最近のトラックバック

アクセスカウンター

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

« 行く年に | トップページ | おは!twitter俳句(晦日蕎麦)と毎朝俳句9周年 »

2018年12月31日 (月)

しりとり短歌投稿歌2

2018年12月31日(月)
しりとり短歌投稿歌2
大津留公彦

留守中に猫にご飯をやらなかった
妻の小言の二言目はこれ

ルリカケス奄美の島に棲むという
逢いに行かなん晴れ渡る日に

りんご一個庭のテーブルの上に置き
鳥と会話す妻の日常

ぎりぎりの暮らしなれどもよしとする
啄木一家の悲しみ思えば

間違いは誰にもあると言われたり
自分の中では許せないもの

礼儀とは謝る事と見つけたり
弁解言い訳全て捨て去り

ぞっこんになってそのうちねんごろに
なってそのうちけんかあいてに

ラッパ水仙咲く団地裏通ります
愛犬アベロのお気に入りにて

一首選んで頂けると有り難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。