最近のトラックバック

アクセスカウンター

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスランキング

  • ブログパーツ" href="">アクセスランキング

短歌コラボ

カテゴリー「映画」の記事

2021年9月 9日 (木)

日本に政治バラエティジャンルを作った映画『パンケーキを毒見する』

今朝池袋のシネマ・ロサ で映画「パンケーキを毒見する」を観ました。今年初めての劇場映画視聴です。

菅さんの辞任が決まり人気が減ったのか朝9:30からの回だったからか観客は10人程度でした。

この映画は若い人を意識してアニメを多用してました。特に最後の羊がバタバタ死んでいく場面は考えさせるものがありました。

小池晃さんの質問などの国会質疑の上西充子さんの分析解説が秀逸でした。

上西さんはTwitterでこう書いています。

ーー

映画『パンケーキを毒見する』では、菅首相の国会質疑について、ニュース映像的に端的に編集したものと実際の質疑を見比べることができるようになっています。

菅首相の記者会見も、実際の発言と意味をくんで整えた通常の記事原稿を見比べることができる記事を、たまにでいいので、やってほしいです。

ーー

監督の姿勢はこのインタビューによく現れている。

 

リアルな証言だけが浮かび上がらせる真実

このように政治バラエティーらしい手法で展開しながら、徐々に問題の核心へと切り込んでいく。こだわったのは証言が一次情報であることだ。

 

「リアルな証言であることには徹底してこだわりました。どこからの情報だか分からないような、評論家めいた上から目線の話には何の興味もなかった。誰からどのタイミングで聞いたか、証言者本人が事実関係を明らかにできる内容でないと、足元をすくわれますから」

 

しかし、堂々と名乗り出て、首相および官邸の急所を突くような証言ができる人は、ますます限られてくる。ここで登場するのが、安倍政権時代から官邸とやり合ってきた、経産省の元官僚、古賀茂明氏、元文部科学事務次官の前川喜平氏の2人だ。これは、政権寄りの人々から見れば、「反官邸」色の濃い顔触れであるのは確かだ。

 

「裏を返せば、彼らが反官邸にならざるを得なくなった明確な理由があるということなんですよ。こういうリアルな証言こそがどれだけ大事かということです。政治的な立場どうこうの人選ではありません。彼らの体験に基づく言葉の重み 総理なのに空虚で無責任な言葉しか持たない人間との対比になると思います」

ーー

更に赤旗編集部への突撃インタビューについてはこうある。

 

古賀、前川の両氏が明らかにしていくのは、官邸に歯向かうと、どのように圧力をかけられるのか、実名を挙げた具体的なルートだ。こうして菅首相の権力の基盤が、要所に警察出身者を配した省庁の高官人事にあることが明らかになってくる。そしてもう1つはカネ、78カ月にわたる歴代最長の内閣官房長官時代に自身の裁量で動かすことのできた官房機密費の存在だ。

 

これを「1307万円」という具体的な額でスクープしたのは、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」。今回のドキュメンタリーは赤旗編集部に入り込んだ貴重な記録にもなっている。その一方で、全国紙の記者たちは、就任後に招かれた懇談会にいそいそと出かけて行き、振る舞われたパンケーキをほおばって喜んでいる有様だ。

ーー

引用ばかりになりましたが、この映画は日本に政治バラエティという新ジャンルを作ったのかも知れない。

赤旗や共産党が大手メディアへのアンチテーゼとしてこれほど紹介された映画は日本の映画史上初めてだろう。

 

日常的にこういう表現がされる時代が来るのだろう。

共産党に肯定的な人も否定的な人も今年見るべき映画の一つだろう。

 

パンケーキを食べようか思ったが見つからず諦めました。

ーー

映画紹介

 

