最近のトラックバック

アクセスカウンター

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

« 房総の旅4(シェークスピアカントリーパーク) | トップページ | 益子の大手鞠 »

2007年5月 3日 (木)

益子まつり

連休中に行われている益子まつりに行きました。

益子まつり

登り窯(大誠窯)

益子まつり

同上

益子まつり

陶器オブジェ

益子まつり

濱田庄司の代表作 白と黒のコントラストが特長

益子まつり

益子陶芸美術館で7・16まで「栃木に息づく濱田庄司とその系譜」が開催されています。

皆様の引き続く応援クリックをよろしくお願い致します
人気ブログランキングへ

こっちもクリックをよろしくお願い致します
FC2ブログランキング

« 房総の旅4(シェークスピアカントリーパーク) | トップページ | 益子の大手鞠 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「そのとき歴史が動いた 憲法9条 平和への闘争」 (名前のリンクをクリック)

安倍訪米&中東諸国訪問記者会見の内容は中身の薄いもので、改憲の意志だけが突出したものでした。
 一方、その後の1時間枠に拡大した
「そのとき歴史が動いた 憲法9条 平和への闘争」
と題した番組は、副題の「平和への闘争」にも現れているように、岸信介と安倍首相の意図を覆すようにも取れる重厚なものでした。

「そのとき」を記者会見の後にずらし、1時間枠でやった意義は大きいと思います。
 改憲の意図がアメリカ仕込みであることが解るような構成でしたから。

この順序が逆だったら、イメージは随分違ったものになっていたでしょう。

(続きは当方のブログを御覧ください)
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/7f2ca5148b927f3a37e1e77a2e7ccc59

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 益子まつり:

« 房総の旅4(シェークスピアカントリーパーク) | トップページ | 益子の大手鞠 »

無料ブログはココログ

カテゴリー