最近のトラックバック

アクセスカウンター

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 新日本歌人2019年2月号大津留公彦10首選 | トップページ | おは!twitter俳句(立春) »

2019年2月 4日 (月)

寒中水泳

2019年2月4日(月)
寒中水泳
大津留公彦

寒中水泳の湯気を鎮めるひとり雨 ホーランエンヤたけなわの頃

寒中水泳古式豊かに列を成す 豊後高田のホーランエンヤ

締めこみの寒泳子から湯気が立つ 古式泳法で泳ぎきりては

凍鶴は日比谷公園睥睨す の方を向きて動かず

凍鶴や江戸川べりの田を守る 何があっても動かぬ気配

当たり前と思っていた「固定担任制」麹町中に打ち破られたり

生徒らの自主性うたう麹町中の方針を読み憲法思う

‪「浪費的爆買い」に激昂する総理の反応いと分かり易し ‬

一首選んで頂けると有難いです。

(私も書いています)


ーー
2017年の大津留公彦の俳句
白木槿
「歌碑のある風景」を紹介します。
私も三郷市の万葉歌碑を紹介しています。