最近のトラックバック

アクセスカウンター

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

« #日本学術会議への人事介入に抗議する 68 (開戦忌に) | トップページ | #日本学術会議への人事介入に抗議する 70(説明しない内閣) »

2020年12月 9日 (水)

#日本学術会議への人事介入に抗議する 68(宮沢・レーン事件)

20201110()

#日本学術会議への人事介入に抗議する 68(宮沢・レーン事件)

大津留公彦

 

長野県教員事件や

小林多喜二虐殺

1933年画期となりし

(1933)

 

滝川教授は

文官高等分限委員会

2時間の議論で免職となる

(1933)

 

「我が国家と相容れざれば許容せぬ」

大審院長

滝川教授に

(1933)

 

美濃部教授議員免職の後

大学は

「国体明徴」徹底される

(1935)

 

「国体の本義」に反する

「民主主義的傾向」

美濃部を罰す

(1935)

 

マルクス主義と闘った

河合教授

個人主義問われ

35分で免職

(1939)

 

開戦時

北大学長訓示する

「学者と雖も剣を執って起て」

(1941)

 

北大で起こりし宮沢・レーン事件

旅行好き学生

冤罪逮捕

(1941)

 

参考 128日しんぶん赤旗記事

学問の自由と思想統制の歴史 荻野富士夫/行きついた先は一学生の冤罪

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/宮澤弘幸・レーン夫妻軍機保護法違反冤罪事件

 

« #日本学術会議への人事介入に抗議する 68 (開戦忌に) | トップページ | #日本学術会議への人事介入に抗議する 70(説明しない内閣) »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« #日本学術会議への人事介入に抗議する 68 (開戦忌に) | トップページ | #日本学術会議への人事介入に抗議する 70(説明しない内閣) »

無料ブログはココログ

カテゴリー