最近のトラックバック

アクセスカウンター

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

« 兎も角も歳晩となる | トップページ | 柴又から水元へ2 »

2020年12月31日 (木)

柴又から水元へ1

20201231

柴又から水元へ1

大津留公彦

 

我のみが

客人である矢切の渡し

若き船頭と会話途切れず

 

頭を上げて

一気に潜る雁の群れ

勢いの付く仕草であらん

 

キーキーと

鳴きて仲間を追う雁の

一羽の動きおかしみのあり

 

烏鳴き

芒の揺れる昼餉どき

高校生とジョギングをせり

 

安納の焼き芋甘し水元の

公園のベンチに

在る年の暮れ

 

蓮池に鶯のような鴨の声

群れを離れし

一匹のあり

 

カイツブリに

バンが併走守るごと

いい距離を置き真っ直ぐに行く

 

青鷺の

ただ一点を見つめつつ

動かずに居り思いは何か

 

水元公園

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access041.html

« 兎も角も歳晩となる | トップページ | 柴又から水元へ2 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 兎も角も歳晩となる | トップページ | 柴又から水元へ2 »

無料ブログはココログ

カテゴリー