« 文明社会崩壊始まる | トップページ | ふるさとに家は既に無けれど »

2023年12月11日 (月)

彼らの飛沫に孫らと濡れ居り

2023年12月11日(月)

 

雨上がり

麦芽均く伸びてゆく 

 一文字なる真緑の濃し

酢牡蠣なら

当たらぬなれど手は伸びず

 美味いものとはよく知るなれど

私にも

苦手なものの一つあり

 生牡蠣・牡蠣揚げ・牡蠣の鍋

 

父逝きて

十二年半や枇杷の花

 袋を掛けし思い出のあり

 

言問えば

濁声返す百合鴎 

 赤きおみ足細素足

 

紅葉散る

障害児学校通いバス 

 今朝の公園と会館の間

 

お留守には

異状はなしと神迎え

 ボンネットの青女少し撫でやる

 

撫でやれば

目を細めたる海豚かな

 彼らの飛沫に孫らと濡れ居り

« 文明社会崩壊始まる | トップページ | ふるさとに家は既に無けれど »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文明社会崩壊始まる | トップページ | ふるさとに家は既に無けれど »

無料ブログはココログ

逆アクセスランキング

" href="">FC2SEO
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

アクセスカウンター