最近のトラックバック

アクセスカウンター

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

« 葬送行進曲の指揮を執るのは | トップページ | 古希の歌 »

2022年2月16日 (水)

「人生七十古来稀」

7adf07cfbd284b8c97ab0a8943c332ce

今日七十歳になりました。

 

仕事をしている上に今年度は管理組合の理事の仕事と文団連の事務局の仕事が重なり大忙しですが何とかこなしています。

 

毎日最も重視しているのが朝一句と昼八首を作ることです。

俳句は十年以上、短歌は丸四年続いています。

百歳まで続けようと思います。

生きていればですが。

 

俳句です。

春の灯や我が丈夫あり感謝あり 

 

今日の短歌です。

 

2022218

「人生七十古来稀」

大津留公彦

 

古希という

古くて稀な歳となる

寒さの冬から朧の春へ 

 

古希同窓

鎌倉に集い友を見舞う

「元気にな〜れ」と胡蝶の蘭と

 

枯れるにはまだ

中途半端な歳である

祝いごとはまだまだ続く

 

信念も

腰も曲げずに七十年

生きてまだまだ生きようとする

 

杜甫曰く

「人生七十古来稀」

稀なる歳に一人焼酎

 

思い起こせば

父の退職五十五歳

我は古希にてまだ仕事中

 

はなみずき

「君と好きな人が

百年続きますように」

あと三十年か

 

この人生

オンリーワンではあるだろう

ナンバーワンではあるべくもないが

 

古希に寄せて 沢田研二

https://youtu.be/dX_xL4qgyds

 

古希祝い 千昌夫

https://youtu.be/7uGEtgjLqzQ

 

幸せ古希祝い 北島三郎

https://youtu.be/pv3PLfG3JiE

« 葬送行進曲の指揮を執るのは | トップページ | 古希の歌 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葬送行進曲の指揮を執るのは | トップページ | 古希の歌 »

無料ブログはココログ

カテゴリー