最近のトラックバック

アクセスカウンター

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

« 紅葉は清水寺に限界突破 | トップページ | どちらがどうだ  »

2022年11月15日 (火)

五年間で作った短歌は合計14600首となりました

9ed84c758f224603a8ae3a1e45190006 79bce4ac584c4608a433f1a73ed7c4c6

20171117日から一日8首投稿を続けて来たので今日で満5年となりました。

作った短歌は合計14600首となりました。

 

俳句の方は毎朝季語を提供して頂いた人がお休みしているのでここ数ヶ月作っていないが毎日1句を11年以上続けて来たので4000句は越えていると思う。

 

今は会社員として仕事をしているので通勤の最中に作る事が多くなっている。

1日早く出しているので、翌日の8首をアップしないと1日が始まらないと言った感じになっている。

 

おそらく仕事をやめたらこのペースを守るのは難しいでしょう。

今でも土日の作品には苦労していますから。

 

月曜日は自然詠を出していますがそれ以外はもっぱら社会詠です。

今続けているシリーズは「統一協会に解散命令を」で15まで来ています。

その前の

#安倍晋三の国葬に反対します 67まで行きました。

 

大津留公彦の歌は歌でないと言う指摘があります。

私の目指す所はこうです。

1、その日のことはその日のうちに歌にする

(いわば賞味期限はその日限りと言うことになる。)(消費期限は別にあるだろうかが)

2、一つのテーマで8首にまとめる

(テーマ別に歌を溜めておくことが多い)

3、なるべく平易な言葉を使い難解な言葉は使わない。

4、口語3行行分け基準律で作る。

(今の言葉(口語)で、読み易いように3行に分けて、5句構成31音の短歌基準律で作る。)

5TwitterFacebookなどの記事のシェアに短歌を付ける

 

大津留公彦の歌は短歌なのか?

論争は望む所です。

 

五年を

毎日八首作り続け

 次なる五年遙かなるかな 公彦

 

去年の記事です。

https://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2021/11/post-6b322d.html

« 紅葉は清水寺に限界突破 | トップページ | どちらがどうだ  »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉は清水寺に限界突破 | トップページ | どちらがどうだ  »

無料ブログはココログ

カテゴリー