「新聞記者」「i 新聞記者ドキュメント」などの社会派作品を送り出してきた映画プロデューサーの河村光庸が企画・製作・エグゼクティブプロデューサーを務め、第99代内閣総理大臣・菅義偉の素顔に迫った政治ドキュメンタリー。ブラックユーモアを交えながらシニカルな視点で日本政治の現在を捉えた。秋田県のイチゴ農家出身で、上京してダンボール工場で働いたのちに国会議員の秘書となり、横浜市議会議員を経て衆議院議員となった菅氏。世襲議員ではない叩き上げの首相として誕生した菅政権は、携帯料金の値下げ要請など一般受けする政策を行う一方で、学術会議の任命拒否や中小企業改革を断行した。映画では、石破茂氏、江田憲司氏らの政治家や元官僚、ジャーナリストや各界の専門家に話を聞き、菅義偉という人物について、そして菅政権が何を目指し、日本がどこへ向かうのかを語る。さらに菅首相のこれまでの国会答弁を徹底的に検証し、ポーカーフェイスの裏に隠された本心を探る。

 

https://eiga.com/movie/95083/

2021年5月12日 (水)

オマージュ・風に立つライオン2

2021513()

オマージュ・風に立つライオン2

大津留公彦

 

(昨日の動画)

オマージュ・風に立つライオン1

 

https://youtu.be/3EEHxg1FCPQ

 

日本やあなたを

忘れたわけでありません

 今を生きることに謙虚でありたい

 

空を裂く

ビクトリアの滝のように

 僕は淀みない生命を生きたい

 

キリマンジャロの白い雪

それを支える紺碧の空

僕は風に向かって立つライオンでありたい

 

幸せを

心から遠くから祈っています

おめでとう さよなら

 

ナイロビの彼を追いかけ

飛んで行った

 貴方のことを今思い出す

 

お金でなく

ひたすら志で頑張っている

人を誇りに思う 中村哲さんも

 

この歌を聴いて

人の役に立つ仕事に就きたいと

思いなったと

コメントにあり

 

航一郎

手紙に貴子が泣くシーン

五島間伏なり妻の故郷

 

https://www.nagasaki-tabinet.com/islands/modelcourse/course20

 

ーー

 

風に立つライオン     作詞・作曲 さだまさし

 

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった

何より君が僕を怨んでいなかったということが

これから此処で過ごす僕の毎日の大切な

よりどころになります ありがとう ありがとう

 

ナイロビで迎える三度目の四月が来て今更

千鳥ヶ渕で昔君と見た夜桜が恋しくて

故郷(ふるさと)ではなく東京の桜が恋しいということが

自分でもおかしい位です おかしい位です

 

三年の間あちらこちらを廻り

その感動を君と分けたいと思ったことが沢山ありました

 

ビクトリア湖の朝焼け 100万羽のフラミンゴが

一斉に翔び発つ時 暗くなる空や

キリマンジャロの白い雪 草原の象のシルエット

何より僕の患者たちの 瞳の美しさ

 

この偉大な自然の中で病と向かい合えば

神様について ヒトについて 考えるものですね

やはり僕たちの国は残念だけれど何か

大切な処で道を間違えたようですね

 

去年のクリスマスは国境近くの村で過ごしました

こんな処にもサンタクロースはやって来ます

去年は僕でした

闇の中ではじける彼等の祈りと激しいリズム

南十字星 満天の星 そして天の川

 

診療所に集まる人々は病気だけれど

少なくとも心は僕より健康なのですよ

僕はやはり来てよかったと思っています

辛くないと言えば嘘になるけど しあわせです

 

あなたや日本を捨てた訳ではなく

僕は「現在(いま)」を生きることに思い上がりたくないのです

 

空を切り裂いて落下する滝のように

僕はよどみない生命(いのち)を生きたい

キリマンジャロの白い雪 それを支える紺碧の空

僕は風に向かって立つライオンでありたい

 

くれぐれも皆さんによろしく伝えて下さい

最後になりましたが あなたの幸福(しあわせ)を

心から遠くから いつも祈っています

 

おめでとう さよなら

 

風に立つライオンのモデルと詩全文

 https://intergate.info/kaze-raion

 

【物語の舞台】② 五島

好奇心の島々へ。【五島】 4K full ver.

