました

今日は山王祭り下町連合御渡の日本橋への12基の神輿の京橋の出発を見て銀ブラしました。

その後築地の東劇で映画「我が母の記」を見ました。

Photo


時代は違いますがほぼ年齢が同じこともあり、昨年実の父と義理の母を亡くし今義理の父を亡くそうとしている私にとっては身につまされる映画でした。

井上靖の小説がベースとなっているようですがほぼ実話のようです。
母の息子である主人公が自分の書いた50年前の詩を母が諳んじることに泣くシーンがあるが、そこで私も泣いてしまった。
呆けてしまった母(樹木希林)に対する棄てられたと思っている(実はそうではないのだが)息子(の優しい対応に感動しました。

私の母は呆けはあるが体は元気でグルーホームにお世話になっており今月84歳になる。
是非とも長生きして欲しいと思います。
誕生日には何を送ろうかと考えています。

続きを読む "映画「我が母の記」を見ました" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1万歩日記 2014都知事選 2016都知事選 3.11 717短歌・俳句勉強会 9.11 abend CO2削減 facebook google iphone iphone apri IT mac M男の映画評論 NHK sst不当解雇 TPP twitter ustream youtube おいしい店紹介 お食事処 ことわざ たっちゃん どきどきブログ句会 まんがで読破 みんなの党 わらび座 アジア アベロ イベント紹介 イラク インターネット新聞『JanJan』 エコ オバマ オーマイニュース キャンプ サッカー タビサ チベット テレビ テロ特措法 ネズミ講 バラとガーデニングショー ファスレーン365 ブログ紹介 メルマガ「おは!twitter俳句」 メーリングリスト ラジオ ワーキングプア 三郷 中国 中国残留孤児 九州大学 九条世界会議 五島 井上ひさし 今日の日経から 今日は何の日 介護保険 企業経営論 会の案内 俳句 俳論 健康 共謀法 内野事件 創価学会 労働問題 北朝鮮 医療 原子力発電 句会 周辺の花・景色 啄木 回文 国民投票法案 地方自治 地震 埼玉 大分 大津留の映画評論 大津留公彦 大津留選俳句 太陽光発電 子宮頸がんワクチン 安倍晋三 小林多喜二 小田実 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり 川柳 希望のまち東京をつくる会 平和への結集 年金 広島.長崎 庄内 従軍慰安婦問題 憲法九条 我が家の庭 戦争と平和 教育 教育基本法 文団連 新宿 新宿の昼飯処 新日本歌人 新聞 日本共産党 日本橋 映像関係 映画 東京 東京電力 東日本大地震 歌論 正岡子規 民主党 沖縄 沢田研二 活動家一丁あがり 消費税 温泉 湯布院 湯平 現代短歌研究会 環境問題 田中宇の国際ニュース 短歌 石川啄木 社会 社民党 福岡 福田康夫 秋田 種田山頭火 立ち枯れ日本 立憲民主党 米軍保護法案 経済・政治・国際 署名 美術 美術展 自民党 芝居 芸能・アイドル 菅直人 藤原紀香 行事案内 詩論 読書感想文 貧困 資格 趣味 農業 連歌 選挙 陸前高田 電子出版 電気代一時不払いプロジェクト 青年 非正規雇用 音楽

最近の写真