最近のトラックバック

アクセスカウンター

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 青春の歌74(1976年の歌)(蜜柑畑) | トップページ | 湯島天神と神田明神 »

2019年2月 2日 (土)

冬の蝿

2019年2月2日(土)
冬の蝿
大津留公彦

冬の蠅弱々しきを打ちにけり 壁に生きたる証を残し

冬の蝿何処で生れて何処で消ゆ 我に一匹潰されにけり

眠れない梟もまた山頭火も 霙の夜はまして眠れぬ

梟や孤独の夜を虚しゅうす 何によりてや君は生き行く

南天の実と葉が目と耳雪兎 僅か一日の命なれども

南天の目のみを残す雪兎 滅びしものの位牌のごとく

冬灯り団地の眠る朝まだき 毛糸の帽子とマフラーをして

溜息を妻聞き咎む冬灯り 啄木に妻がなせしごとくに

一首選んで頂けると嬉しいです。

« 青春の歌74(1976年の歌)(蜜柑畑) | トップページ | 湯島天神と神田明神 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の蝿:

« 青春の歌74(1976年の歌)(蜜柑畑) | トップページ | 湯島天神と神田明神 »

無料ブログはココログ

カテゴリー