さだまさしx佐渡裕

「風に立つライオン」

https://youtu.be/EG2qrOzoG-I

 

「風に立つライオン」エンディング

https://youtu.be/7g64UVFaXNc

続きを読む "オマージュ・風に立つライオン2" »

2021年2月24日 (水)

「博士の愛した数式」を観た

Afe339636d124f64bb9cb8812d17ccb2

テレビで「博士の愛した数式」を観た。

80分で記憶が無くなる数学者の話

苦手な数学の勉強になった。

博士が大学時代に超越数論に関する論文で学長賞を獲った時に貰った腕時計の文字盤の裏の番号No.284は、友愛数の関係にある。

 

友愛数とは自分自身を除いた約数の和が、互いに他方と等しくなるようなかず。

220の約数の和は284

284の約数の和は220

だという

これを最初に見つけたのはピタゴラス

 

自分自身を除く正の約数の和に等しくなる自然数完全数30

最初の3個は 6 (= 1 + 2 + 3)

(今は51個あるようですが)

 

28の約数を足すと28

6の約数を足すと6

 

いい数学の勉強になりました。

又いいお話でした。

 

この話は数学者エルデシュを描いた『放浪の天才数学者エルデシュ』(原題は「数字だけを愛した男」が参考文献として挙げられており、エルデシュは「博士」のモデルと言われることもある。

 

Wikipediaからあらすじです。

 

あらすじ[編集]

家政婦紹介組合から「私」が派遣された先は、80分しか記憶が持たない元数学者「博士」の家だった。こよなく数学を愛し、他に全く興味を示さない博士に、「私」は少なからず困惑する。ある日、「私」に10歳の息子がいることを知った博士は、幼い子供が独りぼっちで母親の帰りを待っていることを居たたまれなく思い、次の日からは息子を連れてくるようにと言う。次の日連れてきた「私」の息子の頭を撫でながら、博士は彼を「ルート」と名付け、その日から3人の日々は温かさに満ちたものに変わってゆく。さまざまなトラブルを乗り越えながら月日がたつうちに、博士の記憶時間は短くなり始めてしまい、ついに施設に入れられることになる。『私』とルートはその施設に通い続けるが、ルートが二十二歳のときに博士が死ぬことでこの話は終わる。

 

以上

2021年1月 5日 (火)

映画「ホタル」を観た

映画「ホタル」をテレビで夫婦で見た。

高倉健と田中裕子のいかにも日本の夫婦という感じがいい。

この映画は夫婦で見るのがいい。

久しぶりに会話になった。

 

そしてこの映画にはドラマ性がある。

また社会性が高い

特攻と戦争と言うテーマに天皇がその死によって少し絡んでいる。

 

天皇の戦争責任は出てこないが天皇の死が出て来てそれに伴う自殺者が出てそれを感じる。

 

どうも朝鮮人の特攻というのは物語展開上のフィクションのようだが主人公達の朝鮮行によって朝鮮の被害が浮き彫りになる。

特攻など知らない平和教育など受けていない若い人に見てほしい映画です。

出てきた言葉を少し紹介します。

 

『見事敵艦を撃沈して必ず戻って来ます・・ホタルとなって戻って来ます』

 

『人にはそれぞれ寿命がある・・寿命を全うする』

 

『二人でひとつの命』

 

「一緒に飲んで、一緒に泣いてやったら

人が人に出来ることは

そういう事だけなんじゃ」

 

人が人に出来る事なんて

そう多くはない。

 

一緒に飲んで

一緒に泣いて

想いを託す事。

 

コロナが終息したら知覧の記念館と旅館に行ってみたい。

 

  でも冬のホタルっているのかな。

 

https://filmarks.com/movies/15089

2020年8月24日 (月)

ビルマの竪琴

2020825日(火)

ビルマの竪琴

大津留公彦


愛すべき我が家よ

我が家が一番と歌う歌にて

始まる映画


「埴生の宿」

日本語で歌えばイギリス兵も

英語で歌う藪の中より


日本に帰って再建のために働くか

残ってビルマの土になるのか

水嶋


「オーイ、ミズシマ、イッショニ、ニッポンニカエロウ」と

インコに教える

収容所にて


「アア、ヤッパリ、ジブンハ、カエルワケニハ、イカナイ」

水島インコは

仲間に答える


日本人軍人軍属死者

230万人

イギリス人の死者14万人に


水島はビルマに残る霊を弔うと

「仰げば尊し」弾きて去りゆく


「皆様を思って弾きます竪琴を」南十字星は白く輝く


画像by Amazon

参考

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ビルマの竪琴

7599223ed07a4763b05964cf37e2667d

2020年8月15日 (土)

