« 彼らの飛沫に孫らと濡れ居り | トップページ | 由布と別府 »

2023年12月12日 (火)

ふるさとに家は既に無けれど

2023年12月12日(火)

 Img_3964

 

両親を

亡くしてよりの大分は

 普通の街になるにけるかな

 

空港からの

ホーバークラフト既になく

 直行便のバスのみぞあり

 

真っ黒な

高速道路を突き進む

 「別大興産」の広告の中

 

故郷は

遠くにありて想うもの

 大事な思い出無くさぬように

 

ふるさとの

知ってることはごくわずか

 我が人生の四分の一

 

母方の

八人兄弟は今五人

 父方四人今はもう無し

 

別府の夜景

突然眼下に広がりて

 突然見えなくなりてしまえり

 

様変わりし

故郷の駅に辿り着く

 ふるさとに家は既に無けれど

« 彼らの飛沫に孫らと濡れ居り | トップページ | 由布と別府 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 彼らの飛沫に孫らと濡れ居り | トップページ | 由布と別府 »

無料ブログはココログ

逆アクセスランキング

" href="">FC2SEO
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

アクセスカウンター