最近のトラックバック

アクセスカウンター

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

« #5万円はクーポンではなく現金で | トップページ | 今日のつぶやきから »

2021年12月14日 (火)

おは!Twitter俳句(寒潮)と#5万円はクーポンではなく現金で

#5万円はクーポンではなく現金で

このハッシュタグが広がっています。

967億円をどぶに捨てるようなクーポン券発行はやめるべきです。

学術会議運営費の100年分です。

天下の愚策はやめさせましょう?

#5万円はクーポンではなく現金で

 

この一週間の短歌と俳句です。

ーー

2021年12月13日(月)

 

【明日の季語】寒潮(かんちょう):三冬の地理季語で「冬の潮」「冬汐」などの傍題でも。寒々とした冬の海上の潮流をいうのにも、陸地から見た引き潮や満ち潮についても用いることができる。◆流人墓地寒潮の日のたかかりき(石原八束) 

 

【今日の季語4232<1445】玉子酒・卵酒(たまござけ):三冬の生活季語。日本酒に卵を溶いて甘味を加えた飲み物。体が暖まるので軽い風邪の薬として飲用される江戸期以来の民間療法。◆盃になるもの多し卵酒(太祇) 

2021年12月12日(日)

2021年12月11日(土)

 

【明日の季語】寒暮(かんぼ):三冬の時節季語「冬の暮」の漢語傍題。ともに冬の夕方を表す季語だが、本題が柔らかな語感を持つのに対して、こちらは硬い響きが冬の厳しさに似合わしい。◆斧一丁寒暮の光あてて買ふ(福田甲子雄) 

2021年12月10日(金)

【今日の季語4231<1444】冬夕焼(ふゆゆうやけ):三冬の天文季語で5拍に収めた「ふゆゆやけ」の短略形でも。単独では晩夏の扱いを受ける「夕焼」を寒々とした冬空の景観に転じた。◆いちにちの色を集めて冬夕焼(荒井和昭)

2021年12月09日(木)

 

【明日の季語】ボーナス:仲冬の生活季語「年末賞与」の傍題で「年末手当」とも。この時季に官公庁職員や会社員に支給される。日本独自の制度で古来の風習が姿を変えて現代に伝わった。◆ボーナスや壁画の少女さびしい目(小長井和子) 

2021年12月08日(水)

 

【今日の季語4230<1441】開戦日(かいせんび):仲冬の生活季語「十二月八日」の傍題で「開戦忌」とも。1941年の本日未明、日本軍部は勝算の無い戦争に突入し、近隣諸国のみならず自国にも甚大な被害を与える結果を招いた。◆もう開かぬ勝関橋よ開戦日(上谷昌憲) 

2021年12月07日(火)

【明日の季語】大雪(たいせつ):二十四節気季語の一つ。今日から仲冬に入り各地からは降雪のニュースが届く。漢字表記が同じでも「おおゆき」と読めば晩冬の天文季語に。◆大雪の朝や豚汁煮詰まりて(小早川忠義) 

 

【明日の季語】枯園(かれぞの):三冬の地理季語で「冬の園」「枯庭」などの傍題も。春から秋にかけて華やかに咲き誇っていた草花が冬を迎えて枯れ果て彩りを失った庭園をいう。◆現世(うつしよ)の枯園過ぎし乳母車(岩永佐保) 

 

« #5万円はクーポンではなく現金で | トップページ | 今日のつぶやきから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« #5万円はクーポンではなく現金で | トップページ | 今日のつぶやきから »

無料ブログはココログ

カテゴリー