あゝひめゆりの塔2

2020815日(土)

あゝひめゆりの塔2

大津留公彦


校長が貰ってきた軍令は「鉄血勤皇隊に解散を命ず」


女子部にも解散命令伝えんと撃たれし校長浜辺に探す


身奇麗にして玄米でお別れ会ひめゆり部隊は洞窟の中に


琉歌歌い踊るは与那嶺和子なり吉永小百合ではあるけれど


洞窟にガス弾撃たれ幸子 陽子 菊枝 早苗 チャコ死す


「ニッポンの皆様戦争は終わりました」洞窟の外流れているが


亡くなりし学生1503人引率者92人世界史に無しと


「あゝひめゆりの塔」初めて見たり戦後七十五年人の動かぬ迎えの盆に

2be9d32459734aa3a602434fac8138f7

2020年8月14日 (金)

あゝひめゆりの塔

2020814日(金)

あゝひめゆりの塔

大津留公彦


「興味がない」ディスコで踊る若者の声に始まる「あゝひめゆりの塔」


対馬丸出発の時生徒歌う「ふるさと」に合わせ親たち歌う


数百人が沈められたというのは流言飛語と対馬丸のことを


歩けない四千人の患者残し病院移動機械のように


学生の徴用を解けという校長に軍は聞く耳持たず存ぜず


牛乳を自分にも欲しいと女学生青酸カリの入ったそれを


海軍が残して行った食料箱食料でなく黒き手榴弾


ひめゆりの咲く川辺にて水浴び少女たち美し飛行機来るまで

0ce471ca93a4439992e45edb3d9fec60

2017年3月20日 (月)

映画「スノーデン」を観た

一ヶ月くらい前に映画「スンーデン」を観た。

この映画を観て以来私は未使用時はノートパソコンを閉じるようにしている。

  映画を観た人はその理由がお分かりだと思います。

携帯は電子レンジの中には入れてませんが、、

  これも観た人には分かりますね。

ーー

この映画でもっともショックだったのはスノーデンの日本滞在時のこの仕事の部分だ。

――スノーデンはNSA在職中の2009年、在日米軍の横田基地で勤務していた。映画では、日本の通信網を支配し、送電網やダム、交通機関などインフラ施設をコントロールする『スリーパー・プログラム』を仕掛けていたという本人の告白場面がある。日本列島の南から順に街全体の灯が消えていき、すべて真っ暗になる映像に、『日本が同盟国でなくなる日が来たら、"消灯"』というスノーデンの台詞......。これはどこまで真実なのか。

野党共闘に基づく自公に代わる政権が出来た場合にこれを使って来ないだろうか?

日本が安保10条により安保条約の廃棄をアメリカに通告した場合には間違いなくこれを脅しに政権を揺さぶるのではないだろうか?

日本はアメリカの同盟国ではなくオリバー・ストーン監督の言うようにアメリカに「人質を取られた国」なのだろう。

日本は「同盟国」ではなく「人質を取られた国」:映画『スノーデン』オリバー・ストーン監督インタビュー より

ーー

オリバー・ストーン監督はこう語っている。

NSAについては
「NSAは大手IT企業のサーバーに直接アクセスできるので、ネットで誰が何を検索したか、携帯で誰と話し、どこへ移動したか、すべてのデータが蓄積され、無差別の監視が可能です」

→メール・SNS全てアクセスされています。

日本のテレビについては
「特定秘密保護法以降、安倍政権の静かな圧力、インセンティブ(見返り)を伴う圧力がメディアにかかり、危機的な状態では? 視聴率のいいニュース番組のアンカーマンが降板させられている」

→安倍首相の意向をNHKはじめマスメディアは「忖度」しています。(今年の流行語大賞は「忖度」か)

