« 曇天の島粛然とさす | トップページ | 亀戸事件2 ー日本人と朝鮮人の「不明」 »

2023年9月26日 (火)

亀戸事件1 自警団の逡巡消えぬ

2023926()

亀戸事件1 自警団の逡巡消えぬ

 

四十一年前

小学校の女教師が掘り始めた

 川の歴史から遺骨発掘調査へ

 

証言NO 1

https://youtu.be/EoxN57QwFOs?si=8fv4BeICFutaZ45X

 

朝鮮人の

虐殺場面を目撃した

 十五歳の伴淳三郎の記憶

 

「薪を積むように

河原に死体が積まれていた」

 目撃証言を無きものにするのか

 

橋桁下に

蚊帳張り寝ていたら

 血がぽたぽたと毛布に落ちたと

 

朝鮮人を

十数人殺して来たと

 元特高の父が蚊帳の中に

 

一列に並べて

機関銃で撃ち殺した

生きているものは刀剣で刺したと

 

軍隊が

機関銃で撃ち始め

 自警団の逡巡消えぬ

 

死体には

皆穴が開いていた

 引き摺っていくときの鈎穴の痕

 

証言NO2

https://youtu.be/AVZzQDJjgrA?si=OHZbSwBovA0I5qIO

「非暴力で世界を変えるー活動家という生き方」(仮題)和訳本出版クラウドファンディング

<iframe frameborder="0" height="365" scrolling="no" src="https://camp-fire.jp/projects/675547/widget" width="245"></iframe>

« 曇天の島粛然とさす | トップページ | 亀戸事件2 ー日本人と朝鮮人の「不明」 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 曇天の島粛然とさす | トップページ | 亀戸事件2 ー日本人と朝鮮人の「不明」 »

無料ブログはココログ

逆アクセスランキング

" href="">FC2SEO
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

アクセスカウンター