最近のトラックバック

アクセスカウンター

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

« 保守に入れたという君に哭く | トップページ | 犬猫・草花たちの代表として »

2022年7月 3日 (日)

ねんねこ・寒梅・冬深む・寒肥

202274()

Fa482f9414b94bd09f53f0f5a6abe3f9

大津留公彦

 

ねんねこと

子守唄にて育まれ 

古希となりたる丈夫が一人

 

ねんねこの

妹と母は六十年以上前

西大分の山の中にて

 

寒梅は

空の青みを引き立たせ 

凛として朝立たしめるなり

 

冬深む

桜の幹に力あり 

晴れ渡る日も雨の日も

 

冬深む

時報のような放屁なり

決して自慢話ではなく

 

江戸川の

寒肥の話もう聞けぬ 

三郷の農家の草分け人の

 

寒肥ありし老ボルシェビキに

陽の射す所射さぬところ

ありありと聞く

 

この夏は

暑さが特に強きなり 

離れ住む子の遊ぶを見たし

« 保守に入れたという君に哭く | トップページ | 犬猫・草花たちの代表として »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 保守に入れたという君に哭く | トップページ | 犬猫・草花たちの代表として »

無料ブログはココログ

カテゴリー