« 山本幡男の俳句論 | トップページ | 山本幡男の俳句論を短歌論に変えてみた »

2023年1月16日 (月)

「収容所ラーゲリから来た遺書」3

2023117()

「収容所ラーゲリから来た遺書」3

大津留公彦

 

二年間暗記して送られる

山本幡男の

 ラーゲリからの遺書

 

「ラーゲリ」と

「ダモイ」という言葉反芻す

「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」

 ずっしり重く

 

伝えられる

幡男の俳句は暗記されたもの

 口承性が短詩型の命

 

句会により

生きのびる力を得ていたか

 山本幡男の人生と俳句

 

俳句つくる

「みんなで帰国する日まで美しい   日本語を忘れぬように」

 

二宮和也

祖父はシベリア抑留者

「ラーゲリより愛を込めて」の山本

 

ウクライナの

ハルキウのラーゲリにも

 日本人が抑留 戦争は続く

 

ロシアによる

ウクライナへの侵略と

 シベリア抑留根が繋がっている

 

参考

 

映画「ラーゲリより愛を込めて」がよみがえらせた壮絶なシベリア抑留ウクライナにつながる教訓とは

 

https://www.yomiuri.co.jp/column/japanesehistory/20221205-OYT8T50009/3/

« 山本幡男の俳句論 | トップページ | 山本幡男の俳句論を短歌論に変えてみた »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本幡男の俳句論 | トップページ | 山本幡男の俳句論を短歌論に変えてみた »

無料ブログはココログ

逆アクセスランキング

" href="">FC2SEO
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

アクセスカウンター