« 武蔵野線の車窓に溢れ | トップページ | 「こころ」のKは石川啄木(評論) »

2023年12月19日 (火)

「こころ」のKは石川啄木(短歌)

2023年12月19日(火)

「こころ」のKは石川啄木

 

漱石の

「こころ」のKは石川啄木

 高橋源一郎断定をする

 

漱石の

「こころ」は大逆事件の三年後

 漱石の心に波風なきや

 

漱石は

朝日の文芸欄の責任者

「時代閉塞の現状」はその投稿への批判

 

「寺の小僧で

養子に出され名前を変えた」

 Kというのは啄木しかない

 

漱石が

「時代閉塞の現状」を

 文芸欄に載せなかった訳

 

漱石は

啄木を朝日歌壇の選者にした

「時代閉塞の現状」キャンセルの代わりに

 

漱石と

啄木の日記が欠けている

 時に二人は会っていたか

 

漱石の

「こころ」は啄木への鎮魂歌

 Kという人物登場させて

 

https://youtu.be/w2e4XoP2rXI?si=m5jE6YzccViknKtt

« 武蔵野線の車窓に溢れ | トップページ | 「こころ」のKは石川啄木(評論) »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵野線の車窓に溢れ | トップページ | 「こころ」のKは石川啄木(評論) »

無料ブログはココログ

逆アクセスランキング

" href="">FC2SEO
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

アクセスカウンター