ジャーナリズムの役割は
「ジャーナリズムの役割は政府のいい点、悪い点を評価し、いつ権力の逸脱や乱用があったか、国民に知らせることにあって、それがなければ民主主義の議論は成熟しない」

→東京新聞と赤旗と市民メディア以外の記者はもっと頑張って欲しい。

プライバシーとは

「結局、プライバシーとは、あなたが公開したくないことは公開しなくていい権利、あなた自身である権利だと思う」
「無制限の監視ではプライバシーは社会のものになり、人権侵害の問題に行き着く。政府の方針に任せるのでなく、市民が社会の主役となり、監視のリスクを議論すべきです」

最近の最高裁での車への機器取り付けへの違憲判決を思い起こさせます。
秘密保護法は既に私たちの周りで機能しているかもしれません。
明日閣議決定するという「テロ等処罰法」=「共謀罪」も断固やめさせなければなりません。

オリバー・ストーン監督の発言は亡命中エドワード・スノーデン氏、日本の危機を生中継で指摘 
シネマツデイ 映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』関連記事
 より

映画の感想文ではなくアジテーション風になりました。

しかしこの映画は危機を訴えるアジテーションの映画です。

特に日本人にとって、、、、

ーー

たったひとりの若者が世界中を震撼させた!史上最大の内部告発“スノーデン事件”の衝撃的な真実
 それは、まさしく世界中に激震が走った瞬間だった。2013年6月、イギリスのガーディアン紙が報じたスクープで、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在が暴露されたのだ。さらに驚くべきは、ガーディアン紙に大量の最高機密情報を提供したのがたったひとりのNSA(米国国家安全保障局)職員であり、よくスパイ映画に登場するような厳めしく年老いた人物ではなく、ごく普通の外見をした当時29歳の若者だったことだ。

 匿名ではなく自らカメラの前に立ち、エドワード・スノーデンと名乗って素性を明かしたその青年は、なぜNSAやCIAから得られる多額の報酬と輝かしいキャリア、恋人と築き上げた幸せな人生のすべてを捨ててまで重大な告発を決意したのか。はたして彼は英雄なのか、国家の裏切り者なのか。ハリウッドきっての社会派の巨匠オリバー・ストーンが史上最大の内部告発“スノーデン事件”の全貌に迫った問題作、それが『スノーデン』である。

映画「スノーデン」公式ページのイントロダクション より

映画『スノーデン』 予告30秒

2017年2月 7日 (火)

かつては政府のために働いていました。いまは人々のために働いています。

「かつては政府のために働いていました。いまは人々のために働いています。」
 
エドワード・スノーデンのtwitterでの自己紹介だ。

実に言い得て妙である。

「かつては会社のために働いていました。いまは人々のために働いています。」

と言いたいものです。

今夜映画「スノーデン」を見てきました。

大学の先輩に勧められて久しぶりに会社帰りの映画鑑賞をしました。

米国政府が米国の憲法を侵してネット上の個人情報を収集している事をスノーデンは初めて告発した。

この映画を作ったオリバー・ストーン監督をありがとうと言いたい。

こういう映画を作れる監督がいるアメリカは草の根民主主義がまだ生きていると思った。

スノーデンの事件は現在進行形であり、米政府によってパスポートを失効されモスクワから出られないでいる。


この映画はオリバー・ストーンには珍しくラブストーリー仕立てになっている。

しかしこのラブストーリーはスノーデンの告発に至る重要な契機となっている。

スノーデン役のジェセフ・ゴードン=レベットとその恋人のリンゼイ・ミルズ役のシャイリーン・ウッドリーは共に政

治的意識が高く、二人とも映画の収益を全てアメリカ自由人権協会に寄付しているという。


そのアメリカ自由人権協会も推すように彼をノーベル賞にする事ができれば米政府も彼を追及できないだろう。


この映画の製作に当たってはNSA(米国国歌安全保障局)の盗聴やネット監視を恐れて情報はアナログで渡さ

れたという。


PRISMという極秘の通信監視プログラムでこのブログもあなたのtwitterやfacebookも監視されている。


続きを読む "かつては政府のために働いていました。いまは人々のために働いています。" »

