« つくばの背高泡立草と芒 | トップページ | 秋の筑波 »

2022年10月31日 (月)

「沖縄スパイ戦史」

2022111()

「沖縄スパイ戦史」

大津留公彦

 

沖縄には

長い闘いの歴史がある

「沖縄スパイ戦史」を読まん

 

国会の鉄柵に激突した

上原さんを継ぐという

元山仁士郎

 

島々を

四十箇所も逃げ回る

米軍オスプレイ攻撃されつつ

 

台湾は中国の内政問題

「台湾有事は日本有事」

ではない

 

最初から

米軍はやる気はない

日本と中国を闘わせたいだけ

 

普天間で

初めて演習するという

普天間返還の為の辺野古移設ではない

 

産経新聞

20倍にしないと中国と闘えない」

 軍備よりも外交だろう

 

「住民を守る余力はない」と言う

軍隊は常に

 住民のためではない

https://youtu.be/Rp6_EW3bZLU

 

« つくばの背高泡立草と芒 | トップページ | 秋の筑波 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つくばの背高泡立草と芒 | トップページ | 秋の筑波 »

無料ブログはココログ

逆アクセスランキング

" href="">FC2SEO
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

アクセスカウンター