2016年12月30日 (金)

皆さま、ごきげんよう

28日は仕事納めで早く終わったので夜の希望のまち東京を作る会の事務局会議までの間久し振りに岩波ホールで映画を観た。

皆さま、ごきげんよう

と言う2015年のフランス映画だ。


映画の内容は公式ホームページに譲ります。


こう言う映画を進んで観ようと思った自分が来年高齢者の仲間入りをする事改めて実感しながら観ていた。

この映画は60代歳以上限定の映画とでも言おうか、81歳の監督が作った現代の老人の物語だ。

時代がクロスオーバーし、物語がいくつも同時に展開し、同じ人物が何役もやって出て来る。

フランス人らしいエスプリがちりばめられている。

チャップリンのようなホームレスの視線がある。

現代のパリに興味のある方と60歳以上の方は見ることをお勧めします。

ー夜の会議の後の忘年会でこの映画をその場の唯一の60歳以上だった宇都宮健児さんに勧めました。

ーーー

公式ホームページより

現代のパリ。アパートの管理人にして武器商人の男。骸骨集めが大好きな人類学者。ふたりは切っても切れない縁で結ばれた悪友同士。そんな彼らを取り巻くちょっとユニークな住人たち──覗きが趣味の警察署長、ローラースケート強盗団、黙々と家を建てる男、没落貴族、気ままに暮らすホームレス、そして、お構いなしに街を闊歩する野良犬たち。そんな中、大掛かりな取り締まりがはじまり、ホームレスたちが追いやられてしまうことに。緊急事態発生!
街の住人たちは立ち上がるが…。

映画『皆さま、ごきげんよう』予告編

続きを読む "皆さま、ごきげんよう" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1万歩日記 2014都知事選 2016都知事選 2020都知事選 3.11 717短歌・俳句勉強会 9.11 abend CO2削減 facebook google iphone iphone apri IT mac M男の映画評論 NHK sst不当解雇 TPP twitter ustream youtube おいしい店紹介 お食事処 ことわざ たっちゃん どきどきブログ句会 まんがで読破 みんなの党 わらび座 アジア アベロ イベント紹介 イラク インターネット新聞『JanJan』 エコ オバマ オーマイニュース キャンプ サッカー タビサ チベット テレビ テロ特措法 ネズミ講 バラとガーデニングショー ファスレーン365 ブログ紹介 メルマガ「おは!twitter俳句」 メーリングリスト ラジオ ワーキングプア 三郷 中国 中国残留孤児 九州大学 九条世界会議 五島 井上ひさし 今日の日経から 今日は何の日 介護保険 企業経営論 会の案内 俳句 俳論 健康 共謀法 内野事件 創価学会 労働問題 北朝鮮 医療 原子力発電 句会 周辺の花・景色 啄木 回文 国民投票法案 地方自治 地震 埼玉 大分 大津留の映画評論 大津留公彦 大津留選俳句 太陽光発電 子宮頸がんワクチン 安倍晋三 小林多喜二 小田実 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり 川柳 希望のまち東京をつくる会 平和への結集 年金 広島.長崎 庄内 従軍慰安婦問題 憲法九条 我が家の庭 戦争と平和 教育 教育基本法 文団連 新宿 新宿の昼飯処 新日本歌人 新聞 日本共産党 日本橋 映像関係 映画 東京 東京電力 東日本大地震 歌論 正岡子規 民主党 沖縄 沢田研二 活動家一丁あがり 消費税 温泉 湯布院 湯平 現代短歌研究会 環境問題 田中宇の国際ニュース 短歌 石川啄木 社会 社民党 福岡 福田康夫 私が東京を変える 秋田 種田山頭火 立ち枯れ日本 立憲民主党 米軍保護法案 経済・政治・国際 署名 美術 美術展 自民党 芝居 芸能・アイドル 菅直人 藤原紀香 行事案内 詩論 読書感想文 貧困 資格 趣味 農業 連歌 選挙 陸前高田 電子出版 電気代一時不払いプロジェクト 青年 非正規雇用 音楽

無料ブログはココログ

カテゴリー